バイオ燃料とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 製造業 > 燃料 > バイオ燃料の意味・解説 

バイオ燃料

農産物食品廃棄物などを原料とした燃料のこと。

バイオマス燃料

別名:バイオ燃料
英語:Biomass Energy

動植物由来する有機資源利用して生み出された燃料総称液体燃料ガス燃料として加工され、従来化石燃料代替する用途での利用が進められている。

バイオマス燃料はさまざまな生物資源から得ることができる。その中で、より多量エネルギー効率的抽出でき、より環境への影響少なく生産が容易、といった条件の揃った素材求め研究が進められている。

バイオ燃料のうち、自動車などに活用可能な液体燃料加工したものバイオマスエタノールと呼ぶ。現在実用化されている主なバイオマスエタノール原料としては、わら、間伐材家畜糞尿トウモロコシサトウキビなどの農作物、などがある。

バイオマス燃料の用途としては、主に自動車などのエンジンバイオマスエタノールで動かす用途がある。他方東北電力2010年11月木質チップ石炭発電に混ぜて運用することを発表するなど、他の用途での実用化進みつつある。

関連サイト
社団法人日本有機資源協会

バイオ燃料「E3」

 バイオエタノールガソリン混合した自動車用「バイオ燃料」の販売10月9日から大阪府始まりました。バイオエタノールとは植物発酵させて作ったエタノールのこと。植物成長過程二酸化炭素CO2)を吸収することから、バイオ燃料は燃焼時にCO2排出しないとみなされますこのため、国は地球温暖化対策ひとつとして普及急いでいます。

 今回大阪府府内2カ所のスタンドバイオエタノールガソリンに3%だけ混合した「E3」(イー・スリー)と呼ばれるバイオ燃料を販売します。バイオ燃料では石油業界が「ETBE」(エチル・ターシャリー・ブチル・エーテル)と呼ばれる規格のバイオ燃料をすでに首都圏給油所販売するなど、規格をめぐり課題があるのは事実です。「E3」の普及目指す環境省大阪府事業通じ今後課題検証することにしています。

 価格レギュラーガソリン同程度設定される予定。また供給先は府内企業自治体限定する方針ですが、E3商用化は国内初めてとなります。

 普及にあたり大阪府では全国からの応募作品をもとに作成したロゴマークステッカー通じてE3使用車であることをPRすることにしています。



(掲載日:2007/10/13)

バイオ燃料

バイオ燃料

 バイオマス利活用国内で広がってきました。バイオマスとは家畜排泄物食品廃棄物稲わら籾殻もみがら)、間伐材のほか、トウモロコシ大豆菜種などの再生可能な生物由来有機資源のこと。いま特に注目集めているのが従来化石燃料代替となるバイオ燃料で、ガソリン代わりになるバイオエタノールと、軽油代わりになるバイオディーゼル自動車などの燃料として使う実証実験各地で進められています。

 バイオエタノールサトウキビ含まれる糖質トウモロコシ澱粉でんぷん)質などを、バイオディーゼル菜種油大豆油などの植物油化学処理して製造します。これらのバイオ燃料を使うことは地球温暖化防止にもつながります。バイオマス中の炭素はもともと大気中にあった二酸化炭素植物光合成することによって固定したものなので、そのバイオマス燃料として使って二酸化炭素排出しても大気中の二酸化炭素実質的には増えないからです。

 すでにバイオ燃料は米国欧州EU)、ブラジルなどで導入進み、その生産量年々増加しています。ただそれに伴い、バイオ燃料の原料となる作物価格世界的高騰する問題も起きています。
最近マヨネーズ果汁飲料値上げがありましたが、その背景にあるのが菜種油大豆油などの価格上昇です。バイオ燃料に使う量が拡大需給バランス崩れたため価格高騰しました。

 トウモロコシ小麦価格上昇しています。これまで果実生産していた業者がバイオ燃料の原料になる作物生産切り替えれば、果実生産量減ります。それが回り回って果汁飲料価格上昇にもつながっているのです。バイオ燃料を普及させるのは、このような問題解決なければなりません。そのため食料品価格影響少なヒマワリ油を使う研究なども国内進んでいます。



(掲載日:2007/07/17)

バイオ燃料

【英】: Biodiesel Fuel, BDF
主に植物エネルギー原料として作られるアルコール燃料を指す。具体的には木材でんぷんなどからエタノールメタノール食用として用いられる植物油ナタネ油など)からメチルエステルなどを作り、これを自動車燃料として利用することが多い。これらは、そのままエンジンで燃やしたり、化石燃料系のガソリン軽油と混ぜて利用されることもある。

バイオディーゼルオイル、BDFともいう。

この燃料は、自動車燃料として利用した場合地球温暖化の原因とされる化石燃料由来二酸化炭素排出がない。また、硫黄酸化物排出がないほか、一酸化炭素炭化水素(すすや黒煙)が少ないなどの特徴がある。 このようなことから、環境省でも、地球温暖化対策として、「京都議定書目標達成計画」案にもバイオ燃料の導入盛り込んでいる。

米国ブラジルではバイオエタノールガソリン混合した燃料を使ったり、EU諸国ではバイオディーゼル燃料利用が進められている。一方日本では、ガソリン比べ割高になるほか、燃費が悪いなど様々な改善求められる一般認知は低いが、一部地域ゴミ収集車市バス燃料採用されている。

バイオ燃料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/03 04:31 UTC 版)

バイオ燃料(バイオねんりょう)とは生物体(バイオマス)の持つエネルギーを利用したアルコール燃料、その他合成ガスのこと。石油のような枯渇性資源を代替しうる「非枯渇性資源」として注目されている他、二酸化炭素(CO2)の総排出量が増えない[1]と言われていることから、主に自動車航空機を動かす石油燃料代替物として注目されている。




  1. ^ a b あくまで理論上であるが、植物が取り込んだCO2を燃料にして排出させているため、差し引き排出量は0という見方をすることもできる。詳しくはカーボンニュートラルを参照。
  2. ^ 沖縄県伊江村におけるサトウキビ由来バイオマスエタノールの製造・利用に関する実証事業の開始について - 経済産業省報道発表 2005年8月4日
  3. ^ [1]世界初、第2世代バイオ燃料による テスト飛行実施 (2008年11月13日、ニュージーランド航空)
  4. ^ [JAL報道発表|http://press.jal.co.jp/ja/release/200901/001107.html]
  5. ^ [JAL広告より記念フライト案内 http://jlpk.jal.co.jp/hwi/jumbo/]
  6. ^ トヨタ、ブラジルでFFVを販売」 トヨタ自動車、2007年5月23日。
  7. ^ バイオ航空燃料開発、競争一段と ミドリムシや古着も 日本経済新聞 記事:2018/11/
  8. ^ 第二世代バイオ燃料の可能性
  9. ^ バイオエタノール「第2世代」元年 世界のVB、脱食糧原料へ
  10. ^ a b c d セルロースを分解しディーゼル、アルコール等を作る新しい微生物
  11. ^ 正念場を迎えた米国の第二世代バイオエタノール(2)
  12. ^ 食料と競合しないバイオ燃料
  13. ^ 亜臨界・超臨界水によるバイオマス廃棄物の有効利用技術の開発
  14. ^ 木質系バイオマス資源の超臨界水処理による石油代替エネルギーの獲得
  15. ^ 超臨界水法によるリグノセルロースからのバイオエタノール生産
  16. ^ 亜臨界水・超臨界水を用いたバイオマスの資源化技術が実用化へ
  17. ^ おから使いバイオ燃料製造 静岡油化工業」 中日新聞、2007年12月8日
  18. ^ 事業案内 エネルギー化再生事業 静岡油化工業株式会社
  19. ^ 超臨界水を使用したりして分解していた
  20. ^ UM Scientists Find Key to Low-Cost Ethanol in Chesapeake Bay
  21. ^ セルロース分解細菌「Saccharophagus dengradans」の パイロット試験
  22. ^ シロアリによるバイオエタノール製造に弾み
  23. ^ シロアリがエタノール生産の救世主に? 代替燃料技術の現在
  24. ^ シロアリの腸からバイオ燃料生産効率を高める新酵素を発見
  25. ^ 国エネルギー省(DOE: Department of Energy)の共同ゲノム研究所
  26. ^ “廃材をバイオ燃料に”. 沖縄タイムス (沖縄: 沖縄タイムス): pp. 1面. (2008年7月3日) 
  27. ^ シロアリの新しい利用法
  28. ^ シロアリ腸内共生系の高効率木質バイオマス糖化酵素を網羅的に解析
  29. ^ バイオエネルギー生産のためのシロアリ共生系高度利用技術の基盤的研究
  30. ^ 藻からバイオ燃料を抽出/新たなエネルギー源に期待」Web東奥、2008年2月26日
  31. ^ ユーグレナ、バイオジェット燃料の実証設備を6月着工 日本経済新聞、2017年2月10日
  32. ^ 微生物を用いた水素生産
  33. ^ 超好熱菌による廃棄バイオマスからの連続水素生産
  34. ^ 微生物による水素生産とその回収方法に関する研究
  35. ^ 微生物による有機資源からの発酵水素生産
  36. ^ シロアリは水素を作る -オカシなバイキン-
  37. ^ 実るか“バイオ燃料米” 登米で試験栽培始まる河北新報、2007年5月15日。
  38. ^ 「“休耕田”でコメを作れ〜農業再生へ チャンスを生かせるか〜」『クローズアップ現代』2007年5月15日、NHK
  39. ^ バイオ燃料は地球温暖化防止には貢献しない、ノーベル賞化学者が警告
  40. ^ Biofuels could boost global warming, finds study (21 September 2007)英語


「バイオ燃料」の続きの解説一覧



バイオ燃料と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「バイオ燃料」の関連用語

バイオ燃料のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



バイオ燃料のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
財団法人経済広報センター財団法人経済広報センター
Copyright(C) 2020 KEIZAI KOHO CENTER. SANGYO DATA PLAZA All Rights Reserved.
バイテクコミュニケーションハウスバイテクコミュニケーションハウス
copyright© communication house of biotechnology
農林水産省
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのバイオ燃料 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS