自然発火とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 現象 > 自然発火の意味・解説 

しぜん‐はっか〔‐ハツクワ〕【自然発火】

物質外部からの加熱なしに、酸化分解などによって発熱し、その熱が蓄積されて自然に発火する現象


自然発火

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/18 05:28 UTC 版)

自然発火(しぜんはっか)とは、人為的に火を付けることなく出火する現象のこと。火事の原因として少なくない要因として挙げられている。発火理論として自然発火が起きる条件はFK理論で扱われる。人が取り扱う発火性物質については消防法で厳密に規定されている。


  1. ^ 塗料の自然発火にご注意 日本ペイント、2011年6月25日閲覧。
  2. ^ 天かすが自然発火 愛知県一宮市消防本部予防課、2008年9月25日(2011年6月25日閲覧)。
  3. ^ 「衣類乾燥機」「洗濯乾燥機」をご利用の皆様へ 日本電機工業会、2011年6月25日閲覧。
  4. ^ 海運雑学ゼミナール 078 石炭は、見かけによらず手ごわい貨物 日本船主協会、2011年6月25日閲覧。
  5. ^ 【FAQ】自然発火 消防大学校消防研究センター、2011年6月25日閲覧。


「自然発火」の続きの解説一覧




自然発火と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「自然発火」の関連用語

自然発火のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



自然発火のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの自然発火 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS