黄河文明とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 文化 > 文明 > 黄河文明の意味・解説 

こうが‐ぶんめい〔クワウガ‐〕【黄河文明】

黄河の中・下流域を中心に発達した古代農耕文明新石器時代晩期彩陶をもつ仰韶(ぎょうしょう)(ヤンシャオ)文化、前2500年以降栄え黒陶特徴とする竜山ロンシャン文化経て、夏(か)・殷(いん)の青銅器文化へと受け継がれた。世界最古文明の一。→四大文明


黄河文明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/18 06:19 UTC 版)

黄河文明(こうがぶんめい)は、黄河の中・下流域で栄えた古代中国文明の一つ。黄河の氾濫原農業を開始し、やがて黄河の治水灌漑を通じて政治権力の強化や都市の発達などを成し遂げていった。東アジアの歴史の教科書には「世界四大文明」のうちのひとつとして挙げられていることが多いが、現在は長江文明遼河文明などさまざまな文明が中国各地で発見されているため、四大文明に黄河文明のみを取り上げる手法はもはや古くなっている(最近の教科書では、「黄河・長江流域の文明」のようにややぼかした表現になっている)。






「黄河文明」の続きの解説一覧



黄河文明と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「黄河文明」の関連用語

黄河文明のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



黄河文明のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの黄河文明 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS