粟とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > あわ > の意味・解説 

ぞく【×粟】

あわ。

穀類また、扶持米。「粟を食(は)む」

「金を軽くし―を重くす」〈方丈記

容積単位。勺(しゃく)の1万分の1。


ぞく【×粟】

人名用漢字] [音]ゾク(慣) [訓]あわ

穀物の名。あわ。「粟散粟粒


あわ〔あは〕【×粟】

イネ科一年草五穀の一。高さ約1.5メートル細長く互生する。秋、の頂に長く太い円柱形花穂を1本出す。実は小粒黄色。糯(もち)と粳(うる)とがある。古くから栽培され、粟飯粟餅などにして食べ、また飴(あめ)・酒の原料小鳥飼料にする。《 秋》「―垂る修学院の径(こみち)かな/風生」

恐怖寒さのため、皮膚一面にできる粟粒のようなぶつぶつ。「肌に粟を生じる」

粟の画像
粟をした紋所一つ抱き粟」
粟の画像
アワの実

読み方:アワawa

五穀一つとして栽培されたイネ科植物


あわ (粟)

Setaria italica

Setaria italica

アジア東部原産考えられ、わが国へは、縄文時代に伝わったとされてます。「エノコログサ」から改良され、中国では古くから栽培されていました。五穀のひとつで、わが国でもコメ栽培より前から重要な食料のひとつとなっていました。「オオアワ」と「コアワ」があり、わが国栽培されているのは、主として穂の大きい「オオアワ」です。8月から9月ごろ、先に円柱状の花穂伸ばします。種子お粥やもち、菓子などの原料や、小鳥の餌にもなります。写真品種戸隠在来種
イネ科エノコログサ属多年草で、学名Setaria italica。英名は Foxtail millet
イネのほかの用語一覧
エノコログサ:  小粒金狗尾  狗尾草  秋の狗尾草  粟  紫狗尾  金狗尾
オオアブラススキ:  大油薄


読み方:コアワ(koawa)

イネ科一年草

学名 Setaria italica var.germanica


読み方:アワawa

イネ科一年草で、五穀一つ

季節

分類 植物



読み方:アワawa

所在 和歌山県和歌山市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

読み方
あわ
あわざき

アワ

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/06 18:39 UTC 版)

アワ(粟、学名、Setaria italica)は、イネ科エノコログサ属多年草雑穀類。五穀の一つに数えられる。




注釈

  1. ^ 古くは、実の大きさによっておおアワ(粱)とこアワ(粟)の区別が存在したが、今日ではおおアワが栽培種のほとんどを占めており、これを指して「粟」と表記することが一般的である。
  2. ^ 中国後漢許慎が著した漢字の解説書『説文解字』において、「米…粟實也。象禾實之形」(禾=アワ)と書かれ、米即ちアワの実であると解説されている。
  3. ^ 中国北魏賈思勰が著した農書斉民要術』(巻1「種穀」第3:原注)において、「穀、稷也、名粟。穀者、五穀之總名、非指謂粟也。然今人專以稷爲穀、望俗名之耳」と書かれ、穀とは五穀の総称であって、稷(=アワ)を指すのは正しくないが、世間(北魏統治下の華北)では主食であるアワ(稷)のことを穀と称していると記している。
  4. ^ は、長江から入ってきた蛮夷の穀物と見なし、「雑穀」のように扱う風潮が、知識人を中心に長く続いた。米が華北中原においても主食とされるようになるのは、唐代以後といわれている。
  5. ^ 霊亀元年(715年10月7日の陸田(畑作)奨励のには、畑作作物としてアワが奨励作物の筆頭として奨励されている。

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 林弘子 1998, p. 96.
  2. ^ a b c d e f g h 平 宏和『雑穀のポートレート』錦房、2017年、3頁。
  3. ^ 林弘子 1998, p. 96–97.
  4. ^ 国分牧衛『新訂 食用作物』養賢堂、2010年8月10日 第1版、270頁。
  5. ^ a b c d e f g h i j k 林弘子 1998, p. 97.
  6. ^ 古賀登『両税法成立史の研究』雄山閣、2012年、235・523頁。
  7. ^ 林弘子 1998, pp. 97–98.
  8. ^ 文部科学省、「日本食品標準成分表2015年版(七訂)


「アワ」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2016/07/28 16:06 UTC 版)

発音

熟語

成句


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



粟と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「粟」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||


6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||


10
100% |||||

粟のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



粟のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2021 shu(^^). All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアワ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS