YOSHIKIとは?

YOSHIKI

以下の映画YOSHIKI関連しています。
デジタルサイト


YOSHIKI

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/13 13:55 UTC 版)

YOSHIKI(ヨシキ、本名:林 佳樹(はやし よしき)[1]1965年(昭和40年)11月20日 - )は、日本ミュージシャンドラマーピアニストマルチプレイヤーソングライター音楽プロデューサー。身長175cm[3]。 愛称は「よっちゃん」。元俳優林光樹は実弟であり、現マネージャーでもある。また、元新体操日本代表選手松野ちか義妹に当たる。[要出典]




注釈

  1. ^ 地震発生当時、ロサンゼルス在住。
  2. ^ 24時間テレビはチャリティー番組であるが、出演者(メインパーソナリティーなど)に対してギャラが支払われている。
  3. ^ 番組当日は300万円と紹介されたが、後に番組側の誤りであったことが発覚した。

出典

  1. ^ a b 小松成美 『YOSHIKI/佳樹』 角川書店 2009年 58頁。
  2. ^ a b c YOSHIKI、台風被害の千葉に1000万円寄付 館山出身も公表”. サンケイスポーツ (2019年9月18日). 2019年9月18日閲覧。
  3. ^ “YOSHIKIがhydeとの親密ショットを公開、その身長差にクギヅケ!”. アサジョ. (2017年6月15日). https://asajo.jp/31277 2018年9月16日閲覧。 
  4. ^ a b 天皇陛下御即位十年をお祝いする国民祭典”. 天皇陛下御即位二十年奉祝委員会 (2009年10月14日). 2014年10月30日閲覧。
  5. ^ 「愛・地球博」イメージソングを元X JAPANのYOSHIKI氏に依頼”. 愛・地球博公式ウェブサイト (2002年2月25日). 2014年10月30日閲覧。
  6. ^ Golden Globes Theme Composed By Yoshiki”. Hollywood Foreign Press Association (2012年1月12日). 2014年10月30日閲覧。
  7. ^ The Pop Life: End of a Life, End of an Era”. ニューヨーク・タイムズ (1998年6月18日). 2007年8月6日閲覧。
  8. ^ 小松成美 2009, p. 58
  9. ^ a b YOSHIKI、米IT業界トップを京でおもてなし!”. 女性自身 (2013年10月30日). 2015年9月29日閲覧。
  10. ^ a b 『東京ジャーナル』(2013年秋号)
  11. ^ 小松成美 2009, p. 61
  12. ^ 小松成美 2009, p. 59
  13. ^ a b No.133 YOSHIKI -- 突破する力 --”. 朝日新聞グローブ (2014年8月3日). 2014年10月24日閲覧。
  14. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 『キーボード・マガジン』(2003年1月号)リットーミュージック
  15. ^ 小松成美 2009, p. 66
  16. ^ 小松成美 2009, p. 64
  17. ^ 小松成美 2009, p. 65
  18. ^ YOSHIKI電撃発表!X JAPAN20年ぶりアルバム発売
  19. ^ ニコナタ(音楽)YOSHIKI(X JAPAN)インタビュー
  20. ^ YOSHIKI サッカー部だったと振り返るも「紅カード専門」
  21. ^ a b 【インタビュー】YOSHIKIが語った抜け殻の2年間―”. 女性自身 (2009年7月7日). 2012年10月17日閲覧。
  22. ^ a b 『キーボード・マガジン』(2005年6月号)リットーミュージック
  23. ^ 小松成美 2009, pp. 80-81
  24. ^ SiriusXM Yoshiki Radio 2011年5月27日OA
  25. ^ 小松成美 2009, pp. 87-88
  26. ^ a b 小松成美 2009, p. 87
  27. ^ a b 小松成美 2009, p. 89
  28. ^ 小松成美 2009, p. 96
  29. ^ 『月刊カドカワ』(1992年1月号)角川書店
  30. ^ a b Yoshiki, X Japan: 10 drummers that blew my mind”. MusicRadar (2015年11月30日). 2019年3月6日閲覧。
  31. ^ 小松成美 2009, p. 97
  32. ^ YOSHIKI安房全生徒アルプス席招待”. 日刊スポーツ (2008年3月15日). 2019年10月25日閲覧。
  33. ^ 小松成美 2009, p. 110
  34. ^ a b c d 『ロッキンf』(2000年11月号)立東社
  35. ^ 小松成美 2009, p. 123
  36. ^ 小松成美 2009, pp. 125-126
  37. ^ a b 小松成美 2009, p. 128
  38. ^ 小松成美 2009, p. 131
  39. ^ 『POP MUSIC Artist 公式ホームページ INDEX 2000〜2001』主婦と生活社
  40. ^ 『オリコン・ウィークリー』(1990年2月5日号)オリジナルコンフィデンス
  41. ^ X - Blue Blood (CD, Album)”. Discogs. 2014年10月30日閲覧。
  42. ^ 第22回日本有線大賞”. 有線ランキング. 2013年9月9日閲覧。
  43. ^ 『R25』(2005年7月22日号)リクルート
  44. ^ 第4回日本ゴールドディスク大賞”. 日本レコード協会 (2014年2月27日). 2014年10月30日閲覧。
  45. ^ X Japan – Art Of Life”. Discogs. 2012年10月21日閲覧。
  46. ^ 小松成美 2009, p. 280
  47. ^ 第6回日本ゴールドディスク大賞”. 日本レコード協会 (2014年2月27日). 2012年9月16日閲覧。
  48. ^ 背徳の瞳/V2”. ORICON STYLE (2013年10月22日). 2014年10月30日閲覧。
  49. ^ 市川哲史 2005, p. 109
  50. ^ NHK「わたしはあきらめない」制作班 2003, pp. 102-103
  51. ^ 『WHAT's IN?』(1993年4月号)ソニー・マガジンズ
  52. ^ 第36回日本レコード大賞”. 日本作曲家協会 (2013年7月28日). 2014年10月30日閲覧。
  53. ^ Yoshiki & Roger Taylor – Foreign Sand”. Discogs. 2012年9月18日閲覧。
  54. ^ Various – Kiss My Ass: Classic Kiss Regrooved”. Discogs. 2012年9月18日閲覧。
  55. ^ 『日経エンタテインメント!』(1998年3月号)日経BP社
  56. ^ 『FOOL'S MATE』(2007年9月号)フールズメイト
  57. ^ a b c d 『日経エンタテインメント!』(2000年8月号)日経BP社
  58. ^ NHK「わたしはあきらめない」制作班 2003, pp. 66-67
  59. ^ a b c YOSHIKI、音楽レーベルを主催――インターネットでコンテンツ配信も”. ASCII.jp (2000年6月21日). 2012年2月5日閲覧。
  60. ^ globeに元X-JAPANの“彼”が加入…! その発表映像が到着!”. BARKS (2002年9月3日). 2014年10月30日閲覧。
  61. ^ 市川哲史 2006, p. 105
  62. ^ a b 9月25日 前売入場券発売を記念 2005年日本国際博覧会「愛・地球博」公式イメージソングCD発売決定!”. 愛・地球博公式ウェブサイト (2003年9月17日). 2012年10月5日閲覧。
  63. ^ 『FOOL'S MATE』(2003年4月号)フールズメイト
  64. ^ 元X-JAPANのYOSHIKIが楽曲を提供 花組公演「タカラヅカ舞夢!”. スポニチアネックス (2004年5月29日). 2014年10月30日閲覧。
  65. ^ Scorpio TRAX CD Maxi”. CDJapan. 2012年10月5日閲覧。
  66. ^ a b 小松成美 2009, p. 434
  67. ^ a b YOSHIKI / ETERNAL MELODY II”. コロムビアミュージックエンタテインメント. 2012年10月5日閲覧。
  68. ^ X JAPAN伝説のライブ・パフォーマンス「ART OF LIFE」~10年の歳月を経て初映像化~”. コロムビアミュージックエンタテインメント (2003年7月28日). 2012年10月5日閲覧。
  69. ^ 『FOOL'S MATE』(2007年9月号)フールズメイト
  70. ^ YOSHIKI, the honored guest at OTAKON 2006”. JaME WORLD (2006年9月24日). 2014年10月30日閲覧。
  71. ^ Japanese Music Invasion: J-Rock Revolution Festival Revealed Massive Subculture of Young American Fans for Japanese Rock—with video”. Label Networks Inc. (2008年9月16日). 2014年10月30日閲覧。
  72. ^ YOSHIKI、新バンド「SKIN」今夏始動を発表!”. ORICON STYLE (2007年5月27日). 2014年10月30日閲覧。
  73. ^ 【予告編】P!NKも熱演!パリの地下墓地を舞台にした恐怖映画『カタコンベ』公開!”. CDJournal (2007年9月28日). 2014年10月30日閲覧。
  74. ^ あのYOSHIKIが、パリス・ヒルトン次回作のプロデューサーに!”. シネマトゥデイ (2007年9月21日). 2014年10月30日閲覧。
  75. ^ YOSHIKI、X JAPAN再結成の真相を語る”. BARKS (2007年10月23日). 2014年10月30日閲覧。
  76. ^ YOSHIKI「東京大空襲」主題歌披露”. nikkansports.com (2008年3月13日). 2014年10月30日閲覧。
  77. ^ YOSHIKI、黒澤明とコラボ!”. MSN産経ニュース (2008年9月21日). 2008年9月21日閲覧。
  78. ^ 「ズームイン!!SUPER」30周年記念 ♪春のお天気テーマ♪のお知らせ”. 日本テレビ (2009年3月30日). 2014年10月30日閲覧。
  79. ^ ToshI感涙! “節約”ライブでソロ活動に終止符”. ORICON STYLE (2010年2月25日). 2014年11月27日閲覧。
  80. ^ <ToshI LAST CONCERT“武士JAPAN”>に重なった、若かりしX JAPAN”. BARKS (2010年2月25日). 2014年11月27日閲覧。
  81. ^ a b c YOSHIKIが米で初ラジオ番組”. fujisankei.com (2011年5月25日). 2014年10月30日閲覧。
  82. ^ YOSHIKI、米衛星ラジオ放送シリウスXMで「YOSHIKIラジオ」スタート”. BARKS (2011年5月14日). 2014年10月30日閲覧。
  83. ^ Yoshiki Radio”. SiriusXM (2011年5月28日). 2011年5月28日閲覧。
  84. ^ 米G・グローブ賞のテーマ曲が2年連続起用 ソロ名義初のiTunes配信も”. ORICON STYLE (2012年12月21日). 2014年10月30日閲覧。
  85. ^ YOSHIKIの手掛けるテーマ曲が、2年連続で米【ゴールデン・グローブ賞】彩る”. Billboard JAPAN (2012年12月21日). 2014年10月30日閲覧。
  86. ^ YOSHIKI 8年ぶりソロアルバム 新曲「Miracle」含むクラシックベスト盤”. 毎日新聞デジタル (2013年7月24日). 2013年7月28日閲覧。
  87. ^ 【イベントレポート】<An Evening with Yoshiki(YOSHIKIとの夜)>、ニコニコ生放送で感動のフィナーレ”. BARKS (2013年8月27日). 2014年10月30日閲覧。
  88. ^ YOSHIKI、初の単独世界ツアー開催へ”. ORICON STYLE (2014年2月20日). 2014年10月30日閲覧。
  89. ^ YOSHIKI ワールドツアーがフィナーレ、8月にディナーショー開催を発表”. Billboard JAPAN (2014年6月18日). 2014年10月30日閲覧。
  90. ^ 世界待望の新生『聖闘士星矢』主題歌を世界的アーティスト・YOSHIKIが書き下ろし!!世界で1番熱いコラボレーションが遂に実現!”. 東映アニメーション (2014年4月18日). 2014年10月31日閲覧。
  91. ^ グラミー・ミュージアムでYOSHIKI展”. NHKニュース (2014年2月23日). 2014年2月23日閲覧。
  92. ^ YOSHIKI、ソロ初の海外イベントで“バーチャルYOSHIKI”と連弾”. ORICON STYLE (2014年3月15日). 2014年3月17日閲覧。
  93. ^ YOSHIKI、ホログラムによるバーチャルYOSHIKIとの共演映像公開”. Musicman-NET (2014年3月24日). 2014年6月18日閲覧。
  94. ^ a b YOSHIKI、JAPAN EXPOに登場!サプライズな演出も!?”. All About (2014年7月24日). 2014年11月11日閲覧。
  95. ^ YOSHIKI「残された人生は命懸けでやります」初ディナーショーで誓い”. SANSPO.COM (2014年8月16日). 2017年10月3日閲覧。
  96. ^ a b YOSHIKI、ハローキティーの公式テーマソングを発表”. BARKS (2014年10月31日). 2014年11月24日閲覧。
  97. ^ YOSHIKI、「中居正広のミになる図書館」に反論……「真実と異なる」”. RBB TODAY. 2015年3月11日閲覧。
  98. ^ YOSHIKI「真実と異なる」「少し傷つきました」放送内容に不快感を露わ”. ミュージックヴォイス. 2015年3月12日閲覧。
  99. ^ GLAY、約束の東京ドーム完遂。最終日SPゲストにYOSHIKI”. BARKS (2015年5月31日). 2015年6月1日閲覧。
  100. ^ GLAY、東京ドームでYOSHIKIと夢共演 デビュー曲コラボに「幸せだなぁ」”. ORICON STYLE (2015年5月31日). 2015年6月1日閲覧。
  101. ^ YOSHIKI超プレミアムディナーショーに密着”. BARKS (2015年8月17日). 2017年10月3日閲覧。
  102. ^ YOSHIKIディナーショーが感動の閉幕。チャリティーオークションの落札総額は3460万円に”. Musiman-NET (2016年9月6日). 2017年10月3日閲覧。
  103. ^ YOSHIKI「KISS EXPO」にサプライズ登場”. BARKS (2016年10月13日). 2017年10月3日閲覧。
  104. ^ 音楽ナタリーYOSHIKI、人工椎間板置換手術成功&麻酔から覚醒後スタジオに直行 - 音楽ナタリー」2017年5月17日
  105. ^ モデルプレスX JAPAN・ToshI、YOSHIKIの手術成功にコメント - モデルプレス」2017年5月17日
  106. ^ YOSHIKI東名阪ディナーショー閉幕&チャリティオークション落札総額は4159万円に”. 音楽ナタリー (2017年9月3日). 2018年2月6日閲覧。
  107. ^ “YOSHIKI、Skrillexと「Endless Rain」奇跡のコラボ「フジロック」サプライズ 伝説のステージに”. モデルプレス. (2018年7月30日). https://mdpr.jp/music/detail/1782904 2018年8月4日閲覧。 
  108. ^ 動画】YOSHIKI、CMで“手料理”披露 ケチャップでサインも 「きよら グルメ仕立て」新CMが公開”. MAiDiGeTV (2018年9月3日). 2018-09-018閲覧。
  109. ^ ビジネスカンファレンス プログラム|Rakuten Optimism 2019” (日本語). 楽天市場. 2019年8月3日閲覧。
  110. ^ ファンクラブ会員様限定 「Rakuten YOSHIKI Night 8/2」 ご招待のお知らせ” (日本語). yoshiki-mobile.jp (2019年7月28日). 2019年8月3日閲覧。
  111. ^ YOSHIKI、重大発表予告もハプニングで断念” (日本語). SANSPO.COM(サンスポ) (2019年8月3日). 2019年8月3日閲覧。
  112. ^ ライブパフォーマンス|Rakuten Optimism 2019” (日本語). 楽天市場. 2019年8月3日閲覧。
  113. ^ YOSHIKI“重大発表”延期は「僕のフライング。申し訳ない」”. www.sponichi.co.jp. 2019年8月3日閲覧。
  114. ^ “YOSHIKI、ファンと触れ合い右手首の状態悪化 ドクターストップも公演続行”. ORICON NEWS. (2019年8月11日). https://www.oricon.co.jp/news/2142174/full/ 2019年8月14日閲覧。 
  115. ^ “YOSHIKI ファンに引っ張られて右手首靱帯の状態悪化 ディナーショー中に 公演は続行”. 中日スポーツ. (2019年8月11日). https://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2019081102100038.html 2019年8月14日閲覧。 
  116. ^ 市川哲史 1992, p. 229
  117. ^ a b c d ダイアモンド社刊『FM STATION』1991年8月19日号128P-129Pより。
  118. ^ 『FOOL'S MATE』(2003年11月号)フールズメイト
  119. ^ a b c 『UV』Vol. 79、ソニー・マガジンズ、 ISBN 4-7897-9464-4
  120. ^ 市川哲史 1992, p. 204
  121. ^ 角川書店刊「月刊feature」1999年6月号14Pより。
  122. ^ a b c d e The GRAMMY.com Interview: Yoshiki”. GRAMMY.com (2013年10月24日). 2014年11月28日閲覧。
  123. ^ a b c d e f 『リズム&ドラム・マガジン』(2008年6月号)リットーミュージック
  124. ^ 『WAHT's IN?』(1992年1月号)ソニー・マガジンズ
  125. ^ a b c d e f g h i 『月刊ギグス』(1997年2月号)シンコーミュージック・エンタテイメント
  126. ^ フォーカルチャー』(2014年11月/12月号)
  127. ^ 『FOOL'S MATE』(1994年7月号)フールズメイト
  128. ^ YOSHIKI、ロックに目覚めた3枚 「キッス・アライヴ!~地獄の狂獣」”. MSN産経ニュース (2008年11月16日). 2008年11月16日閲覧。
  129. ^ 『リズム&ドラム・マガジン』(1991年8月号)リットーミュージック
  130. ^ 『リズム&ドラム・マガジン』(1990年4月号)リットーミュージック
  131. ^ ロッキンf 1997年7月号別冊 Rockin' Take CAFE(立東社) pp160 (ロッキンf 1989年9月号掲載分)
  132. ^ a b 『ロッキンf』(1989年11月号)立東社
  133. ^ a b c 『月刊ギグス』(2002年6月号)シンコー・ミュージック
  134. ^ NHK「わたしはあきらめない」制作班 2003, p. 58
  135. ^ TBS『世界バリバリ★バリュー』2007年1月24日OA
  136. ^ PROFILE YOSHIKI”. TAMA Drums. 2013年5月9日閲覧。
  137. ^ a b c d e f 『月刊ギグス』(1996年5月号)シンコーミュージック・エンタテイメント
  138. ^ Drummer Blog: X Japan’s Yoshiki on His Evolving Setup”. Modern Drummer (2014年10月20日). 2014年11月22日閲覧。
  139. ^ Signature Sticks”. TAMA Drums. 2013年5月9日閲覧。
  140. ^ a b 『音楽と人』(1996年12月号)シンコーミュージック・エンタテイメント
  141. ^ YOSHIKI、7月27日(月)頸椎椎間孔切除の手術”. BARKS (2009年7月27日). 2014年10月30日閲覧。
  142. ^ YOSHIKI:首の回復は「100%無理」と告白 3年以内に再手術も”. 毎日新聞 (2009年8月24日). 2009年8月24日閲覧。
  143. ^ a b c 『月刊ギグス』(1993年1月号)シンコー・ミュージック
  144. ^ a b 『ロッキンf』(2001年2月号)立東社
  145. ^ YOSHIKI 愛と生と死”. magazineworld.jp (2008年11月20日). 2009年2月10日閲覧。
  146. ^ YOSHIKI、子供たちに音楽室をプレゼント”. BARKS (2009年4月6日). 2014年10月30日閲覧。
  147. ^ YOSHIKIが愛用ピアノをオークション出品 収益金全額を被災地に寄付”. ORICON STYLE (2011年3月14日). 2014年11月1日閲覧。
  148. ^ YOSHIKI基金設立パーティで、X JAPANが新曲を初披露!”. チケットぴあ (2010年7月5日). 2012年9月24日閲覧。
  149. ^ Donate Funds”. Yoshiki Foundation America. 2014年10月30日閲覧。
  150. ^ YOSHIKI愛用のクリスタルピアノ、4月17日よりYahoo! JAPAN「チャリティ・オークション」に登場”. BARKS (2011年4月11日). 2011年4月22日閲覧。
  151. ^ YOSHIKIピアノ1100万円落札”. nikkansports.com (2011年4月29日). 2014年11月21日閲覧。
  152. ^ YOSHIKI、米ボランティア支援団体セレモニーで食事権を寄付”. BARKS (2012年9月8日). 2012年9月12日閲覧。
  153. ^ Yoshikiのクリスタルピアノに続き、マリリン・マンソンやアンソニー・キーディスも参加”. BARKS (2011年4月16日). 2013年9月5日閲覧。
  154. ^ YOSHIKIと食事する権利に1万ドル超の入札”. モデルプレス (2012年9月8日). 2012年9月12日閲覧。
  155. ^ 入札殺到! YOSHIKI独り占めディナー権”. SANSPO.COM (2012年9月9日). 2012年9月12日閲覧。
  156. ^ Private dinner with Yoshiki auctioned for $37,100”. Jrockrevolution (2012年9月27日). 2014年11月21日閲覧。
  157. ^ YOSHIKI、「YOSHIKIのピアノでX JAPANの曲を歌う権利」を出品”. BARKS (2012年10月26日). 2012年11月7日閲覧。
  158. ^ a b c YOSHIKI、「プライベートディナー権」をチャリティーオークションに”. BARKS (2014年11月20日). 2014年11月21日閲覧。
  159. ^ YOSHIKI、Gグローブ賞テーマ曲を初世界配信”. スポーツ報知 (2012年12月20日). 2012年12月21日閲覧。
  160. ^ YOSHIKI、111カ国配信&全収益寄付”. SANSPO.COM (2012年12月21日). 2012年12月21日閲覧。
  161. ^ a b YOSHIKIディナー権、異例の2人落札 過去最高額738万円”. ORICON STYLE (2014年12月16日). 2014年12月16日閲覧。
  162. ^ 音楽ナタリーYOSHIKI、熊本地震被災者支援に1000万円寄付「少しでも被災者のためになれば」 - 音楽ナタリー」2016年4月21日
  163. ^ BARKSYOSHIKI、ハリケーン被害の米テキサス州へ寄付 | YOSHIKI | BARKS音楽ニュース」2017年9月1日
  164. ^ YOSHIKI、被災地へ1000万円義援金 日本では公表に賛否も「寄付の輪が広がるならいい」”. スポーツ報知. 報知新聞社 (2018年7月14日). 2018年7月20日閲覧。
  165. ^ “YOSHIKI、盲目の少年と『24時間テレビ』で感動のパフォーマンス”. BARKS. (2018年8月27日). https://www.barks.jp/news/?id=1000159154 2018年8月28日閲覧。 
  166. ^ “日テレ『24時間テレビ』、YOSHIKIに寄付金めぐり土下座!? 致命的“放送ミス”とは”. サイゾーウーマン. (2018年8月29日). http://www.cyzowoman.com/2018/08/post_199527_1.html 2018年8月30日閲覧。 
  167. ^ “YOSHIKI、北海道胆振東部地震 被災地へ1000万円を寄付”. BARKS. (2018年9月12日). https://www.barks.jp/news/?id=1000159665 2018年9月16日閲覧。 
  168. ^ YOSHIKI、京都アニメーションへ1000万円を寄付「支援の輪が広がることを願っています」 ORICON NEWS 2019年8月1日
  169. ^ a b 小松成美 2009, p. 223
  170. ^ 小松成美 2009, p. 452
  171. ^ a b Extasy Records”. Discogs. 2009年10月21日閲覧。
  172. ^ Studio History”. 17 Hertz Studio. 2014年10月21日閲覧。
  173. ^ ビルボード』(1998年4月18日号)
  174. ^ 『サウンド&レコーディング・マガジン』(2001年11月号)リットーミュージック
  175. ^ a b 2013 YOSHIKI ARTS 直筆サイン入りシルクスクリーン”. 株式会社オネスティ・プラス. 2014年11月27日閲覧。
  176. ^ 【株式会社桑山】世界的アーティスト YOSHIKI とコラボレーション。ハイファッションジュエリーブランド「YOSHIKI JEWELRY」から新作発表”. PR TIMES (2008年9月24日). 2014年11月27日閲覧。
  177. ^ X JAPANの「YOSHIKI」オリジナルカードを発行”. 三井住友カード (2008年12月24日). 2014年11月27日閲覧。
  178. ^ YOSHIKIプロデュースワイン“Y by Yoshiki”販売開始”. ValuePress! (2009年10月19日). 2014年11月27日閲覧。
  179. ^ YOSHIKI:プロフィール・バイオグラフィ・リンク”. BARKS. 2014年11月27日閲覧。
  180. ^ a b スパイダーマンのクリエイターがYOSHIKIをアメコミキャラに採用”. Musicman-NET (2011年7月25日). 2014年11月27日閲覧。
  181. ^ CONRAD LEACHが描くYOSHIKIの「静」と「動」”. cafegroove (2012年1月20日). 2014年11月27日閲覧。
  182. ^ YOSHIKI、自らの耳で選び抜いたコラボヘッドフォン発売記念イベントを開催”. Musicman-NET (2013年12月13日). 2014年11月28日閲覧。
  183. ^ YOSHIKIヘッドホン 「SL150 YOSHIKI special edition」数量限定で発売”. Digiland (2014年11月17日). 2014年11月28日閲覧。
  184. ^ MP3音楽データ再生方法及び装置”. J-Tokkyo. 2014年11月16日閲覧。
  185. ^ YOSHIKI氏をエグゼクティブプロデューサーに迎え、エナジードリンク「ROCKSTAR」、日本上陸。”. フードリンクニュース (2008年9月17日). 2014年10月30日閲覧。
  186. ^ 2009年 童夢GT参戦体制発表”. DOME (2009年2月11日). 2014年10月30日閲覧。
  187. ^ X JAPANのYOSHIKI、Ustreamのエグゼクティブアドバイザーに就任”. CNET Japan (2009年8月24日). 2014年10月30日閲覧。
  188. ^ ファウンダー陣の紹介”. アレックス. 2010年12月16日閲覧。
  189. ^ ニフティクラウド クリエイター向けSNS事例「FREEWORLD」”. ニフティクラウド (2012年2月9日). 2013年9月27日閲覧。
  190. ^ 独自 ベンチャーEV初認証 YOSHIKIさんも出資”. ワールドビジネスサテライト (2012年9月28日). 2012年9月29日閲覧。
  191. ^ LAのジャパン・ハウスはハリウッドに アドバイザーにYOSHIKIさん就任”. 産経ニュース (2016年3月11日). 2016年3月16日閲覧。
  192. ^ LA「ジャパン・ハウス」アドバイザーにYOSHIKIさん”. TBS News (2016年3月11日). 2016年3月16日閲覧。
  193. ^ YOSHIKI、「YOSHIKIMONO」でデザイナー・デビュー、イベントの構想はファッションミュージカル”. BARKS (2011年2月9日). 2014年10月30日閲覧。
  194. ^ 『Hanako』 (941号) マガジンハウス
  195. ^ YOSHIKI、Ustream.tvのエグゼクティブ・アドバイザーに”. BARKS (2009年8月25日). 2014年10月30日閲覧。
  196. ^ BARKSYOSHIKI、<KISSエキスポ>にサプライズ登場 | YOSHIKI | BARKS音楽ニュース」2016年10月13日
  197. ^ ローリング・ストーンYOSHIKIとジーン・シモンズが語る、互いへの思いとドキュメンタリー『We Are X』 | Rolling Stone(ローリングストーン) 日本版」2016年10月14日
  198. ^ ソニー・マガジンズ刊『WHAT's IN?』1992年1月号25Pより。
  199. ^ ソニー・マガジンズ刊「PATi PATi」1992年2月号24Pより。
  200. ^ 学習研究社刊「The BEST HIT」1992年5月号57Pより。
  201. ^ 角川書店刊 『告白は踊る』 小室哲哉著より。
  202. ^ ソニー・マガジンズ刊 『WHAT's IN?』 2008年5月号より。
  203. ^ 小室哲哉が天才と認めた2人はYOSHIKIと… 「音楽に対してストイック」/芸能/デイリースポーツ online」より。
  204. ^ リットーミュージック刊 『キーボード・マガジン』 2017年SUMMER号 70Pより。
  205. ^ 久利生たか子 2002, p. 24
  206. ^ 久利生たか子 2002, p. 27
  207. ^ 『音楽誌が書かないJポップ批評52 X JAPANの全軌跡』別冊宝島1520号、宝島社、 ISBN 978-4-7966-6314-4
  208. ^ 『音楽誌が書かないJポップ批評27 X JAPANと「ヴィジュアル系」黄金伝説』、宝島社 72Pより。
  209. ^ シンコーミュージック刊 『誰も教えてくれなかった本当のポップ・ミュージック論』 市川哲史著より。
  210. ^ BURRN! 増刊号「METALLION」VOL.8 (シンコーミュージック・エンタテイメント 1999年6月発行)pp84
  211. ^ ロッキンf(立東社)2000年11月号 pp21
  212. ^ a b ソニー・マガジンズ刊『WHAT's IN?』1999年2月号92Pより。
  213. ^ 角川書店刊「月刊feature」1999年7月号90Pより。
  214. ^ YOSHIKIのファッションは「白金を歩くおばさま」 ドン小西が指摘”. AERA dot. (2018年11月27日). 2018年12月27日閲覧。
  215. ^ “YOSHIKI「楽天モバイル」CMキャラクターに就任、会見で“完全復活”へ意気込み”. 音楽ナタリー. (2016年8月25日). http://natalie.mu/music/news/199412 2016年8月25日閲覧。 
  216. ^ 『アイドルマスター シャイニーカラーズ』YOSHIKIさんが1周年記念TVCMに登場!“Xポーズ”ならぬ“Sポーズ”を披露”. アニメイトタイムズ. アニメイト (2019年3月28日). 2018年3月28日閲覧。
  217. ^ “YOSHIKI「シャニマス」1周年CMでSポーズ「アイドルの世界は新鮮でした」”. 音楽ナタリー. (2019年3月28日). https://natalie.mu/music/news/325667 2019年3月29日閲覧。 





固有名詞の分類

日本の実業家 東海林隆  端田泰三  YOSHIKI  小原英一  土田晃透
日本の作曲家 瀬川英史  久石譲  YOSHIKI  山路敦司  広沢タダシ
ポピュラー音楽の音楽家一覧 (日本・個人) 坂本龍一  久石譲  YOSHIKI  遠藤遼一  篠原ともえ
日本のミュージシャン 武川雅寛  坂本龍一  YOSHIKI  広沢タダシ  MANAMI N
日本の作詞家 椿三平  今井寿  YOSHIKI  広沢タダシ  服部逸郎
日本の音楽プロデューサー 下町兄弟  坂本龍一  YOSHIKI  山路敦司  片岡大志
日本の編曲家 瀬川英史  久石譲  YOSHIKI  有澤孝紀  NAOKI-T
作曲家 坂本龍一  久石譲  YOSHIKI  有澤孝紀  三枝成彰
日本のドラマー 山田亘  玉越理寛  YOSHIKI  岡井大二  宮上元克
日本の映画音楽の作曲家 坂本龍一  久石譲  YOSHIKI  嵐野英彦  三枝成彰
日本のピアニスト 天宮遥  久石譲  YOSHIKI  村松健  飯野糸穂子

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「YOSHIKI」の関連用語

YOSHIKIのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



YOSHIKIのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのYOSHIKI (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS