apとは?

AP(エー・ピー)

Associate Personの略で、商品取引関係者を意味します。彼らはFCMIBCTAまたはCPOに代わって、事務処理以外に売買注文勧誘もしくは顧客注文受託権限、またはこれに従事する者を監督する権限を持っています。

アクセスポイント

別名:サービスポイント
【英】AP, SP, Access Point, Service Point

アクセスポイントとは、電話回線無線LAN用いてネットワーク接続する際の接続先のことである。

電話回線におけるアクセスポイントは、インターネットサービスプロバイダISP)やパソコン通信サービス提供会社などが全国各所設け機器であり、ユーザーコンピュータ接続されたアナログ回線ISDN回線などの電話回線を使ってアクセスポイントまで電話をかけるダイヤルアップ)ことによってネットワーク接続することができる。

ADSLFTTHなどのブロードバンド普及したことでダイヤルアップネットワーク接続するユーザーは減っており、電話回線を用いたアクセスポイントは統廃合進んでいる。

無線LANにおけるアクセスポイントとは、無線LAN機器搭載したコンピュータ有線ネットワーク有線LAN)に接続する際の接続もしくは機器同士接続する場合接続先のことを指す。こちらは特に無線LANアクセスポイント呼ばれることが多い。

無線通信のほかの用語一覧
変復調方式:  直交検波  直交振幅変調
無線LAN:  Aterm  アクセスポイント  アドホック  アドホックネットワーク  エバネセント通信

AP

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

アデノシン3′‐りん酸

分子式C10H14N5O7P
その他の名称:Ap、Ado-3'-P、3'-Adenylic acid、Adenosine-3'-phosphoric acid、Synadenylic acid、シンアデニル酸、3'-AMPAdenosine 3'-phosphoric acid
体系名:アデノシン3'-りん酸アデノシン-3'-りん酸、3'-アデニル酸


5‐アリル‐5‐(2‐ヒドロキシプロピル)‐1‐フェニルバルビツル酸

分子式C16H18N2O4
その他の名称:AP、5-Allyl-5-(2-hydroxypropyl)-1-phenyl-2,4,6(1H,3H,5H)-pyrimidinetrione、5-Allyl-5-(2-hydroxypropyl)-1-phenylbarbituric acid
体系名:5-アリル-5-(2-ヒドロキシプロピル)-1-フェニル-2,4,6(1H,3H,5H)-ピリミジントリオン、5-アリル-5-(2-ヒドロキシプロピル)-1-フェニルバルビツル酸


Ap

名前 アプ

AP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/18 21:16 UTC 版)

APApap




「AP」の続きの解説一覧



apと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ap」の関連用語

apのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



apのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日本ユニコム日本ユニコム
Copyright(C) 2020 NIHON UNICOM CORPORATION All Rights Reserved.
日本ユニコム商品先物取引用語集
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリアクセスポイントの記事を利用しております。
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのAP (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS