セメントとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 建材 > セメント > セメントの意味・解説 

セメント【cement】


セメント

読み方せめんと
【英】:cement

無機質粉末と練ると硬化する性質有するものをいう。セメントには気硬性セメント(石灰石こう、マグネシアセメントなど)と水硬性セメントポルトランドセメント高炉セメントなどの混合セメントアルミナセメントなど)があり、主に土木建築用に使用される

セメント〈cement〉

粘土と石灰を適量混ぜ合わせて焼成し細かく砕いてつくられたもの。通常、セメントといった場合カルシウム珪酸シリカ)との化合物で、混ぜるだけで高強度の石材となるポルトランド・セメントを指すことが多い。

セメント―「暴走列車を止めろ!少年幽霊の説得はおいらにおまかせ」の巻

作者ゾラン・ドヴェンカー

収載図書走れ!半ズボン
出版社岩波書店
刊行年月2008.6


セメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 07:33 UTC 版)

セメント: cement)、膠灰(こうかい)[1]とは、一般的には、や液剤などにより水和重合硬化する粉体を指す。広義には、アスファルト(にかわ)、樹脂石膏石灰等や、これらを組み合わせた接着剤全般を指す。


  1. ^ 膠灰とは - コトバンク
  2. ^ Hill, Donald: A History of Engineering in Classical and Medieval Times, Routledge 1984, p106
  3. ^ PURE NATURAL POZZOLAN CEMENT
  4. ^ Aqueduct Architecture: Moving Water to the Masses in Ancient Rome
  5. ^ A J Francis, The Cement Industry 1796-1914: A History, David & Charles, 1977, ISBN 0-7153-7386-2, Ch 2
  6. ^ Francis op. cit., Ch 5
  7. ^ P. C. Hewlett (Ed)Lea's Chemistry of Cement and Concrete: 4th Ed, Arnold, 1998, ISBN 0-340-56589-6, Chapter 1
  8. ^ a b c 一般社団法人セメント協会「セメントハンドブック2019 」8頁
  9. ^ a b c NEDOプロジェクト実用化ドキュメント”. www.nedo.go.jp. NEDO. 2020年5月4日閲覧。
  10. ^ 社団法人 日本建築学会「建築工事標準仕様書・同解説 JASS5 鉄筋コンクリート工事 2003」
  11. ^ a b c d e f g h 青山咸康・服部九二雄・野中資博・長束勇編 2003, p. 11.
  12. ^ 青山咸康・服部九二雄・野中資博・長束勇編 2003, p. 12.
  13. ^ a b 一般社団法人セメント協会「環境にやさしいセメント産業2019
  14. ^ 温暖化対策と高炉セメント:協会活動”. www.slg.jp. 鐵鋼スラグ協会. 2020年5月4日閲覧。
  15. ^ a b 野畑健志「高炉セメントのCO2削減効果について」『コンクリート工学』第48巻第9号、日本コンクリート工学会、2010年9月、 9_58-9_61、 doi:10.3151/coj.48.9_58
  16. ^ 金津努, 中井雅司, 齊藤直「フライアッシュの活用による環境負荷低減への取組み」『コンクリート工学』第48巻第9号、日本コンクリート工学会、2010年9月、 9_54-9_57、 doi:10.3151/coj.48.9_54
  17. ^ 一般社団法人日本建設業連合会「低炭素型コンクリートの普及促進に向けて」2016年4月
  18. ^ NEDOプロジェクト実用化ドキュメント”. www.nedo.go.jp. NEDO. 2020年5月4日閲覧。


「セメント」の続きの解説一覧

「セメント」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。




セメントと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「セメント」に関係したコラム

  • 株365の株価指数に採用されている銘柄

    株365の銘柄の価格は、株価指数に採用されている銘柄の価格をもとにして算出されます。株価指数に採用されている銘柄はその国を代表するような優良企業であることが多く、また、取引高も多く市場から注目されてい...

  • 株式の投資基準とされるPERとは

    株式の投資基準とされるPERとは、株価収益率のことです。PERは、次の計算式で求めることができます。PER=株価÷EPSEPSは、1株当たりの利益額のことで、「当期純利益÷発行済み株式数」で計算されま...

  • 株式の投資基準とされるEPSとは

    株式の投資基準とされるEPSとは、1株あたりの利益額のことです。EPSは、次の計算式で求めることができます。EPS=当期純利益÷発行済み株式数例えば、当期純利益が100億円で発行済み株式数が1億株の企...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

セメントのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



セメントのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
鐵鋼スラグ協会鐵鋼スラグ協会
Copyright (C) 2022 Nippon Slag Association All Rights Reserved.
接着剤ツールファースト接着剤ツールファースト
© 2022 TOOLFIRST. All Rights Reserved.
建機プロ建機プロ
Copyright (c) 2022 SHIN CATERPILLAR MITSUBISHI LTD.All rights reserved.
キャタピラージャパン建機プロ -次世代の砕石業研究会-
日本ダム協会日本ダム協会
Copyright 2022 JAPAN DAM FOUNDATION All rights reserved.
ダム事典は、財団法人日本ダム協会によって運営されているダム便覧のコンテンツのひとつです。
地球丸地球丸
Copyright© The Whole Earth Publications Co.,Ltd. All Rights Reserved.
地球丸ログハウス用語集
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのセメント (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS