臼とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 道具 > 道具 > の意味・解説 

きゅう【臼】

常用漢字] [音]キュウキウ)(漢) [訓]うす

[一]キュウ

うす。「臼状杵臼(しょきゅう)」

うすの形をしたもの。「臼歯脱臼

[二]〈うす〉「石臼茶臼


うす【臼/×碓】

穀物精白したり、粉にしたり、餅(もち)をついたりする道具つき臼ひき臼とがある。

臼の画像

うす【臼・碓】

〔名〕

穀物調製具。穀物を粉にしたり、精白したり、また、餠をついたりするときに用いる。搗臼(つきうす)と摺臼(すりうす)の別がある。

古事記(712)中・歌謡「その鼓 宇須(ウス)に立てて 歌ひつつ」

② 女の腰の回り大きなさまのたとえ。→臼になる

③ (隠語で、男根(きね)にたとえるのに対して女陰また、転じて、女。→臼から杵臼と杵

性交法の一つ茶臼の略称。

浄瑠璃妹背山婦女庭訓(1771)二「上様でも肝腎のときは、やっぱり臼がお好きでな」

[語誌](1)①のように搗臼(つきうす)と摺臼(すりうす)の総称であるが、「伊京集」では「臼」だけでツキウスとも読み古く木製搗臼をいったものと考えられる。それと区別する意味で「磑」をスリウス、足で踏んでつく「碓」をカラウスともいうようになったか。
(2)搗臼稲作とともに日本伝来し、江戸時代に横が使われるようになるまで、竪臼竪杵組み合わせ長く用いられていた。効率の面では摺臼や唐臼に劣るため、少量精白製粉餠搗き等に使われたにすぎないが、食物調整具として神聖視され、多く民俗儀礼伴って来た。


読み方:うす

  1. 食ヲネル手拭ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・埼玉県

分類 埼玉県


読み方:うす

  1. 女ノコトヲ云フ。〔第六類 人身之部・大阪府
  2. 女を云ふ。〔大阪
  3. 女陰。「茶臼ではなくて白酒臼のよう」など一寸臼を使ったところ。〔風流
  4. 〔花〕女陰。「茶臼でなくて白酒臼のよう」など。大阪では女のこと。

分類 大阪大阪府花柳界大阪

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/02 22:24 UTC 版)

(うす、舂)とは、製粉脱稃に用いる道具である。


  1. ^ a b c d 農具など生産の道具 高崎市歴史民俗資料館
  2. ^ 三輪茂雄『粉』法政大学出版局、2005年、47-48頁
  3. ^ 石臼 青森県立郷土館
  4. ^ a b c 三輪茂雄『粉』法政大学出版局、2005年、48頁
  5. ^ 三輪茂雄『粉』法政大学出版局、2005年、60頁
  6. ^ a b c 三輪茂雄『粉』法政大学出版局、2005年、61頁
  7. ^ 石皿とは」コトバンク、世界大百科事典 第2版の解説より。
  8. ^ 磨臼とは」コトバンク、ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説より。
  9. ^ ダグラス・プレストン『猿神のロスト・シティ 地上最後の秘境に眠る謎の文明を探せ』NHK出版、2017年、251頁。ISBN 978-4-14-081716-2
  10. ^ なお、カール・マルクスは『資本論』の中で、「全ての機械の基本形は、ローマ帝国水車において伝えた。」「機械の発達史は、小麦製粉工場の歴史によって追求できる」と、述べた。
  11. ^ 社団法人全国調理師養成施設協会『調理用語辞典 改訂版』1999年、113頁
  12. ^ 奥村彪生 『日本めん食文化の一三〇〇年』(増補版第1刷版) 農山漁村文化協会、2014年。ISBN 9784540111730 pp.74-75
  13. ^ 石臼 関ケ原町歴史民俗資料館
  14. ^ 世界大百科事典 第2版「茶臼」コトバンク、2015年9月1日閲覧
  15. ^ 桑原秀樹『お抹茶のすべて』誠文堂新光社、2015年、ISBN 9784416615300、p.44.
  16. ^ 社団法人全国調理師養成施設協会『調理用語辞典 改訂版』1999年、113頁
  17. ^ 「飲食事典」本山荻舟 平凡社 p54 昭和33年12月25日発行
  18. ^ 三輪茂雄『臼』法政大学出版局、1978年、94頁


「臼」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2018/08/06 00:45 UTC 版)

発音

名詞

  1. (うす)中央部凹み材料を入れ、(きね)でつくことによって、米を脱穀したり蒸かしもち米を餅にしたりするための道具つきうす
  2. (うす)重量堅さによって、穀物などをすりつぶして粉にする道具円盤の形をした石を二枚重ね、間に穀物を入れて回転する。ひきうす

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



臼と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「臼」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

臼のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



臼のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの臼 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS