賄賂とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 法概念 > > 賄賂の意味・解説 

わい‐ろ【賄賂】

読み方:わいろ

自分の利益になるようとりはからってもらうなど、不正な目的で贈る金品袖の下まいない。「―を受け取る」

公務員または仲裁人職務に関して授受される不法な報酬金品に限らず遊興飲食供応、名誉・地位供与なども含む。

「賄賂」に似た言葉

賄賂

読み方:ワイロ(wairo)

自分に有利なようにはからってもらうために贈る金品


賄賂(わいろ)


賄賂

読み方:ワイロ(wairo)

訴訟時などに、金銭物品などを特定個人に贈る行為、またはその金銭物品

別名 賄貨


賄賂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/14 05:24 UTC 版)

賄賂(わいろ)は、汚職の一形態。主権者の代理として公権力を執行する為政者官吏権力執行の裁量に特別な便宜を計ってもらうことを期待する他者から受ける不正なサービスのこと[1](まいない)とも呼ばれる[2]。賄賂を受け取ることを「収賄」、贈ることを「贈賄」、両方の行為を合わせて「贈収賄」と呼ぶ[3]


注釈

  1. ^ これを逆手に取った菓子折りが存在する。

出典

  1. ^ 精選版 日本国語大辞典「贈収賄」
  2. ^ デジタル大辞泉「賂」
  3. ^ デジタル大辞泉「贈収賄」
  4. ^ 国立国会図書館「判例の調べ方」
  5. ^ 「双日、贈収賄防止へ厳格管理」『日経産業新聞』2020年1月8日(働き方面)
  6. ^ a b c 「わいろ蔓延、勢いとまらず」茨城県上海事務所 ビジネスレポート
  7. ^ a b c d 7割近くが「医者に“袖の下”を渡したことがある」Record China(2008年1月31日付配信)
  8. ^ 袖の下 コトバンク


「賄賂」の続きの解説一覧

賄賂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/26 22:24 UTC 版)

学業不正」の記事における「賄賂」の解説

詳細は「賄賂」を参照 金銭贈り物など価値のある物・行為受け取代わりに受験生試験問題教えるなどの不正行為犯罪である。日本では刑法197条 - 198条に規定されている賄賂罪該当する看護師国家試験問題漏洩事件どの日本の国試験問題漏洩では、漏洩した試験問題作成者処分されたが、受験生処分されなかった。 「価値のある物・行為」は、金銭物品不動産昇進特権給与増、性、快楽情報投票行為行為約束特定の権力者への圧力などがある。

※この「賄賂」の解説は、「学業不正」の解説の一部です。
「賄賂」を含む「学業不正」の記事については、「学業不正」の概要を参照ください。


賄賂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 02:32 UTC 版)

赤穂事件」の記事における「賄賂」の解説

当時文献には吉良暗に賄賂を要求したのに浅野内匠頭十分な賄賂をおくらなかった事が両者不和原因だとするものがある。ただし、五千石高家である吉良から浅野などの大名指南を受ける場合指南料や何らかの贈り物をするのが当時としては慣例となっており、当然だった。 賄賂に関して書かれ文献には例えば『江赤見聞記』の一巻があり、以下のように記されている: 上野介欲ふかき人故、前々務めなされ候御衆、前廉より御進物等度々これ有るに付き喜六、政右衛門御用人どもまで申し達し御用人共も度々その段申し上げ候処、内匠頭仰せにも、御馳走御用相済み上にてはいか程もこれを進らせらるべく候前廉に度々御音物これ有る儀は如何し思し召され候由仰せられ候。尤も、格式御付届け音物前廉遣わされ候由也。 (上野介欲が深い人なので、以前に御勤めなさった方も、前もって御進物等を度々していたので、喜六や政右衛門御用人たちまで伝え御用人たちも度々その段申し上げたけれども、内匠頭様は「御馳走御用済んだ後にどれほどでも進(まい)らせたいと思う。しかし、前もって度々御進物を贈るのは、如何かと思う」と仰せられました。もっとも、決まった御付届け進物前もって遣わされていたということです) 文中にある「喜六、政右衛門」は建部喜六250石)と近藤右衛門(250石)で、ともにこうした折衝にあたる江戸留守居役である。 また事件直後書かれた『秋田藩家老岡本元朝日記』にも次のようにある 吉良殿日頃かくれなきおうへい人ノ由。又手ノ悪キ人二て、且物を方々よりこい取被成事多候由先年藤堂和泉殿へ始て御振舞二御越候時も、雪舟ノ三ふく対御かけ候へハ則こひ取被成候よし。ケ様之事方々て候故、此方様へ御越之時も御出入衆内々二て、目入能道具被出候事御無用御申被成候由二候。 (吉良殿は平生から横柄な態度で有名な人物ということです。また手の悪い人で、方々から物をせびりなさる事が多いということです。先年藤堂和泉殿(高久伊勢津藩主)へはじめて御振舞に御越になった時も、雪舟三幅対の御掛け軸をかけたところ、せびって自分の物にしたということです。このような事を方々なされるので、こちら様へ御越の時も御出入の旗本衆が内々に、よい御道具出されない方がよい御申なされたという事です) ただしこの記事事件直後ものであるのにもかかわらず、この文章前段には、松の廊下刃傷事件の顛末綴られているが、「切り付けられた義央が刀に手を掛けて「何をするか」と取って斬り返した」などと記されている。しかしこれは、実際の刃傷経緯とはかなり異なる(梶川与惣兵衛証言とも逸脱している)。 尾張藩士の朝日重章も『鸚鵡籠中記』に次のように記している吉良欲深き者故、前々音信にて頼むに、今度内匠仕方不快とて、何事に付けて言い合わせ知らせなく、事々において内匠齟齬すること多し内匠これを含む。今日殿中において御老中前に吉良いいよう今度内匠万事不自由ふ、もとより言うべからず公家衆不快に思さるという。内匠いよいよこれを含み座を立ち、その次の廊下にて内匠刀を抜きて詞を懸けて吉良烏帽子をかけて頭を切る (吉良欲が深い者なので、前々から贈り物をして物を頼んでいたが、今度内匠頭やり方不快だということで何事につけても知らせをせず、内匠頭間違って恥をかくことが多かった内匠頭はこれを遺恨思って座を立ち、その次の廊下で、刀を抜き、声を懸けて吉良烏帽子ごと頭を斬った山本博文は、「朝日当時名古屋にいたため、全国的に広まった噂だったとみられる。」と考察している。しかし、『鸚鵡籠中記』は英邁と言われた徳川吉通を「愚行繰り返暗君」と評するなど、いわば主君侮辱する不忠臣」のような記述多く尾張藩では禁書扱い尾張徳川家では公式資料とはされていない

※この「賄賂」の解説は、「赤穂事件」の解説の一部です。
「賄賂」を含む「赤穂事件」の記事については、「赤穂事件」の概要を参照ください。


賄賂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/22 09:59 UTC 版)

エアバス」の記事における「賄賂」の解説

2020年2月4日航空機売買契約巡り世界各国政府関係者らに賄賂を繰り返していた問題米英仏の捜査機関計約4300億円の罰金を払う事で合意したが、日本にいる関係者違法な金が渡った疑いがあるとの報道は「事実ではない」と否定した

※この「賄賂」の解説は、「エアバス」の解説の一部です。
「賄賂」を含む「エアバス」の記事については、「エアバス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「賄賂」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

賄賂

出典:『Wiktionary』 (2021/08/06 23:42 UTC 版)

名詞

(わいろ)

  1. 便宜計らってもらうために贈る金品
  2. 職務に関して授受される不正報酬

発音(?)

わ↘いろ

類義語

関連語

翻訳


「賄賂」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



賄賂と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「賄賂」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
94% |||||

6
94% |||||

7
76% |||||

8
74% |||||

9
74% |||||

10
74% |||||

賄賂のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



賄賂のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2023 時事用語のABC All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの賄賂 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの学業不正 (改訂履歴)、赤穂事件 (改訂履歴)、エアバス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの賄賂 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS