循環型社会とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 社会 > 循環型社会の意味・解説 

じゅんかんがた‐しゃかい〔ジユンクワンがたシヤクワイ〕【循環型社会】

天然資源消費抑制し、環境負荷低減を図る社会大量生産大量消費大量廃棄前提とした社会代わるものとして提示された概念廃棄物発生抑制し、排出された廃棄物はできる限り資源として利用し、利用できないものは適正処分することによって実現される。→循環型社会形成推進基本法


循環型社会(じゅんかんがたしゃかい)


循環型社会

大量生産大量消費大量廃棄型の社会代わるものとして提示された概念循環型社会形成推進基本法では、第一に製品等が廃棄物等となることを抑制し、第二排出された廃棄物等についてはできるだけ資源として適正利用し、最後にどうしても利用できないものは適正処分することが徹底されることにより実現される、「天然資源消費抑制され、環境への負荷ができる限り低減された社会」としている。

循環型社会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/12 22:54 UTC 版)

循環型社会(じゅんかんがたしゃかい)とは、有限である資源を効率的に利用するとともに、循環的な利用(リサイクルなど)を行って、持続可能な形で循環させながら利用していく社会のこと。英語の「サーキュラーエコノミー循環経済)」が類似の概念として国際的に2015年以降使われるようになってきたが、循環型社会との違いについては諸説存在する。




  1. ^ 橋本征二、森口祐一、田崎智宏、柳下正治 (2006). “循環型社会像の比較分析”. 廃棄物学会論文誌 17 (6): 204-218. doi:10.3985/jswme.17.204. 


「循環型社会」の続きの解説一覧



循環型社会と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「循環型社会」の関連用語

循環型社会のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



循環型社会のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2021 時事用語のABC All Rights Reserved.
内閣官房総合海洋政策本部内閣官房総合海洋政策本部
Copyright© Cabinet Secretariat, Cabinet Public Relations Office. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの循環型社会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS