ワンウェイ瓶とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 道具 > > ワンウェイ瓶の意味・解説 

ワンウェイ瓶

読み方:ワンウェイびん
別表記:ワンウェイビン

飲料容器などに使用される瓶のうち、使い捨て方式であり、同じ用途再利用されない瓶。破砕した後に他用途の原料として用いられる。ワンウェイ瓶に対して、瓶を洗浄した後再び同じ用途使用する前提の瓶をリターナブル瓶という。

ワンウェイ瓶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/01/09 02:58 UTC 版)

ワンウェイ瓶(ワンウェイびん)とは、再使用(リユース)を前提としないガラス製の容器)のことで、色別に分別された後に破砕されてカレットと呼ばれるリサイクル原料として用いられる。しかし、無色透明のガラス瓶と色の規格が決まっている茶色のガラス瓶は良いが、色の規格が決まっていない他の色のガラス瓶はリサイクルの仕方が限られてしまうという問題もある。




「ワンウェイ瓶」の続きの解説一覧



ワンウェイ瓶と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ワンウェイ瓶」の関連用語

ワンウェイ瓶のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ワンウェイ瓶のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのワンウェイ瓶 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS