アポヤンドとは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 音楽用語 > アポヤンドの意味・解説 

アポヤンド[apoyando(西)]

ギターベースの弦を指の腹側で弾いた直後次の上でストップさせる右手奏法のひとつ。クラシック・ギターフラメンコ・ギター一般的だった奏法だが、しっかりとした太い音が得られるため、現在ではエレクトリック・ベースでも必要不可欠奏法となっている。

フィンガー・ピッキング

(アポヤンド から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/11/07 07:25 UTC 版)

フィンガー・ピッキング(Finger picking)とは、ギターなどの撥弦楽器を、ピックなどを使わず、先とを使って弾(はじ)き演奏する奏法[注 1]指弾きヴァイオリンコントラバスを含むクラシック楽器に用いる場合はピッツィカート、もしくはピチカートと呼ぶ。


  1. ^ ただし、英語圏ではその動作を指してフィンガー・ピッキングという事はあっても、その奏者の演奏スタイルを指す場合にはFinger styleと呼称する事の方が一般的である。


「フィンガー・ピッキング」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アポヤンド」の関連用語

アポヤンドのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



アポヤンドのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ヤマハミュージックメディアヤマハミュージックメディア
Copyright(C) 2000-2019 YAMAHA MUSIC MEDIA CORPORATION. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディア音楽用語ダス
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフィンガー・ピッキング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS