瀬戸内海とは? わかりやすく解説

せと‐ないかい【瀬戸内海】

読み方:せとないかい

本州四国九州囲まれ海域。西は早鞆(はやとも)瀬戸関門海峡)、南西速吸(はやすい)瀬戸豊予海峡)、南東鳴門瀬戸鳴門海峡)などで外海通じる。淡路島小豆(しょうど)島をはじめ大小二千余の島があり、典型的な多島海風景を示す。古来畿内九州・大陸とを結ぶ重要な海上交通路瀬戸内内海


瀬戸内海

分野
日本および日本周辺個別的に表す地名 (地図に関する用語
意味:
セトナイカイ

瀬戸内海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/02/22 04:11 UTC 版)

瀬戸内海(せとないかい)は、本州西部、四国九州に囲まれた日本最大の内海で面積は2万3,203km2である。


注釈

  1. ^ 例えば、2007年5月に瀬戸内海を通過したハワイの航海カヌーホクレア」のクルーは、公式報告の中で次のように瀬戸内海の美を表現している。「瀬戸内海の風景はまるで夢の中のようでした。柔らかく丸みを帯び緑に覆われた島を、私たちは無数に通り過ぎました。島々を包むように波が立っています。こんな航海をこそ私は夢見ていたのです。もちろん私は福岡も楽しみましたが、この大自然の美は別格です。いや、今日のこの航海の感動は、単なる大自然の美という言葉では言い表せないでしょう。」[4]
  2. ^ 面積 1万9,700km2
  3. ^ 面積 2万1,827km2
  4. ^ 北緯33度52分55秒・東経135度3分40秒
  5. ^ 北緯33度50分3秒・東経134度44分58秒
  6. ^ 北緯33度20分35秒・東経132度54秒
  7. ^ 北緯33度16分・東経131度54分8秒
  8. ^ 北緯33度57分2秒・東経130度52分18秒
  9. ^ 北緯33度56分28秒・東経130度51分2秒
  10. ^ 北緯33度52分55秒・東経135度3分40秒
  11. ^ 北緯33度50分3秒・東経134度44分58秒
  12. ^ 北緯33度20分35秒・東経132度54秒
  13. ^ 北緯33度16分・東経131度54分8秒
  14. ^ 近年は伊勢湾大村湾など、瀬戸内海以外にもスナメリの生息地として知られる諸々の海域に本種の再定着が確認されてきている。
  15. ^ 海棲哺乳類関連としては南西諸島ジュゴンと本例の二つのみである。
  16. ^ 空港のターミナルが人工環礁として機能している[9]
  17. ^ 鯨類ニホンアシカ
  18. ^ 外洋性とされることも多いが沿岸に棲息する事例も少なくなく、本種も瀬戸内海に回遊していた可能性があるとされる[24][25]
  19. ^ 瀬戸内海の各地に小規模な捕鯨会社が設立されたこともあった[23]
  20. ^ 瀬戸内海や豊後水道の周辺には多数の鯨類に関連する記録や昔話や鯨塚鯨墓が残されており[29]、小規模な捕鯨基地が複数存在したり、芸予諸島には『まんが日本昔ばなし』でも紹介された「くじらのお礼参り」という民話や[30]、豊後水道には「鯨の背比べ」と呼ばれる、鯨類の海面での繁殖行動を連想させる話が伝わっている。古記録上でも大型のナガスクジラ科と思わしき鯨類が、渡し船上から度々目撃されていたとされる[31]
  21. ^ 祝島小野田市の沿岸など。
  22. ^ 大鯨島および小鯨島
  23. ^ セミクジラコククジラナガスクジラ
  24. ^ 臼杵市にはシロナガスクジラと思わしい漂着記録も存在し[34]、日本国内で近代初のホッキョククジラの迷入例は大阪湾にて発生している。ツノシマクジラが新種として認定されたのは瀬戸内海の水域からほど近い角島にてであるだけでなく、新種として認定される1年前の2002年には香川県粟島に座礁している[35]。また、通常は深海性であるマッコウクジラの確認も特に東西両方の太平洋につながる海峡内部にてある。
  25. ^ 豊後水道には現在、少なくともハンドウイルカミナミハンドウイルカハセイルカの3種類が季節的または年間を通して定住していると考えられており、各々が時節瀬戸内海でも確認されている[39]
  26. ^ 2002年の確認は産卵との情報があるが、これまで日本で唯一の産卵の確認例は奄美大島のみである[52]
  27. ^ バショウカジキ[28]カジキマグロ[57]など。
  28. ^ ホオジロザメ[58][59]アオザメイタチザメシュモクザメクロトガリザメヨシキリザメニタリなど[60][61]
  29. ^ ホシエイマダラトビエイなど[62]
  30. ^ 周防灘伊予灘の境目に位置している[32][23]
  31. ^ 船の手前の二つの小島[23]岡山県玉野市無人島の「くじら島」とは異なる。
  32. ^ 所属は尾道市[65]
  33. ^ 岡山県水島港を拠点とする、JFEスチール西日本製鉄所倉敷地区で生産されるスチールコイル製品輸送に使われているために、新しく導入された直後の鉄道用12フィート型、5トン積みコンテナ2008年5月11日倉敷市東水島駅にて。
  34. ^ ただし、この時期の「瀬戸内海」は明石海峡から関門海峡までの海域を指していることが多く、現在のようなより広い海域に「瀬戸内海」の概念が拡張されるには、さらに時間を要した。
  35. ^ この概念についてはジョン・アーリを参照。
  36. ^ 多島海段々畑白砂青松、行き交う和船など。

出典

  1. ^ a b c 瀬戸内海の概況 環境省(2020年8月23日閲覧)
  2. ^ 瀬戸内海国立公園 環境省(2020年8月23日閲覧)
  3. ^ 『瀬戸内 海の道構想』 目次及び構想の理念 (PDF) 広島県、2011年
  4. ^ ホクレア号航海ブログ「5月20日<祝島と大島>」
  5. ^ 西田正憲「近代の欧米人による瀬戸内海の風景の賞賛」『ランドスケープ研究』1995年 59巻 4号 p.298-309, doi:10.5632/jila.59.298
  6. ^ Limits of Oceans and Seas (3 ed.). International Hydrographic Organization. (1953). p. 23. http://www.iho-ohi.net/iho_pubs/standard/S-23/S23_1953.pdf 2015年2月25日閲覧。 
  7. ^ Limites des Océans et des Mers (3 ed.). Organisation hydrographique internationale. (1953). p. 32. http://www.iho.int/iho_pubs/standard/S-23/S-23_Ed3_1953_FR.pdf 2015年2月25日閲覧。 
  8. ^ 第3部 命の ふるさと - 14.ナメクジウオ再生 海砂禁止、息吹き返す”. 『四国新聞』 (1999年). 2015年1月13日閲覧。
  9. ^ “関空沖にスナメリの楽園 禁漁でエサ豊富、「奇跡的」”. 朝日新聞デジタル. (2012年). http://www.asahi.com/eco/news/OSK201209050063.html 2015年1月13日閲覧。 
  10. ^ 牛窓のスナメリを見守る会”. 2015年1月13日閲覧。
  11. ^ エコツアーサイト 防予諸島
  12. ^ スナメリに会えるかも!?隠れデートスポット『三軒屋海岸』
  13. ^ スナメリ・ウォッチング”. 瀬渡し船・ニュー大漁丸. 2015年1月13日閲覧。
  14. ^ 岩城島・生名島・赤穂根島・津波島の藻場 - 瀬戸内海から、失われつつあるアマモ場”. 岩城生名漁協. 2015年1月14日閲覧。
  15. ^ 原田悠自 (2015年). “新種カタツムリ:「アキラマイマイ」瀬戸内海で発見”. 『毎日新聞. http://mainichi.jp/select/news/20150115k0000m040182000c.html 2015年1月28日閲覧。 
  16. ^ 高島美登里 (2010年2月14日). “危機に瀕する長島の自然”. ラムサール・ネットワーク日本. 2024年1月4日閲覧。
  17. ^ 瀬尾友樹、Jean TANANGONAN「〈調査〉2009-2013年における香川県沿岸の海産貝類相について」『近畿大学農学部紀要』第47巻、近畿大学農学部、2014年3月、87-124頁、CRID 1050282677527210368 
  18. ^ 福田宏 (2000年3月31日). “山口県長島から発見された新種ナガシマツボ(腹足網:吸腔目:ワカウラツボ科)の解剖と類縁”. J-GLOBAL. 貝類学雑誌, 59号. pp. 1. 2024年1月4日閲覧。
  19. ^ エタジマホンヤドカリ
  20. ^ エコツアーサイト 防予諸島
  21. ^ a b ナミを東西に貫く地下街 ~「なんばウォーク」をあるく~”. ミナミまち育てネットワーク事務局. ミナミまちある記 (2010年12月). 2023年12月19日閲覧。
  22. ^ 宇仁義和 (2004年). “西部系群コククジラ Eschrictius robustus の記録集成と通過海峡”. 宇仁自然歴史研究所, 東京農業大学生物産業学部. 2015年1月13日閲覧。
  23. ^ a b c d e f 村上晴澄, 今川了俊の紀行文『道ゆきぶり』にみる鯨島(PDF), 立命館大学
  24. ^ a b c 石川創, 渡邉俊輝 (2014年). “山口県鯨類目録”. 下関鯨類研究室報告 No.2. pp. 1-14. 2023年12月19日閲覧。
  25. ^ 瀬戸内海でクジラを発見!体長約15m…香川・小豆島沖で海上保安部が撮影”. 瀬戸内海放送 (2018年12月11日). 2023年12月19日閲覧。
  26. ^ a b 伊藤徹魯、井上貴央、中村一恵自由集会報告(日本哺乳類学会1995年度大会自由集会の報告),1995年度ニホンアシカ談話会」『哺乳類科学』第35巻第2号、日本哺乳類学会、1996年、pp.176-179、doi:10.11238/mammalianscience.35.1762019年6月5日閲覧 
  27. ^ 瀬戸内魚類目録”. 公益社団法人瀬戸内海環境保全協会. 2015年1月13日閲覧。
  28. ^ a b 播磨灘で初 バショウカジキが水揚げ
  29. ^ a b クジラの墓”. 佐伯市観光ナビ. 2023年12月21日閲覧。
  30. ^ くじらのお礼まいり”. 一六会 (2008年). 2015年1月12日閲覧。
  31. ^ a b c 宮脇 和人『鯨塚からみえてくる日本人の心―豊後水道海域の鯨の記憶をたどって』
  32. ^ a b c 大村秀雄 (1982-07). “市川の鯨”. 鯨研通信 (第345号): 24. 
  33. ^ a b 連鎖の崩壊第3部 命のふるさと - 2.クジラがいた(中)”. 『四国新聞』 (1999年). 2015年6月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年12月19日閲覧。
  34. ^ 科博登録ID 18”. 国立科学博物館. 2023年12月19日閲覧。
  35. ^ 科博登録ID: 3268”. 国立科学博物館. 2024年1月10日閲覧。
  36. ^ 釣り情報 2001.6.8 ワシャー、ビックラコイタガァー、、、クジラ目撃あいつぐ”. 岩城村役場産業振興課 (2001年). 2015年1月12日閲覧。
  37. ^ “一六会メンバーの近況/激写””. 岩城村役場産業振興課 (2001年). 2015年1月12日閲覧。
  38. ^ 山田 格: “愛媛県宇和島市沖で種不明ヒゲクジラの目撃”. 国立科学博物館. p. 海棲哺乳類情報データベース (2005年). 2015年1月12日閲覧。
  39. ^ 豊後水道桂丸. “イルカの回遊情報”. 2023年12月21日閲覧。
  40. ^ 壇ノ浦の戦いはイルカが勝敗を分けたって本当?
  41. ^ a b スマスイいきもの History - シャチ(骨格標本)
  42. ^ シャチ騒動”. 大阪ECO動物海洋専門学校 (2011年). 2015年1月9日閲覧。
  43. ^ ストランディング・データベース(1901-2012)、兵庫県”. 下関鯨類研究室 (2014年). 2015年1月9日閲覧。
  44. ^ 人魚伝説 歴史探検隊江戸中期の鳴門に記録”. ふるさと歴史探検隊. 『徳島新聞』 (2010年1月18日). 2015年1月13日閲覧。
  45. ^ 日本ニュース 戦後編大117号 チャプター (6) 淀川にアシカ現る <時の話題>(1948年(昭和23年)4月6日)”. NHK 戦後証言アーカイブス (1948年). 2020年5月1日閲覧。
  46. ^ 岡山県, 1 哺乳類, 29-54頁
  47. ^ 高島 - 関崎海星館へようこそ!
  48. ^ 石井信夫. “絶滅危惧種情報(動物)- ニホンカワウソ(本州以南個体群) -”. 一般財団法人自然環境研究センター. 2015年1月13日閲覧。
  49. ^ 亀崎直樹 (2012). “大型海洋動物からみた瀬戸内海と今後” (PDF). 中央環境審議会瀬戸内海部会企画専門委員会現地ヒアリング(東部) 2012年2月23日 (神戸市立須磨海浜水族園, 特定非営利活動法人日本ウミガメ協議会, 東京大学大学院農学生命科学研究科・農学部). http://www.env.go.jp/council/former2013/11seto/y111-hearing03b/mat03_3.pdf. 2015年1月13日閲覧。. 
  50. ^ 高松浩志 (2014年). “瀬戸内海でウミガメ6年ぶり産卵 兵庫・明石で確認”. 朝日新聞デジタル. http://www.asahi.com/articles/ASG6K4QVJG6KPIHB01H.html 2015年1月13日閲覧。 
  51. ^ 第3部 命の ふるさと - 15.ウミガメ回帰 人工砂浜が産卵の場”. 四国新聞 (1999年). 2015年1月13日閲覧。
  52. ^ 恐竜時代の生き残り・オサガメが産卵する奄美の海岸調査を実施”. 日本自然保護協会 (2017年7月14日). 2023年12月19日閲覧。
  53. ^ 森谷香取夫妻. “オサガメの基礎的知識”. 特定非営利活動法人カレッタいすみ, 自然を守り育むいすみ地域団体, 房総の自然環境をただす会. 2004年11月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月13日閲覧。
  54. ^ (PDF) オサガメ. 京丹後市. (2004). http://www.city.kyotango.lg.jp/cms/shisei/singikai/kekka/bunkazaihogo/documents/h170306.pdf. 2015年1月13日閲覧。. 
  55. ^ 活動報告 - 資料収集”. 愛媛総合科学博物館 (2003年). 2015年1月13日閲覧。
  56. ^ 瀬戸内海・松山沖で70キロのクロマグロ
  57. ^ 御崎で体長3.2メートルのカジキマグロ
  58. ^ a b 瀬戸内海にもいた… ホオジロザメ 山口・周防大島付近で捕獲 30年前は騒動も
  59. ^ ホホジロザメ
  60. ^ 横川浩治, 山口敦子, 1997年, 瀬戸内海から初記録のサメ類2種
  61. ^ 瀬戸内海にサメ 香川・与島沖で捕獲
  62. ^ 巨大ホシエイ、山口県周防大島周辺に生息域広げる 餌求め港へ、漁業被害も【動画】
  63. ^ 山口県瀬戸内海域における海洋生物に関する特記的現象(予報)
  64. ^ “3000-year-old shark attack victim from Tsukumo shell-mound, Okayama, Japan” (英語). Journal of Archaeological Science: Reports 38: 103065. (2021-08-01). doi:10.1016/j.jasrep.2021.103065. ISSN 2352-409X. https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S2352409X21002777. 
  65. ^ しまなみ今治管理センター (2016年7月20日). “30年ぶりに岩子島を訪れました”. 本州四国連絡高速道路. 2024年1月1日閲覧。
  66. ^ 瀬戸内海には島がいくつあるかな? 海上保安庁(2020年8月23日閲覧)
  67. ^ a b c d 西南日本新生代研究グループ「西南日本の新生代地史(<特集>日本列島の構造発達史-とくにグリン・タフ時代を中心として(その1)-)」『地球科学』第50-51巻、1960年、56-65頁、doi:10.15080/agcjchikyukagaku.1960.50-51_56 
  68. ^ a b c d e 橋本定樹「近畿地方むかしむかし - 新生代新第三紀以後の自然史 - (<特集3>近畿地方むかしむかし)」『地学教育と科学運動』第10巻、1981年、73-80頁、doi:10.15080/chitoka.10.0_73 
  69. ^ 岡崎美彦「日本の中新世哺乳動物群 : 自然史研究会講演集録V」『植物分類,地理』第29巻第1-5号、1978年、138-144頁、doi:10.18942/bunruichiri.KJ00001078294 
  70. ^ a b c 南健太郎「瀬戸内海が生んだ交流の記憶」『埋蔵文化財調査研究センター報』第59号、2018年1月18日。 
  71. ^ 杉山一雄 (2019年10月15日). “平原から海へ-瀬戸内海の形成”. 岡山県古代吉備文化財センター. 2021年8月17日閲覧。
  72. ^ アーネスト・サトウ『一外交官の見た明治維新(上),A diplomat in Japan』坂田精一訳、岩波書店(岩波文庫)1990年、116頁~
  73. ^ 『瀬戸内海事典』南々社、2007年
  74. ^ 西田正憲『瀬戸内海の発見』中央公論新社、1999年
  75. ^ 外国人によって発見された “ 瀬戸内海 ”
  76. ^ 外国の地理学者も賞賛した瀬戸内海 P3
  77. ^ ① 瀬戸内海 世界の宝石
  78. ^ 世界の宝石 東洋の楽園 瀬戸内海
  79. ^ a b 環境省・せとうちネット 「瀬戸内海の概況」
  80. ^ 海上保安庁 「海難の現況と対策について(平成23年版)」
  81. ^ 森本他『沖家室瀬戸内海の釣漁の島』みずのわ出版、2006年
  82. ^ 宮本常一『忘れられた日本人』岩波文庫
  83. ^ 同種の船はフィリピンやインドネシアでも見られる。
  84. ^ 羽原又吉『漂海民』岩波書店、1963/2002年
  85. ^ 沖浦和光『瀬戸内の民族誌』岩波書店、1998年
  86. ^ a b 瀬戸内海「美しさ」か「豊かさ」か『毎日新聞』朝刊2020年7月21日(くらしナビ面)2020年8月23日閲覧
  87. ^ 兵庫県立農林水産技術総合センター・水産技術センターの反田実所長が実際に瀬戸内海の「貧栄養化」に言及している。
  88. ^ 高木秀蔵「河川から沿岸海域への栄養塩供給とノリの栄養塩利用に関する研究」『岡山水研報告』29(2014年)pp.1-50
  89. ^ 瀬戸内海環境保全特別措置法の一部を改正する法律について 環境省
  90. ^ 「瀬戸内海環境保全基本計画」の変更の閣議決定について(お知らせ) 環境省
  91. ^ 里海とは「人手が加わることにより生物生産性と生物多様性が高くなった沿岸海域」のこととされる。里海とは? 里海ネット(環境省)。
  92. ^ 水質改善しすぎて不漁 全国初、県が窒素濃度に下限”. 神戸新聞NEXT (2019年6月3日). 2019年6月4日閲覧。
  93. ^ a b 「水清ければ魚すまず?海の栄養、排水規制で乏しく」『日本経済新聞』朝刊2021年11月28日サイエンス面(2021年12月31日閲覧)


「瀬戸内海」の続きの解説一覧

瀬戸内海


瀬戸内 海(せとうち うみ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/06 04:42 UTC 版)

カイの旅立ち」の記事における「瀬戸内 海(せとうち うみ)」の解説

主人公通称カイ」。鉄棒から落ちて頭を強打し夢の世界旅立ってしまう。

※この「瀬戸内 海(せとうち うみ)」の解説は、「カイの旅立ち」の解説の一部です。
「瀬戸内 海(せとうち うみ)」を含む「カイの旅立ち」の記事については、「カイの旅立ち」の概要を参照ください。


瀬戸内 海(せとうち うみ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 01:25 UTC 版)

オヤマ! 菊之助」の記事における「瀬戸内 海(せとうち うみ)」の解説

3年生カナヅチ泳げない。名前は水族館で働く父がつけた。第57話のみの登場

※この「瀬戸内 海(せとうち うみ)」の解説は、「オヤマ! 菊之助」の解説の一部です。
「瀬戸内 海(せとうち うみ)」を含む「オヤマ! 菊之助」の記事については、「オヤマ! 菊之助」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「瀬戸内海」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「瀬戸内海」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



瀬戸内海と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「瀬戸内海」の関連用語

瀬戸内海のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



瀬戸内海のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
気象庁気象庁
©2024 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
なお、「気象庁 予報用語」には、気象庁の「気象庁が天気予報等で用いる予報用語」に掲載されている2009年11月現在の情報から引用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの瀬戸内海 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの日本のフェリー会社一覧 (改訂履歴)、カイの旅立ち (改訂履歴)、オヤマ! 菊之助 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS