海藻とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 海藻 > 海藻の意味・解説 

かい‐そう〔‐サウ〕【海藻】

海に生え藻類総称アオサなどの緑藻コンブなどの褐藻テングサなどの紅藻類をさすことが多い。


め【海布/海藻】

食用となる海藻の総称。ワカメ・アラメなどの類。

「—の柄を鎌(か)りて、燧臼(ひきりうす)に作り」〈記・上〉


うみ‐も【海藻】

〔名〕 海の海産藻類漠然とさし示す語。


かい‐そう ‥サウ 【海藻】

〔名〕 海に生え藻類総称一般には緑藻植物褐藻植物紅藻植物三部門に属す肉眼見え大きさのものをいい、海水中に浮くプランクトン被子植物海草・岩などに付着している単細胞微細藻類などは含めない。世界一万種ほど記録され、日本には約一千種ある。カリマグネシウムヨードなどの無機塩ビタミンなどを多量含有する。アサクサノリワカメコンブヒジキモズクアオノリなど多く種類食用とされるほか、家畜飼料肥料糊料回虫駆除などとして利用されるものもある。うみも。

九条公爵家所延喜式裏文書宝亀四年(773二月三〇日「人別 籾四升 塩二夕 海藻二両」

御伽草子常盤の姥(1504‐21頃)「あをのりあまのりとつさかのり。よろづのかいさうくひたやな」


しま‐も【海藻】

〔名〕 ワカメオゴノリなどの海藻類。〔本草和名(918頃)〕


め【海布・海藻】

〔名〕 若布(わかめ)、海松布(みるめ)、荒布(あらめ)など食用となる海藻の総称

万葉(8C後)三・二七八「志可の海人軍布(め)刈り塩焼き暇なみ髪梳小櫛取りも見なくに」

伊勢物語(10C前)一〇四「世をうみのあまとし人を見るからにめくはせよとも頼まるる哉」


海藻

読み方:ウミモ(umimo)

海底定着して生育し、肉眼見え緑藻褐藻紅藻などの藻類総称


海藻

読み方かいそう
【英】:sea weed

海中生え植物のうち、被子植物植物プランクトンを除いた、定着性の隠花植物総称紅藻類緑藻類褐藻類をいう。(も)、ノリなどもふくむ。

海藻(かいそう) sea algae

アオサミルホンダワラなどの海に生えている藻類で、顕花植物である海草区別される。 

海藻

読み方:ニギメ(nigime)

ワカメ別称
チガイソ科の褐藻

学名 Undaria pinnatifida


海藻

読み方:メ(me)

食用海藻の総称


海藻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/16 08:20 UTC 版)

海藻(かいそう、: Seaweed)は、藻類のうち容易に肉眼で判別できる海産種群の総称[1]


  1. ^ a b c 杉田浩一編『日本食品大事典』医歯薬出版 p.285 2008年
  2. ^ 海藻とは何か”. 日本の海藻百選. 国立科学博物館. 2018年12月16日閲覧。
  3. ^ 磯焼け対策ガイドライン, 水産庁, (2015年3月), http://www.jfa.maff.go.jp/j/gyoko_gyozyo/g_hourei/pdf/isoyake2.pdf 
  4. ^ 海の砂漠化防ぐ鉄鋼スラグ コンブ復活、魚介も増加「海の森づくり」SankeiBiz掲載のブルームバーグ配信記事(2019年3月3日閲覧)。
  5. ^ 海草育ててCO2削減「ブルーカーボン」国内で動き読売新聞』夕刊2019年2月12日(社会面)2019年3月3日閲覧。
  6. ^ 海藻の食物繊維に関する食品栄養学的研究、吉江由美子、『日本水産学会誌』Vol.67 (2001) No.4
  7. ^ 食物繊維の構造と機能、中山行穂、『生活衛生』Vol.35 (1991) No.1
  8. ^ Transfer of carbohydrate-active enzymes from marine bacteria to Japanese gut microbiota
  9. ^ 大野正夫 「海藻肥料」、堀輝三; 大野正夫; 堀口健雄編 『21世紀初頭の藻学の現況』山形市: 日本藻類学会、2002年、128–131頁http://sourui.org/publications/phycology21/materials/file_list_21_pdf/40Fertilizer.pdf 


「海藻」の続きの解説一覧



海藻と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「海藻」の関連用語

海藻のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



海藻のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
鐵鋼スラグ協会鐵鋼スラグ協会
Copyright (C) 2022 Nippon Slag Association All Rights Reserved.
日本ウミガメ協議会日本ウミガメ協議会
(C) 特定非営利活動法人日本ウミガメ協議会,2022,Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの海藻 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの海藻 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS