神託とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 歴史民俗用語 > 神託の意味・解説 

しん‐たく【神託】

神が自分判断意志巫女(みこ)などの仲介者、あるいは夢・占いなどによって知らせること。神のお告げ託宣。「神託が下る」


神託

読み方:シンタク(shintaku)

神が司祭者や巫女憑依して心意伝えること。

別名 託宣(たくせん)


神託(しんたく)

神のお告げ託宣たくせん)ともいい、神が人または物に憑依し、或いは夢に託して神意お知らせになること。その状態になることを神懸かりという。

神託

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/27 21:03 UTC 版)

神託(しんたく、英語: Oracle)とは、の意を伺う事。また、その時伝えられた言葉




  1. ^ 『賭博』『さいころ』『盤上遊戯』 法政大学出版局


「神託」の続きの解説一覧

神託

出典:『Wiktionary』 (2017/11/06 19:32 UTC 版)

名詞

しんたく

  1. 神が意志などをシャーマンのような仲介者や夢・占い等を媒介して伝えること。またそのようにして伝えられた内容

発音

し↗んたく


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「神託」の関連用語

神託のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



神託のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
岡山県神社庁岡山県神社庁
since 2021 (C)Okayamaken Jinjacho
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの神託 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの神託 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 Weblio RSS