臼とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 道具 > 道具 > の意味・解説 

うす [1]臼・碓

きね)を用いて餅をついたり、穀物精白したりする道具。木または石を丸くえぐった円筒形のもの。
碾()き臼に同じ。
[句項目] 臼から杵 臼と杵

きゅう[漢字]

きう [音] キュウ ・ク
ここのつキュウ九星九天九拝 九界九九九輪
数や程度の多いこと。 九死九仞ゆうじん)・九折
ここのつめ。 九月
きう [音] キュウ ・ク
ある状態が限りなく持続すること。ひさしいキュウ久闊ゆうかつ)・久離永久恒久持久耐久長久悠久 久遠くおん)・久住
きふ [音] キュウ
およぶ。追いつく。合格する。 及第及落追及
およぼす。ゆきわたらせる。 企及言及波及普及
[音] キュウ
ゆみ。 弓術弓箭ゆうせん)・弓道弓馬強弓半弓
弓形のもの。 天弓
きう [音] キュウ
あだ。かたき。 仇怨ゆうえん)・仇讐きゆうしゆう)・仇敵復仇報仇
きう [音] キュウ ・ク
おか。 丘陵円丘砂丘段丘墳丘火口丘
梵語音訳字。 比丘尼びくに
きう [音] キュウ ・ク
ふるい。
長い年月を経た。昔からの。旧家旧慣旧交旧習旧態旧知旧弊旧友
以前の。もとの。旧悪旧教旧作旧式旧称旧制旧姓旧聞旧約旧訳旧暦
もと。昔。過去懐旧倍旧復旧
去年の。 旧冬旧臘ゆうろう
きう [音] キュウ
やすむ。やすめる。 休暇休業休憩休止休場休息運休帰休公休
よろこばしい。めでたい。 休祥休戚ゆうせき)・休徴
きふ [音] キュウ
すう。すいこむ吸引吸血吸収吸着吸入吸盤呼吸
きう [音] キュウ
くさる。くちる。おとろえる。 朽索朽廃朽木不朽腐朽老朽
きう [音] キュウ
うす。また、うすのように内側がくぼんだ形状のもの。 臼歯臼状臼砲脱臼
きう [音] キュウ ・グ
人に何かをのぞむ。もとめる。 求愛求刑求婚要求
さがしもとめる求職求心求人求道ゆうどう)((ぐどう))探求欣求ごんぐ
きふ [音] キュウ
くむ。くみとる汲水引汲
いそがしい。 汲汲
きう [音] キュウ
やいと。おきゅう。 灸治灸点鍼灸しんきゆう
きう [音] キュウ ・ク
きわまる最後までいく。 究極究竟くつきよう)((くきよう)・ (きゆうきよう))
きう [音] キュウ
ただす。取り調べる糺弾糺明糺問 「糾」とも書き換えられる
きふ [音] キュウ
なく。涙を流してなく。 泣哭ゆうこく)・泣訴感泣号泣涕泣ていきゆう)・啼泣ていきゆう)・悲泣
[音] キュウ
弓形アーチ形。 穹窖きゆうこう)・穹窿きゆうりゆう
おおぞら蒼穹そうきゆう)・天穹
きふ [音] キュウ
いそぐ。また、速度速い急行・急速・急流・緩急特急
突然。にわか。 急遽きゆうきよ)・急使急性急転急病急変急用急停車
さしせまっている。 急迫急務火急危急救急・緊急・不急
気短である。 急進性急
けわしい。 急峻きゆうしゆん)・急坂急傾斜
きう [音] キュウ
棺桶かんおけ)。ひつぎ。 柩車屍柩しきゆう)・霊柩車
きう [音] キュウ
ただす。取り調べる糾察糾弾糾明糾問 「糺」の書き換え字としても用いられる
糸などをより合わせる糾合
もつれる紛糾
きふ [音] キュウ
くらい。段階級数階級・高級・上級初級進級等級
学校の)組。クラス級長級友学級
首。しるし。 首級
[音] キュウク ・グウ
御殿また、皇族キュウ宮禁宮闕ゆうけつ)・宮室宮城宮中宮廷宮殿王宮後宮離宮 グウ行宮あんぐう)・斎宮中宮東宮 宮内庁
神社。おみや。 グウ宮司神宮遷宮外宮げくう)・内宮ないくう
黄道12分した星座十二宮双子宮白羊宮
きふ [音] キュウ
荷物などを入れて背負う竹製の箱。おい。 書笈負笈
[音] キュウ
からだ。 聖躬
みずから。 躬行
きう [音] キュウク ・グ
すくう。助ける。力を添える。 救援救急救護救荒救国救済救出救恤きゆうじゆつ)・救助救世ゆうせい)((くせ)・ (ぐせ) ・ (ぐぜ))救難救民救命
きう [音] キュウ
まり。また、まりのように丸いもの。 毬杖ぎつちよ)・毬灯打毬
きう [音] キュウ
たま。たまのような形のもの。 球菌球形球根球状球体球面気球血球地球電球
ボールまた、球技球戯好球蹴球ゆうきゆう)・打球卓球直球庭球投球配球排球野球籠球ろうきゆう
特に、野球球界球場球団
きふ [音] キュウ
あてがう。くばる。 給水給電給油供給自給配給補給
あたえる。 給金給費給付支給
労働に対し支払われる報酬給与給料恩給加給月給週給日給俸給
世話する。 給仕
きう [音] キュウ
うまや。 厩舎厩肥典厩
きう [音] キュウ
においをかぐ。 嗅覚
きう [音] キュウ
ハト鳩舎鳩尾
あつまる。あつめる。 鳩合鳩首
[音] キュウ
つきつめる窮極無窮
学問などを深くきわめる窮理
ゆきづまる追いつめられる。 窮境・窮屈・窮策窮状窮鼠きゆうそ)・窮地窮鳥窮迫窮乏窮余困窮貧窮

読み方:うす

  1. 食ヲネル手拭ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・埼玉県

分類 埼玉県


読み方:うす

  1. 女ノコトヲ云フ。〔第六類 人身之部・大阪府
  2. 女を云ふ。〔大阪
  3. 女陰。「茶臼ではなく白酒臼のよう」など一寸臼を使ったところ。〔風流
  4. 〔花〕女陰。「茶臼でなくて白酒臼のよう」など。大阪では女のこと。

分類 大阪大阪府花柳界大阪

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/13 16:59 UTC 版)

(うす、舂)とは、穀物脱穀製粉餅つきなどに用いる道具である[1]。臼にはひき臼(碾き臼、挽き臼)とつき臼(搗き臼、舂き臼)の2種類がある[2]


  1. ^ 社団法人全国調理師養成施設協会『調理用語辞典 改訂版』1999年、113頁
  2. ^ a b c d 農具など生産の道具 高崎市歴史民俗資料館
  3. ^ 三輪茂雄『粉』法政大学出版局、2005年、47-48頁
  4. ^ 石臼 青森県立郷土館
  5. ^ a b c 三輪茂雄『粉』法政大学出版局、2005年、48頁
  6. ^ 三輪茂雄『粉』法政大学出版局、2005年、60頁
  7. ^ a b c 三輪茂雄『粉』法政大学出版局、2005年、61頁
  8. ^ 石皿とは」コトバンク、世界大百科事典 第2版の解説より。
  9. ^ 磨臼とは」コトバンク、ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説より。
  10. ^ ダグラス・プレストン『猿神のロスト・シティ 地上最後の秘境に眠る謎の文明を探せ』NHK出版、2017年、251頁。ISBN 978-4-14-081716-2
  11. ^ なお、カール・マルクスは『資本論』の中で、「全ての機械の基本形は、ローマ帝国水車において伝えた。」「機械の発達史は、小麦製粉工場の歴史によって追求できる」と、述べた。
  12. ^ 社団法人全国調理師養成施設協会『調理用語辞典 改訂版』1999年、113頁
  13. ^ 奥村彪生 『日本めん食文化の一三〇〇年』(増補版第1刷版) 農山漁村文化協会、2014年。ISBN 9784540111730 pp.74-75
  14. ^ 石臼 関ケ原町歴史民俗資料館
  15. ^ 世界大百科事典 第2版「茶臼」コトバンク、2015年9月1日閲覧
  16. ^ 桑原秀樹『お抹茶のすべて』誠文堂新光社、2015年、ISBN 9784416615300、p.44.
  17. ^ 社団法人全国調理師養成施設協会『調理用語辞典 改訂版』1999年、113頁
  18. ^ 「飲食事典」本山荻舟 平凡社 p54 昭和33年12月25日発行
  19. ^ 三輪茂雄『臼』法政大学出版局、1978年、94頁


「臼」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2018/08/06 00:45 UTC 版)

発音

名詞

  1. (うす)中央部凹み材料を入れ、(きね)でつくことによって、米を脱穀したり蒸かしもち米を餅にしたりするための道具つきうす
  2. (うす)重量堅さによって、穀物などをすりつぶして粉にする道具円盤の形をした石を二枚重ね、間に穀物を入れて回転する。ひきうす

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



臼と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「臼」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

臼のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



臼のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの臼 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2020 Weblio RSS