エレクトリックベースとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 楽器 > 楽器 > エレクトリックベースの意味・解説 

エレクトリック・ベース[electric bass]

ソリッド・ボディーのエレクトリック・ギターに、通常のギターより1オクターブ低い音を出すための弦を張ったものがエレクトリック・ベース。弦のテンションを保つために、ネック長さ普通のギターより大長くなる通常ウッド・ベースと同じように低音側の弦4本だけを張るように作られているが、かつてはギターと同じように6本弦を使用するもの使われていた。ちなみに1990年頃から盛んに使われだした5弦ベースは、4弦のエレクトリック・ベースの最低音のさらに下の音域を出すための弦をプラスしたもので、クラシックでいうところのコントラバス5弦ベース)と同じ考え方をしている。ボディー・シェイプもソリッドばかりでなく、セミ・アコースティック・タイプのものもある。記譜実音より1オクターブ高く書かれる調弦次のとおり。1弦:G、2弦:D、3弦:A、4弦:E

エレクトリックベース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 07:38 UTC 版)

エレクトリックベースギター(electric bass guitar エレクトリックベースエレキベースとも)とは電気楽器の一種であり、低音部の撥弦楽器である。日本では「エレクトリック・ベースギター」と略さずに呼ばれることは少なく、エレキベース、ベースギター、あるいは単にベースと呼ばれる(本項本文では主にエレキベースと表記する)。は基本的に4本[1]。5本や6本以上のものは多弦ベースとも呼ばれる[2]。ポピュラーな楽器だが、1940年代に登場した際には非常に高価な楽器だった。ベース弦もギター弦に比べると高価である[3]。また左利き用ベース本体価格は新品の場合、右利き用の概ね25%程度の価格増しとなる。


  1. ^ エレキベースとはどういう楽器? - ベースの初心者
  2. ^ <Cap, Ariane (2018). Music Theory for the Bass Player: A Comprehensive and Hands-on Guide to Playing with More Confidence and Freedom. CapCat Music Media. p. 10. ISBN 978-0-9967276-3-1. Retrieved May 12, 2020.
  3. ^ ベース弦はなぜ高い?メーカーさんに直接聞いてみた - RAG MUSIC 楽器入門 楽器をもっと楽しむWebマガジン
  4. ^ フェンダーベースの特徴と種類別おすすめベース5選+弦・アンプ” (日本語). ピカップ. 2018年9月21日閲覧。
  5. ^ About | Fender Musical Instruments”. 2018年9月21日閲覧。
  6. ^ エレキベースのメーカー - ベースの初心者
  7. ^ ジェームス・ブラウンのJBズのあと、Pファンクに移ったファンク・ベーシスト
  8. ^ アレサ・フランクリンらの録音に参加した南部のベーシスト
  9. ^ “Ohio Players bassist Marshall Jones dies at 75”. Philadelphia Tribune. (2016年5月27日). https://www.phillytrib.com/ohio-players-bassist-marshall-jones-dies-at/article_c79f340a-8065-5877-88ff-59424940f483.html 2021年9月8日閲覧。 
  10. ^ アンディ・フレイザー ディスコグラフィ 2021年8月7日閲覧
  11. ^ Grand Funk Railroad”. NME. 2021年8月7日閲覧。
  12. ^ Mel Schacher”. Theamericanband.com. 2021年8月7日閲覧。
  13. ^ 世界の有名ベーシスト スタジオラグへおこしやす
  14. ^ ジミー・ジェイムズ&ヴァガボンズ出身のフィル・チェンは「ホット・レッグズ」でもベースをひいている。また彼はボブ・マーレー、レイ・チャールズ、ピート・タウンゼントなど、多くの音楽家と共演している
  15. ^ ウィルトン・フェルダー、スティックス・フーパーらがメンバー
  16. ^ 『ビートルズ・ロック・ベース教室』シンコー・ミュージック、初版、1996年8月12日。45頁。ISBN 4-401-12023-X
  17. ^ Inc., mediagene「15弦ベースってどんな音がするの?」『』、2017年11月5日。2018年9月21日閲覧。


「エレクトリックベース」の続きの解説一覧

エレクトリックベース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/31 06:07 UTC 版)

カール・ヘフナー」の記事における「エレクトリックベース」の解説

500-1 エレクトリックベースの主力モデルである「500-1」は、ヴァイオリンのようなその形状から通称ヴァイオリンベース」と呼ばれるモデルである。 イギリスの有名ロックバンド、『ビートルズ』のベーシストであったポール・マッカートニーが、デビュー当時から500-1のレフティモデル使用していたことで有名になった。 ポール最初に入手したモデルは、ヘッド部分の「HOFNER」のロゴゴシック体に近い書体縦書きになっており、リアピックアップがフロントピックアップのすぐ隣についている1961年製の前期型モデルであり、このモデルは『キャバーン・ベース』という通称知られているポール1963年入手した2本目モデル1963年製の後期型モデルであり、ヘッドの「Hofner」のロゴ横書き筆記体になっており、二つピックアップの間隔片方ネック寄りもう一方ブリッジ寄り前期型より広くなっているなどの相違点がある。 500-5 アマチュア時代の『ビートルズ』のメンバーであったスチュアート・サトクリフが所持していたアコースティックタイプのベース

※この「エレクトリックベース」の解説は、「カール・ヘフナー」の解説の一部です。
「エレクトリックベース」を含む「カール・ヘフナー」の記事については、「カール・ヘフナー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「エレクトリックベース」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



エレクトリックベースと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

エレクトリックベースのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



エレクトリックベースのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ヤマハミュージックメディアヤマハミュージックメディア
Copyright(C) 2000-2022 YAMAHA MUSIC MEDIA CORPORATION. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディア音楽用語ダス
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエレクトリックベース (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのカール・ヘフナー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS