スクラッチとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > スクラッチ > スクラッチの意味・解説 

スクラッチ


スクラッチ【scratch】

[名](スル)

引っかくこと。刻みつけること。「スクラッチボード

こすり取ること。削ること。

レコード楽器として扱う、一種演奏法レコード盤を手で逆回転させてノイズ出したり、曲の途中で突然他の曲をかけたりすること。

ゴルフで、ハンディキャップをつけずに試合をすること。「スクラッチプレーヤー

印刷加工方法の一。隠したい印字部分銀色の特殊インキで覆ったもので、硬貨などでインキ削り取る印字あらわれる。宝くじや、プリペイドカード番号表示などに利用される。

初等教育用のプログラミング言語の一。2006年MITメディアラボ開発動作命令条件分岐などに対応する種々のブロック組み合わせることで、視覚的プログラム作成できる。ウェブアプリケーションとして利用可能。→ビジュアルプログラミング言語


スクラッチ

〔名〕 (英 scratch引っかく」の意)

ゴルフボウリングハンデ0のこと。また、ハンデをつけず競技すること。

ふだん着英国(1955)〈島田巽英国人七つの癖「相手シングルどころか時にはスクラッチの強者だったりすること稀ではないのである

野球ビリヤードでまぐれ当たりすること。

レコード盤と針の摩擦生ず雑音。針音(しんおん)。


スクラッチ

【英】scratch

磁気テープディスクなどの保存媒体再使用する際、既に書き込まれているデータ消してしまう処理。

スクラッチ

すくらっち

加工面に生じた線状のきず。

スクラッチ

 研磨したLPE試料ウエハー表面残存する研磨傷のこと。AFMにて観察される数nm上の深さの傷を持つ基板研磨不良とする。

スクラッチ

引っかくという英語の動詞から転じて、表面引っかいて描く技法を指すようになった。あらかじめ下の層に絵の具を塗っておいて乾かし、それを覆うように上層に別な絵の具を塗って、針などの鋭利なもので引っかくと下の絵の具線状現れてくる。描き足すのではなく引っかくことで初めて可能な、シャープ表情線を引くことができるのが特徴

スクラッチ

名前 Scratch

スクラッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/09 15:55 UTC 版)

スクラッチ英語scratch




「スクラッチ」の続きの解説一覧



スクラッチと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「スクラッチ」の関連用語

スクラッチのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



スクラッチのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2021by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
産業技術総合研究所産業技術総合研究所
Copyright © 2000-2021 , 独立行政法人 産業技術総合研究所
デジタルものづくり研究センター加工技術データベース
国際超電導産業技術研究センター国際超電導産業技術研究センター
Copyright (C) 2021 財団法人国際超電導産業技術研究センター All rights reserved.
横浜美術学院横浜美術学院
Copyright © 2021 横浜美術学院 AllRights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスクラッチ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS