製材とは? わかりやすく解説

せい‐ざい【製材】

読み方:せいざい

伐採した木を角材や板に加工すること。「—所」

丸太原木丸太原木切削加工して寸法調整した木材製品建築をはじめ家具建具土木造船などに利用される挽き材


製材

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/30 04:33 UTC 版)

製材(せいざい)は、第1義には、伐採したを角材や板材に加工すること[1][2][3][4][5][6][7][注 1](用例:製材工[3]、製材所[1]、製材業[2])。第2義には、丸太や原木を切削加工して寸法を調整した木材製品をいう[1][2][4][5][6][7]。また、原木や大型の木材から必要な寸法・品質の木材を製材することを、古来の日本語では、動詞で「木取/木取る(きどる)[注 2]」、名詞で「木取/木取り(きどり)[注 3]」という[8][9]。あるいはまた、伐採前の木や伐採した後の簡単な始末を施しただけの木材を指す「原木(げんぼく)」[10]対義語として、その後の工程として製材された木材を意味する言い回しとして「製材品( - ひん)」がある[注 4]


注釈

  1. ^ 史料における用例:宮嶋資夫『金』(1926年刊)一七「製材(セイザイ)工は重さうなその木材を巧にさばいて」[3]
  2. ^ 史料における用例:松平家忠家忠日記』文祿2年(1593年)6月5日江戸にたて候こさしき木取候」[8]
  3. ^ 史料における用例:俳諧撰集『曠野』(1689年刊)二「月花の初めは琵琶の木どり哉 ──釣雪」[8]
  4. ^ 第2義として上述したように「製材」のままでその意味をもつが、添える「品」が限定詞的に働く。
  5. ^ 「サーイング」の外来語化は確認できない。「ソーイング」は日本語では「縫製」を意味する "sewing" が外来語として固定化しているため、「製材」の意味で用いられる可能性は低い。
  6. ^ 『デジタル大辞泉』、『大辞林』第3版. “帯鋸盤”. コトバンク. 2019年12月17日閲覧。
  7. ^ フォレ (Forez) はフランスの旧州であり,現代のロワール県の中央部、および、オート=ロワール県ピュイ=ド=ドーム県の一部に相当する地域。
  8. ^ 『精選版 日本国語大辞典』. “丸鋸盤”. コトバンク. 2019年12月17日閲覧。
  9. ^ 史料における用例:『中外商業新報』1906年(明治39年)8月31日「鉄道に三百五十万円、製材所設置費に百万円、其他の経費五十万円」[13]

出典

  1. ^ a b c 小学館『デジタル大辞泉』. “製材”. コトバンク. 2019年12月16日閲覧。
  2. ^ a b c 三省堂大辞林』第3版. “製材”. コトバンク. 2019年12月16日閲覧。
  3. ^ a b c 小学館『精選版 日本国語大辞典』. “製材”. コトバンク. 2019年12月16日閲覧。
  4. ^ a b ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典』. “製材”. コトバンク. 2019年12月16日閲覧。
  5. ^ a b c 山岸清隆、小学館『日本大百科全書(ニッポニカ)』. “製材”. コトバンク. 2019年12月16日閲覧。
  6. ^ a b 平凡社百科事典マイペディア』. “製材”. コトバンク. 2019年12月16日閲覧。
  7. ^ a b c d 平凡社『世界大百科事典』第2版. “製材”. コトバンク. 2019年12月16日閲覧。
  8. ^ a b c 小学館『精選版 日本国語大辞典』. “木取”. コトバンク. 2019年12月16日閲覧。
  9. ^ 木取り”. コトバンク. 2019年12月16日閲覧。
  10. ^ 『ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典』、『デジタル大辞泉』、『精選版 日本国語大辞典』. “原木”. コトバンク. 2019年12月17日閲覧。
  11. ^ a b c d e 小学館『プログレッシブ英和中辞典』第3版. “製材”. コトバンク. 2019年12月16日閲覧。
  12. ^ 平凡社『世界大百科事典』第2版. “sawing”. コトバンク. 2019年12月16日閲覧。
  13. ^ a b 小学館『精選版 日本国語大辞典』. “製材所”. コトバンク. 2019年12月16日閲覧。
  14. ^ 加茂市教育委員会市史編纂室 (2000年10月). “『かも市史だより』平成12年10月号 (PDF)”. 公式ウェブサイト. 加茂市. 2019年12月17日閲覧。


「製材」の続きの解説一覧

製材

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 01:24 UTC 版)

名詞

せいざい

  1. 木材製造すること。原木切断して角材板材加工すること。

発音(?)

せ↗ーざい

翻訳


「製材」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

製材のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



製材のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの製材 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの製材 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS