オセアニアとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > オセアニアの意味・解説 

オセアニア【Oceania】

六大州の一。太平洋のポリネシア・メラネシア・ミクロネシアの諸島オーストラリア大陸ニュージーランドなどの総称大洋州


オセアニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 06:03 UTC 版)

オセアニア英語: Oceania)は、六大州の一つ。大洋州(たいようしゅう)。


注釈

  1. ^ ギリシャ語「ポリ」(poly、多くの)と「ネソス」(nesos、島々)[2]
  2. ^ 地域の先住民の肌が比較的黒いことに由来し、「メロス」(Melos、黒い)と「ネソス」から命名された[3]
  3. ^ 「ミクロス」(micros、小さい)と「ネソス」から命名された[3]

出典

  1. ^ 小林泉ほか 1990, p. 65.
  2. ^ a b c 棚橋 2005, p. 178.
  3. ^ a b 棚橋 2005, p. 180.
  4. ^ Green & Pawley, 1973, "Dating the Dispersal of the Oceanic Languages"
  5. ^ a b 遺伝学:太平洋地域の人類集団の祖先を読み解く”. nature asia. 2021年9月8日閲覧。
  6. ^ a b Steadman, 2006. Extinction & biogeography of tropical Pacific birds
  7. ^ 菊地・小田 2014, pp. 2–3.
  8. ^ 菊地・小田 2014, p. 7.
  9. ^ 小野 2010, pp. 50–52.
  10. ^ 棚橋 2005, pp. 180–181.
  11. ^ 『地球を旅する地理の本 6』 1993, p. 189.
  12. ^ 『地球を旅する地理の本 7』 1993, p. 210.
  13. ^ 江戸 2010, pp. 64–67.
  14. ^ 高橋 2005, pp. 184–187.
  15. ^ 丹羽・石森 2013, p. 2.
  16. ^ a b 通年平均。
  17. ^ CIA World Factbook
  18. ^ ヴィクトルほか 2007, p. 27.
  19. ^ 菊地・小田 2014, p. 30.
  20. ^ 菊地・小田 2014, pp. 106–107.
  21. ^ 柄木田 2005, pp. 209–210.



オセアニア(Oceania)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 14:21 UTC 版)

連邦構成する国家のひとつ15年前に勃発したオセアニア戦争連邦敗北した。オセアニア戦争AC時代において最初の近代的な戦いとされており、連邦軍軍事ドクトリン大きな影響与えたという。カスカディア紛争では連邦軍戦力提供している

※この「オセアニア(Oceania)」の解説は、「Project Wingman」の解説の一部です。» 「Project Wingman」の概要を見る


(古代の)オセアニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/10 06:58 UTC 版)

紀元前2500年頃から、アウストロネシアの太平洋、インド洋へ移民始まり紀元前1000年頃にはポリネシア人サモアトンガなどに達している。当時使われた船を示す直接の証拠はないが、風の弱い時期選んで風上に向かって帆走していたと考えられている。ミクロネシア文化人ポリネシア人天測生物相観察、うねりの観察などを用いた独自の航法技術スター・ナヴィゲーション)を発達させ、時に数千キロにも及ぶ大航海行っていた。 オセアニアでは、逆三角帆クラブクロウ・セイル)を用いた帆船盛んに建造され、人や物の交流使用されていた。これらを総称して「セイリング・カヌー(帆走カヌー)」と呼ぶ。セイリング・カヌーには単胴のもの(アウトリガーカヌー)と双胴のもの(ダブルカヌー)がある。

※この「(古代の)オセアニア」の解説は、「帆船」の解説の一部です。» 「帆船」の概要を見る


オセアニア(Oceania)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/16 01:54 UTC 版)

1950年代核戦争経て誕生した国家であり、旧アメリカ合衆国をもとに南北アメリカおよび旧イギリスアフリカ南部オーストラリア南部かつての英語圏中心とする地域)を領有するイデオロギーは「イングソック下記参照)」。

※この「オセアニア(Oceania)」の解説は、「1984年 (小説)」の解説の一部です。» 「1984年 (小説)」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

オセアニア

出典:『Wiktionary』 (2021/11/09 14:14 UTC 版)

発音

固有名詞

オセアニア阿西亜尼亜

  1. (地理) 世界六大州一つ太平洋上に浮かオーストラリア大陸並びにミクロネシアポリネシアメラネシア島嶼含めた地域国家群の総称

関連語

翻訳


「オセアニア」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「オセアニア」に関係したコラム

  • 株式の取引が行われる証券取引所の一覧

    2012年6月現在の日本の証券取引所、および、世界各国の証券取引所の一覧です。▼日本東京証券取引所(東証)大阪証券取引所(大証)名古屋証券取引所(名証)福岡証券取引所(福証)札幌証券取引所(札証)TO...

  • 世界の株価指数一覧

    株価指数は、証券取引所に上場している銘柄を一定の基準で選出し、それらの銘柄の株価を一定の計算方法で算出したものです。例えば、日本の株価指数の日経平均株価(日経平均、日経225)は、東京証券取引所(東証...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

オセアニアのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



オセアニアのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオセアニア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのProject Wingman (改訂履歴)、帆船 (改訂履歴)、1984年 (小説) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのオセアニア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS