砂漠化とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 砂漠化の意味・解説 

さばく‐か〔‐クワ〕【砂漠化】

読み方:さばくか

砂漠周辺の土地生産力失った状態のこと。過放牧森林破壊干魃(かんばつ)などが複合して砂漠拡大する


砂漠化

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

砂漠化(さばくか)

土地乾燥しサボテンなどの多肉植物以外の植物の生育不可能になること。


砂漠化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/30 02:53 UTC 版)

砂漠化(さばくか)とは、もともと植生に覆われた土地が、不毛地になっていく現象をいう。 また、ここでいう砂漠は「植物の生育や農業に適さない土地」といった意味が強く、かならずしも乾燥した地域を意味する砂漠気候の「砂漠」を意味しない。


  1. ^ 世界最大の砂漠である「サハラ砂漠」はかつて緑にあふれていた”. GIGAZINE (2019年9月3日). 2021年3月16日閲覧。
  2. ^ 深刻化する環境問題に耐えるモーリタニア |” (日本語). GNV. 2020年1月3日閲覧。
  3. ^ アフリカの巨大な緑の壁:サハラ砂漠の拡大防止に向けて”. GNV (2017年4月13日). 2021年3月29日閲覧。


「砂漠化」の続きの解説一覧

砂漠化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/23 01:31 UTC 版)

風食」の記事における「砂漠化」の解説

風食土砂運び去ること、また、土砂運びこむことの両方によって砂漠化の原因となる風食による土砂移動は、たびたび植生の根を露出させ、植生はしおれ乾燥するまた、風食によって土壌保水能を低下させ、植生生育不可能になる。こうして砂漠化がおこる。また、風によって運搬され土砂植生の上に堆積し植生生育不可能になることによっても砂漠化がおこる。

※この「砂漠化」の解説は、「風食」の解説の一部です。
「砂漠化」を含む「風食」の記事については、「風食」の概要を参照ください。


砂漠化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/22 10:19 UTC 版)

新疆ウイグル自治区」の記事における「砂漠化」の解説

新疆ウイグル自治区には、タクラマカン砂漠があるが、近年過放牧によって草原荒れて、砂漠化が進行している。その理由は、タリム盆地周縁オアシス人口急激な人口増加によるとされる漢族急激な入植による人口増加主な原因とされるタクラマカン砂漠ゴビ砂漠中国北部 内モンゴル甘粛寧夏陝西)、黄土高原などにおける砂漠などは、黄砂飛翔原でもあり、黄砂日本を含む東アジア広い範囲被害及ぼしている。

※この「砂漠化」の解説は、「新疆ウイグル自治区」の解説の一部です。
「砂漠化」を含む「新疆ウイグル自治区」の記事については、「新疆ウイグル自治区」の概要を参照ください。


砂漠化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/05 13:49 UTC 版)

「砂漠」記事における「砂漠化」の解説

地球上砂漠は、毎年600ヘクタール規模拡大続けている。これは、上記のような気候による影響だけではなく人間活動にともなう要素大きい。こうしたそれまで砂漠ではなかった場所が砂漠となることを砂漠化という。砂漠化にはそれまで土壌洪水風などによって流出し基盤露出し植物生育できなくなる土壌流出土壌中における塩類濃度上昇し植物育成できなくなる塩性化周辺にあった砂丘から砂漠ではない地域に砂が流れ込み農地などを飲み込んでしまう飛砂や流砂などがある。砂漠化はその地域居住する人々食料生産ができなくなることや、二酸化炭素の吸収源である森林減少し地球温暖化加速させるなどという深刻な影響がある。こうした砂漠化を進行させる原因としては、森林過剰な伐採により土地保水能力衰えることや、家畜過放牧過剰な焼畑農業過度の灌漑による土地塩性化などが指摘されている。中央アジア位置するアラル海においては、湖に流れ込むアムダリア川シルダリヤ川2つ大河水量沿岸地域における過度の灌漑カラクム運河への分水などによって大幅に減少してしまい、湖に流入するがほぼなくなったために湖水面積急速に縮小しかつてのアラル海ほとんどは乾燥した塩原となってしまっている。こうした砂漠化の進行を防ぐために、砂漠縁辺でのグリーンベルト造成草方格による砂丘移動防止などさまざまな対策取られているが、実効性上がっているとはいえない。 なお、こうした砂漠化防止とは別に、もともと砂漠だった場所に植物成育させ緑地化するいわゆる砂漠緑化行われているが、これは本来の砂漠から緑地へと自然を改変するものであり、生態系維持などの点か批判がある。 不確定要素あるものの、1980年2000年比べるとサハラ砂漠その周辺では、降雨量増加により緑化進行しているとされる

※この「砂漠化」の解説は、「砂漠」の解説の一部です。
「砂漠化」を含む「砂漠」の記事については、「砂漠」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「砂漠化」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

砂漠化

出典:『Wiktionary』 (2021/07/15 11:46 UTC 版)

名詞

砂漠 さばくか

  1. 植生覆われた土地植物育たない土地になってゆく現象

動詞

活用

サ行変格活用
砂漠化-する

翻訳


「砂漠化」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

砂漠化のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



砂漠化のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
建機プロ建機プロ
Copyright (c) 2022 SHIN CATERPILLAR MITSUBISHI LTD.All rights reserved.
キャタピラージャパン建機プロ -次世代の砕石業研究会-
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの砂漠化 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの風食 (改訂履歴)、新疆ウイグル自治区 (改訂履歴)、砂漠 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの砂漠化 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS