占いとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > 占いの意味・解説 

うら ない -なひ [0][3] 【占い】

何らかの徴(しるし)を手がかりにして、神意を問うたり、未来出来事物事吉凶などを判断すること。卜占ぼくせん)。 「星-」 「トランプ-」
占いを職業とする人。占い師


占い

読み方:うらない

ワ行五段活用動詞「占う」の連用形、あるいは連用形名詞したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

うらない 【占い・卜】

ある定まった兆し形象によって、将来成り行き吉凶判断予言)すること。中国では前二一〇〇年頃すでに亀甲獣骨ひび割れ神意をうかがうことが行われていた。西洋でも古代ギリシア・ローマを中心に記録されており、予言神託託宣夢解き前兆犠牲の卦などがみられる日本には鹿卜があったが、奈良時代中国から亀卜法が入り、他に易占星占いもあった。のちに神事と結びついたもの現れ御占神事)、他に民間的のものもある。トランプ占いエジプトから始まったといわれる。→ 陰陽道 亀卜 鹿卜 食占

占い

作者兵衛

収載図書神の黄昏ショートショート
出版社新風舎
刊行年月1994.5


占い

作者竹本幸文

収載図書無駄の中にも宝あり
出版社新風舎
刊行年月2004.3
シリーズ名新風舎文庫


占い

作者嘉瀬陽介

収載図書ショートショートの広場 17
出版社講談社
刊行年月2005.12
シリーズ名講談社文庫


占い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/16 13:26 UTC 版)

占い(うらない)とは様々な方法で、人の心の内や運勢未来など、直接観察することのできないものについて判断することや、その方法をいう。卜占(ぼくせん)や占卜(せんぼく)ともいう。


  1. ^ 有元裕美子 『スピリチュアル市場の研究:データで読む急拡大マーケットの真実』 東洋経済新報社 2011 ISBN 9784492761991 p.21.
  2. ^ 増川宏一 『盤上遊戯』 法政大学出版局
  3. ^ 中沢厚 『つぶて』 法政大学出版局
  4. ^ 岩波委員会訳聖書『イザヤ書』
  5. ^ 岩波委員会訳聖書『エゼキエル書』
  6. ^ ダライ・ラマ法王日本代表部事務所ホームページ>チベットの占い「占いと仏教」「さいころによる占い」


「占い」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「占い」の関連用語

占いのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



占いのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2019 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの占い (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS