再使用とは?

Weblio 辞書 > 建築・不動産 > 産廃用語 > 再使用の意味・解説 

再使用(さいしよう)

廃棄物をその状態のまま、同一使用目的で再び用いることを言う。

(例:回集された梱包緩衝材を、再度緩衝材として使用する。)


再使用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/08 06:33 UTC 版)

再使用(さいしよう)は、一度使用された製品を、そのまま、もしくは製品のあるモジュール(部品)をそのまま再利用することをいう環境用語である。リユー (Reuse) ともいう[注 1]




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ [riju:s]であるのでリユーではない
  2. ^ 例 : IT機器
  3. ^ 例 : 旧車としての価値を持たない低年式車
  4. ^ 例としてはカーエアコンに利用されたフロンなど
  5. ^ 容器に商品となる液体を詰めなおすこと

出典

  1. ^ 1年半でユーザー数80万人突破。無料の"地域広告掲示板"サービス「ジモティー」が急成長 DREAM GATE スマビ総研


「再使用」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「再使用」の関連用語

再使用のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



再使用のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
建機プロ建機プロ
Copyright (c) 2019 SHIN CATERPILLAR MITSUBISHI LTD.All rights reserved.
キャタピラージャパン建機プロ -次世代の砕石業研究会-
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの再使用 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS