分別収集とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > 分別収集の意味・解説 

ぶん べつしゅうしゅう -しうしふ [5] 【分別収集】

家庭などから出る廃棄物燃えるごみ燃えないごみ資源ごみ(缶・びん・古紙など)、有害ごみ(乾電池など)などに分けて集めること。

分別収集

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/02/10 07:24 UTC 版)

分別収集(ぶんべつしゅうしゅう)とは、廃棄物の中間処理(焼却処理やリサイクルなど)や最終処分を容易にするために、その材質ごとに廃棄物を分類し、それを収集することを指す。


[ヘルプ]
  1. ^ 横浜市のように強力な焼却炉を導入し、分別せず全て一括して収集、焼却し、焼却灰から不燃ゴミを取り出す自治体もあった。


「分別収集」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「分別収集」の関連用語

分別収集のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



分別収集のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの分別収集 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS