山陽自動車道とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 建物・施設 > 路線 > 道路 > 近畿地方の道路 > 山陽自動車道の意味・解説 

山陽自動車道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/28 13:35 UTC 版)

山陽自動車道(さんようじどうしゃどう、SANYO EXPRESSWAY)は、兵庫県神戸市北区を起点に、岡山県広島県経由して山口県山口市へ、および山口県宇部市から同県下関市へ至る高速道路高速自動車国道)である。略称は山陽道(さんようどう、SANYO EXPWY)。




  1. ^ 四輪車両の車幅に満たないため、路肩停車時の危険性が非常に高い。
  2. ^ IC番号32-1は広島岩国道路の廿日市IC
  1. ^ 高速道路ナンバリング一覧”. 国土交通省. 2017年2月26日閲覧。
  2. ^ スマートインターチェンジの新規事業化、準備段階調査の箇所を決定 〜高速道路の有効利用や地域経済の活性化に向けて〜 (PDF)”. 国土交通省道路局 (2017年7月21日). 2017年7月21日閲覧。
  3. ^ 岡山県が実施している道路改築事業(美作岡山道路)”. 岡山県. 2017年7月21日閲覧。
  4. ^ a b スマートインターチェンジの準備段階調査について (PDF)”. 国土交通省道路局 (2018年8月10日). 2018年8月10日閲覧。
  5. ^ 福山環状道路”. 広島県. 2017年7月22日閲覧。
  6. ^ a b c d e 地域高規格道路の整備”. 広島県. 2017年7月27日閲覧。
  7. ^ インターチェンジの追加設置について (PDF)”. 国土交通省 中国地方整備局 (2013年6月11日). 2017年7月24日閲覧。
  8. ^ (仮称)福山SAスマートIC (PDF)”. 福山市. p. 6. 2017年7月24日閲覧。
  9. ^ 将来の広域道路ネットワーク (PDF)”. 広島県 (2016年3月). 2017年7月24日閲覧。
  10. ^ a b c d 広島県地域高規格道路指定路線図 (PDF)”. 広島県. 2017年7月27日閲覧。
  11. ^ 広島中央フライトロード”. 広島市. 2017年8月1日閲覧。
  12. ^ 沼田スマートインターチェンジ(仮称)の整備”. 広島市. 2017年7月31日閲覧。
  13. ^ 広島高速道路の整備”. 広島高速道路公社. 2017年8月1日閲覧。
  14. ^ 岩国大竹道路の概要”. 岩国市. 2017年7月22日閲覧。
  15. ^ 一般国道2号岩国・大竹道路”. 国土交通省 中国地方整備局 山口河川国道事務所. 2017年8月8日閲覧。
  16. ^ 中国支社の歴史(あゆみ)”. 西日本高速道路株式会社. 2016年8月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年7月30日閲覧。
  17. ^ 宮島スマートインターチェンジ”. 廿日市市. 2013年6月23日閲覧。
  18. ^ E1A新名神高速道路(川西IC〜神戸JCT間)が平成30年3月18日(日曜)に開通します - 高槻JCT・IC〜神戸JCT間が全線開通します -”. 西日本高速道路株式会社 (2018年1月24日). 2018年1月24日閲覧。
  19. ^ E2山陽自動車道 沼田PAスマートインターチェンジが平成30年3月21日(水曜・祝日)に開通します”. 広島市・西日本高速道路株式会社 (2018年2月2日). 2018年2月2日閲覧。
  20. ^ E2山陽自動車道 福山SAスマートインターチェンジが平成30年3月31日(土曜)に開通します - 名称は『福山SAスマートインターチェンジ』に決定しました -”. 福山市・西日本高速道路株式会社 (2018年2月2日). 2018年2月2日閲覧。





山陽自動車道と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「山陽自動車道」の関連用語

山陽自動車道のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



山陽自動車道のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの山陽自動車道 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS