北区_(岡山市)とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 北区_(岡山市)の意味・解説 

北区 (岡山市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/25 05:09 UTC 版)

北区(きたく)は、岡山市を構成する4行政区のうちのひとつである。同市の市役所、および岡山県庁所在区。同市中心市街を含む北西部を占め、面積・人口・人口増加率とも4区のうちで最大である。また区域は備前国域を中心に、備中国美作国の三に亘っている。




注釈

  1. ^ 2013年3月31日から2018年3月24日まではAIRDOの運航であった。

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 下中直也 『日本歴史地名大系34巻 岡山県の地名』平凡社(1981年)
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 岡山市地名研究会『岡山市の地名』岡山市(1989年)
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 岡山県大百科事典編集委員会編集『岡山県大百科事典』山陽新聞社(1979年)
  4. ^ 岡山県治山林道協会『岡山の治山誌(に掲載され岡山県砂防誌の引用箇所)p151~154』
  5. ^ 厳密には中区の西川原・東川原・竹田あたりも御野郡で、明治期に郡域が変わった。古くは郡境としていた旭川派川のひとつが、それらの地域の東部を流れていたためである。
  6. ^ のちの時代の干拓により範囲が広がり、当区外にも郡域が渡るようになった。
  7. ^ この場合の倉敷は、備中倉敷でなく、作州倉敷(現美作市林野)のこと。
  8. ^ 2011年4月に、大井・高田・福谷の3つの小学校を統合し高田小学校跡地(北区下高田)に開校。
  9. ^ 岡山市環境学習センター めだかの学校
  10. ^ デルタ航空チェコ航空日本航空とコードシェア
  11. ^ 日本航空とコードシェア
  12. ^ 建部地区偉人探訪(岡山市ウェブサイト)参照。建部町角石谷に設けられた道場一帯は、岡山県史跡「竹内流発祥の地」に指定されている。
  13. ^ 六丁目は南区となる。
  14. ^ 祇園地区は、北区と中区の両方の区域にまたがっている。
  15. ^ 下中野地区は、北区と南区の両方の区域にまたがっている。
  16. ^ 西市地区は、北区と南区の両方の区域にまたがっている。



「北区 (岡山市)」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

北区_(岡山市)のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



北区_(岡山市)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの北区 (岡山市) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS