牧草地とは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > 酪農用語 > 牧草地の意味・解説 

牧草地


牛の飼料となる牧草作るための草地のことです。北海道などの広い土地利用できる酪農形態ではよく見られます。乳牛エサ自給栽培したり、乳牛放牧することは、生産コスト軽減するなど広大土地最大限活かした経営形態です。ふん尿なども牧草栽培再利用することで、経営コスト削減同時に自然環境にも配慮しています。


牧草地

牧草地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/13 03:14 UTC 版)

牧草地(ぼくそうち、英語: Pasture)は、家畜のエサとなる牧草が生えている土地あるいは栽培されている土地をいう。




「牧草地」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「牧草地」の関連用語

牧草地のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



牧草地のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
一般社団法人中央酪農会議一般社団法人中央酪農会議
(C) 2022 Japan Dairy Council All right reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの牧草地 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS