ヒューマンビートボックスとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ヒューマンビートボックスの意味・解説 

ヒューマン‐ビートボックス【human beatbox】

ヒップホップ音楽スクラッチパーカッションなどの音を、声や息の出し方でまねること。→ボイスパーカッション


ヒューマンビートボックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/13 10:00 UTC 版)

ヒューマンビートボックス(Humanbeatbox)は、人間の発話器官を使って音楽を創りだす音楽表現の形態の一つである。略称はビートボックス、あるいはHumanBeatBoxという英語の頭文字を取ってHBBと略字で表記する場合もある。演奏者はビートボクサーと呼ばれ、通常は本名ではなくステージネームで呼ばれる。


  1. ^ 河本洋一『音楽表現の新たな素材としてのヒューマンビートボックスに関する基礎研究』2014~2017年 日本学術振興会科学研究費基盤研究(C)26370193の研究成果に基づく定義
  2. ^ 「直接的模倣音」とは、擬音語や擬態語とは異なり、我々が普段使っている言葉の発音としては捉えることのできない、直接的に模倣された音という意味である。(河本洋一『音楽表現の新たな素材としての模倣音の探求〜非言語音による直接的模倣音のための発音器官の使い方〜』音楽表現学vol.7,2009 p.19)
  3. ^ Patryk Matela. 2014. "Human Beatbox-Personal Instrument-" MERKURIUSZ POLSKI pp.14-17
  4. ^ a b 河本洋一 『ヒューマンビートボックスの可能性についての一考察〜ビートボクサーへの聞き取り調査とワークショップを通して〜』 2012 札幌国際大学紀要第43号 p.155
  5. ^ 科学研究費助成事業データベース https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-26370193/
  6. ^ 河本洋一『日本におけるヒューマンビートボックスの概念形成~世界的な潮流と日本人ビートボクサー“Afra”との関わりから~』2019 『音楽表現学』 Vol.17 pp.33-52
  7. ^ https://www.humanbeatboxlab.jp/
  8. ^ Tyte, Gavin. 2005 "What about Indian music?" Pre-History of Beatboxing: HUMANBEATBOX.COM Article of Beatboxing Part1
  9. ^ Doug E Fresh from USA - Interview”. Beatbox Battle TV. 2019年12月6日閲覧。
  10. ^ トリーシャ・ローズ(Tricia Rose)著 新田啓子訳 『ブラック・ノイズ』 2009 みすず書房 p.134
  11. ^ Fat Boys - Rap Group Interview with Bill Boggs”. Bill Boggs TV. 2019年12月6日閲覧。
  12. ^ Patryk Matela. 2014. "Human Beatbox-Personal Instrument-" MERKURIUSZ POLSKI p.12
  13. ^ FUJI XEROX DocuCenter Color f450 CM”. MUSIC NET. 2019年12月6日閲覧。
  14. ^ 河本洋一『日本におけるヒューマンビートボックスの概念形成~世界的な潮流と日本人ビートボクサー“Afra”との関わり~』2019 『音楽表現学』Vol.17 p.47 
  15. ^ フジテレビ系列『力の限りゴーゴゴー』(2001年5月から2002年9月)“ハモネプ・リーグ”
  16. ^ 河本洋一『日本におけるヒューマンビートボックスの概念形成~世界的な潮流と日本人ビートボクサー“Afra”との関わりから~』2019 『音楽表現学』Vol.17 p.35
  17. ^ 同上書
  18. ^ Patryk Matela. 2014. "Human Beatbox-Personal Instrument-" MERKURIUSZ POLSKI pp.14-17


「ヒューマンビートボックス」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ヒューマンビートボックス」の関連用語

ヒューマンビートボックスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ヒューマンビートボックスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヒューマンビートボックス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS