佃煮とは?

つくだ‐に【×佃煮】

《もと江戸佃島で作ったところから》小魚・貝・海藻などを醤油・みりんなどで煮つめた食品


佃煮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/23 01:57 UTC 版)

佃煮(つくだに)とは、醤油砂糖で甘辛く煮付けた日本の食べ物。とりわけ小魚、アサリなどの貝類、昆布等の海藻類、山地ではイナゴ等の昆虫類などを煮染めたものをこう呼ぶ。シソゴマなどを加えることもある。牛肉の佃煮も目にする。ご飯と一緒に食べると美味とされる。


  1. ^ なお、岡田 2003, p. 297によれば、まず、日本橋東詰に移住した後に1645年に佃島に移住したとされている。
  2. ^ a b c マルハ 2000, p. 119
  3. ^ おさかな雑学 2002, p. 215.
  4. ^ a b 岡田 2003, p. 297
  5. ^ a b おさかな雑学 2002, p. 216
  6. ^ マルハ 2000, pp. 119-120.
  7. ^ a b c d 岡田 2003, p. 297(諸説ある中の一説として紹介)
  8. ^ 岩崎信也「食の起源を訪ねて」『月刊 黙』1994年9月号、エモーチオ21、1994
  9. ^ 日本食品新聞社
  10. ^ 広島政財界人物誌第104,105項
  11. ^ 東京自治調査会発行「広島県誌」
  12. ^ 乾物のヤツメウナギを焼いて甘辛く煮つけたもの。独特の風味があり、ビタミンAが多く含まれる事から一種の健康食品として食べられる事が多い。


「佃煮」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「佃煮」の関連用語

佃煮のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



佃煮のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの佃煮 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS