瀬戸内海とは? わかりやすく解説

せと‐ないかい【瀬戸内海】


瀬戸内海


瀬戸内海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/07 01:17 UTC 版)

瀬戸内海(せとないかい)は、本州西部、四国九州に囲まれた日本最大の内海で面積は2万3,203km2である。700以上の島がある多島海で、海岸線の総延長は約7,230kmに及び[1]山口県広島県岡山県兵庫県大阪府和歌山県徳島県香川県愛媛県大分県福岡県がそれぞれ海岸線を持つ。沿岸地域を含めて瀬戸内(せとうち)とも呼ばれるが、それは瀬戸内海の名称源ではなく、瀬戸内海は「瀬戸の内海」の意である。古来、畿内と九州を結ぶ西日本の主要航路として栄えた。周囲の気候瀬戸内海式気候と呼ばれ、温暖で雨量が少ない。


  1. ^ a b c 瀬戸内海の概況 環境省(2020年8月23日閲覧)
  2. ^ 瀬戸内海国立公園 環境省(2020年8月23日閲覧)
  3. ^ 『瀬戸内 海の道構想』 目次及び構想の理念 (PDF) 広島県、2011年
  4. ^ 例えば2007年5月に瀬戸内海を通過したハワイの航海カヌーホクレア」のクルーは、公式報告の中で次のように瀬戸内海の美を表現している。「瀬戸内海の風景はまるで夢の中のようでした。柔らかく丸みを帯び緑に覆われた島を、私たちは無数に通り過ぎました。島々を包むように波が立っています。こんな航海をこそ私は夢見ていたのです。もちろん私は福岡も楽しみましたが、この大自然の美は別格です。いや、今日のこの航海の感動は、単なる大自然の美という言葉では言い表せないでしょう。」ホクレア号航海ブログ「5月20日<祝島と大島>」より抜粋
  5. ^ 西田正憲「近代の欧米人による瀬戸内海の風景の賞賛」『ランドスケープ研究』1995年 59巻 4号 p.298-309, doi:10.5632/jila.59.298
  6. ^ Limits of Oceans and Seas (3 ed.). International Hydrographic Organization. (1953). p. 23. http://www.iho-ohi.net/iho_pubs/standard/S-23/S23_1953.pdf 2015年2月25日閲覧。 
  7. ^ Limites des Océans et des Mers (3 ed.). Organisation hydrographique internationale. (1953). p. 32. http://www.iho.int/iho_pubs/standard/S-23/S-23_Ed3_1953_FR.pdf 2015年2月25日閲覧。 
  8. ^ 第3部 命の ふるさと - 14.ナメクジウオ再生 海砂禁止、息吹き返す”. 『四国新聞』 (1999年). 2015年1月13日閲覧。
  9. ^ “関空沖にスナメリの楽園 禁漁でエサ豊富、「奇跡的」”. 朝日新聞デジタル. (2012年). http://www.asahi.com/eco/news/OSK201209050063.html 2015年1月13日閲覧。 
  10. ^ 牛窓のスナメリを見守る会”. 2015年1月13日閲覧。
  11. ^ スナメリ・ウォッチング”. 瀬渡し船・ニュー大漁丸. 2015年1月13日閲覧。
  12. ^ 岩城島・生名島・赤穂根島・津波島の藻場 - 瀬戸内海から、失われつつあるアマモ場”. 岩城生名漁協. 2015年1月14日閲覧。
  13. ^ 原田悠自 (2015年). “新種カタツムリ:「アキラマイマイ」瀬戸内海で発見”. 『毎日新聞. http://mainichi.jp/select/news/20150115k0000m040182000c.html 2015年1月28日閲覧。 
  14. ^ 宇仁義和 (2004年). “西部系群コククジラ Eschrictius robustus の記録集成と通過海峡”. 宇仁自然歴史研究所, 東京農業大学生物産業学部. 2015年1月13日閲覧。
  15. ^ 瀬戸内魚類目録”. 公益社団法人瀬戸内海環境保全協会. 2015年1月13日閲覧。
  16. ^ 第3部 命の ふるさと - 2.クジラがいた(中)”. 『四国新聞』 (1999年). 2015年1月12日閲覧。
  17. ^ 釣り情報 2001.6.8 ワシャー、ビックラコイタガァー、、、クジラ目撃あいつぐ”. 岩城村役場産業振興課 (2001年). 2015年1月12日閲覧。
  18. ^ “一六会メンバーの近況/激写””. 岩城村役場産業振興課 (2001年). 2015年1月12日閲覧。
  19. ^ 山田 格: “愛媛県宇和島市沖で種不明ヒゲクジラの目撃”. 国立科学博物館. p. 海棲哺乳類情報データベース (2005年). 2015年1月12日閲覧。
  20. ^ くじらのお礼まいり”. 一六会 (2008年). 2015年1月12日閲覧。
  21. ^ a b 宮脇 和人『鯨塚からみえてくる日本人の心―豊後水道海域の鯨の記憶をたどって』
  22. ^ 豊後水道桂丸. “イルカの回遊情報”. 2015年2月1日閲覧。
  23. ^ シャチ騒動”. 大阪ECO動物海洋専門学校 (2011年). 2015年1月9日閲覧。
  24. ^ ストランディング・データベース(1901-2012)、兵庫県”. 下関鯨類研究室 (2014年). 2015年1月9日閲覧。
  25. ^ 人魚伝説 歴史探検隊江戸中期の鳴門に記録”. ふるさと歴史探検隊. 『徳島新聞』 (2010年1月18日). 2015年1月13日閲覧。
  26. ^ 伊藤徹魯、井上貴央、中村一恵自由集会報告(日本哺乳類学会1995年度大会自由集会の報告),1995年度ニホンアシカ談話会」『哺乳類科学』第35巻第2号、日本哺乳類学会、1996年、 pp.176-179、 doi:10.11238/mammalianscience.35.1762019年6月5日閲覧。
  27. ^ 石井信夫. “絶滅危惧種情報(動物)- ニホンカワウソ(本州以南個体群) -”. 一般財団法人自然環境研究センター. 2015年1月13日閲覧。
  28. ^ 亀崎直樹 (2012). “大型海洋動物からみた瀬戸内海と今後” (PDF). 中央環境審議会瀬戸内海部会企画専門委員会現地ヒアリング(東部) 2012年2月23日 (神戸市立須磨海浜水族園, 特定非営利活動法人日本ウミガメ協議会, 東京大学大学院農学生命科学研究科・農学部). http://www.env.go.jp/council/former2013/11seto/y111-hearing03b/mat03_3.pdf. 2015年1月13日閲覧。. 
  29. ^ 高松浩志 (2014年). “瀬戸内海でウミガメ6年ぶり産卵 兵庫・明石で確認”. 朝日新聞デジタル. http://www.asahi.com/articles/ASG6K4QVJG6KPIHB01H.html 2015年1月13日閲覧。 
  30. ^ 第3部 命の ふるさと - 15.ウミガメ回帰 人工砂浜が産卵の場”. 四国新聞 (1999年). 2015年1月13日閲覧。
  31. ^ オサガメの基礎的知識”. 特定非営利活動法人カレッタいすみ, 自然を守り育むいすみ地域団体, 房総の自然環境をただす会. 2015年1月13日閲覧。
  32. ^ (PDF) オサガメ. 京丹後市. (2004). http://www.city.kyotango.lg.jp/cms/shisei/singikai/kekka/bunkazaihogo/documents/h170306.pdf. 2015年1月13日閲覧。. 
  33. ^ 活動報告 - 資料収集”. 愛媛総合科学博物館 (2003年). 2015年1月13日閲覧。
  34. ^ 瀬戸内海には島がいくつあるかな? 海上保安庁(2020年8月23日閲覧)
  35. ^ a b c d 西南日本新生代研究グループ「西南日本の新生代地史(<特集>日本列島の構造発達史-とくにグリン・タフ時代を中心として(その1)-)」『地球科学』50-51、1960年、 56-65頁、 doi:10.15080/agcjchikyukagaku.1960.50-51_56
  36. ^ a b c d e 橋本定樹「近畿地方むかしむかし - 新生代新第三紀以後の自然史 - (<特集3>近畿地方むかしむかし)」『地学教育と科学運動』第10巻、1981年、 73-80頁、 doi:10.15080/chitoka.10.0_73
  37. ^ 岡崎美彦「日本の中新世哺乳動物群 : 自然史研究会講演集録V」『植物分類,地理』第29巻1-5、1978年、 138-144頁、 doi:10.18942/bunruichiri.KJ00001078294
  38. ^ a b c 南健太郎「瀬戸内海が生んだ交流の記憶」『埋蔵文化財調査研究センター報』第59号、2018年1月18日。
  39. ^ 杉山一雄 (2019年10月15日). “平原から海へ-瀬戸内海の形成”. 岡山県古代吉備文化財センター. 2021年8月17日閲覧。
  40. ^ アーネスト・サトウ『一外交官の見た明治維新(上),A diplomat in Japan』坂田精一訳、岩波書店(岩波文庫)1990年、116頁~
  41. ^ 『瀬戸内海事典』南々社、2007年
  42. ^ 西田正憲『瀬戸内海の発見』中央公論新社、1999年
  43. ^ 外国人によって発見された “ 瀬戸内海 ”
  44. ^ 外国の地理学者も賞賛した瀬戸内海 P3
  45. ^ ① 瀬戸内海 世界の宝石
  46. ^ 世界の宝石 東洋の楽園 瀬戸内海
  47. ^ a b 環境省・せとうちネット 「瀬戸内海の概況」
  48. ^ 海上保安庁 「海難の現況と対策について(平成23年版)」
  49. ^ 森本他『沖家室瀬戸内海の釣漁の島』みずのわ出版、2006年
  50. ^ 宮本常一『忘れられた日本人』岩波文庫
  51. ^ 同種の船はフィリピンやインドネシアでも見られる。
  52. ^ 羽原又吉『漂海民』岩波書店、1963/2002年
  53. ^ 沖浦和光『瀬戸内の民族誌』岩波書店、1998年
  54. ^ a b 瀬戸内海「美しさ」か「豊かさ」か『毎日新聞』朝刊2020年7月21日(くらしナビ面)2020年8月23日閲覧
  55. ^ 兵庫県立農林水産技術総合センター・水産技術センターの反田実所長が実際に瀬戸内海の「貧栄養化」に言及している。
  56. ^ 高木秀蔵「河川から沿岸海域への栄養塩供給とノリの栄養塩利用に関する研究」『岡山水研報告』29(2014年)pp.1-50
  57. ^ 瀬戸内海環境保全特別措置法の一部を改正する法律について 環境省
  58. ^ 「瀬戸内海環境保全基本計画」の変更の閣議決定について(お知らせ) 環境省
  59. ^ 里海とは「人手が加わることにより生物生産性と生物多様性が高くなった沿岸海域」のこととされる。里海とは? 里海ネット(環境省)。
  60. ^ 水質改善しすぎて不漁 全国初、県が窒素濃度に下限”. 神戸新聞NEXT (2019年6月3日). 2019年6月4日閲覧。
  61. ^ a b 「水清ければ魚すまず?海の栄養、排水規制で乏しく」『日本経済新聞』朝刊2021年11月28日サイエンス面(2021年12月31日閲覧)


「瀬戸内海」の続きの解説一覧

瀬戸内海


瀬戸内 海(せとうち うみ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/06 04:42 UTC 版)

カイの旅立ち」の記事における「瀬戸内 海(せとうち うみ)」の解説

主人公通称カイ」。鉄棒から落ちて頭を強打し夢の世界旅立ってしまう。

※この「瀬戸内 海(せとうち うみ)」の解説は、「カイの旅立ち」の解説の一部です。
「瀬戸内 海(せとうち うみ)」を含む「カイの旅立ち」の記事については、「カイの旅立ち」の概要を参照ください。


瀬戸内 海(せとうち うみ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 01:25 UTC 版)

オヤマ! 菊之助」の記事における「瀬戸内 海(せとうち うみ)」の解説

3年生カナヅチ泳げない。名前は水族館で働く父がつけた。第57話のみの登場

※この「瀬戸内 海(せとうち うみ)」の解説は、「オヤマ! 菊之助」の解説の一部です。
「瀬戸内 海(せとうち うみ)」を含む「オヤマ! 菊之助」の記事については、「オヤマ! 菊之助」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「瀬戸内海」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「瀬戸内海」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



瀬戸内海と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

瀬戸内海のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



瀬戸内海のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
気象庁気象庁
©2022 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
なお、「気象庁 予報用語」には、気象庁の「気象庁が天気予報等で用いる予報用語」に掲載されている2009年11月現在の情報から引用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの瀬戸内海 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの日本のフェリー会社一覧 (改訂履歴)、カイの旅立ち (改訂履歴)、オヤマ! 菊之助 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS