アデレードとは? わかりやすく解説

アデレード

名前 AdelaideAdélaide; Adélaïde

アデレード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/04 07:44 UTC 版)

アデレード: Adelaide)は、オーストラリア連邦南オーストラリア州州都である。オーストラリアの南部に位置し、南極海に通じているセントビンセント湾に面した都市である。名前は19世紀イギリス国王ウィリアム4世の王妃アデレードにちなんでいる。人口は1,198,468人(2011年時点[1])で、オーストラリア各州の州都の中では5番目の規模である。文化と芸術の都として知られている。


注釈

  1. ^ 発音は[ˈɡɑːnə], 或いは [ˈɡnə] (ɡ̊auɲaあるいはまれに [kʰana]

出典

  1. ^ 2011 Census QuickStats - All people - usual residents - Australia | South Australia | Significant Urban Areas - Adelaide
  2. ^ a b Amery, Rob (2000). Warrabarna Kaurna! – Reclaiming an Australian Language. The Netherlands: Swets & Zeitlinger. ISBN 90-265-1633-9 
  3. ^ Kaurna people”. Adelaidia. 2017年9月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月28日閲覧。
  4. ^ Kaurna Name: Tarndanyangga
  5. ^ Kaurna Name: Tarndanyangga”. 2016年3月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月28日閲覧。
  6. ^ a b Kaurna People”. SA History Hub. 2019年4月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月29日閲覧。
  7. ^ Adelaide: A Brief History (SA Govt)”. 2013年5月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月8日閲覧。
  8. ^ Victoria Square/Tarntanyangga”. City of Adelaide. 2019年4月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月27日閲覧。
  9. ^ Adelaide City Council Placenaming Initiatives”. Kaurna Warra Pintyanthi. 2019年4月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月27日閲覧。
  10. ^ Climate statistics for Australian locations - Monthly climate statistics - Period 1977-2010 - Summary statistics ADELAIDE (KENT TOWN)”. Commonwealth of Australia, Bureau of Meteorology. 2010年2月16日閲覧。
  11. ^ 豪州は異常な猛暑、南部で46度超 魚や動物が大量死”. CNN (2019年2月1日). 2019年2月10日閲覧。
  12. ^ Bus Timetables”. adelaidemetr.com.au. 2020年2月2日閲覧。
  13. ^ The Critic (1909), p.6
  14. ^ 服部重敬「シドニーで路面電車復活! オーストラリア路面電車最新事情」『鉄道ファン』第38巻第8号、交友社、1998年8月、79-86頁。 
  15. ^ Tram Timetables”. adelaidemetr.com.au. 2020年2月2日閲覧。
  16. ^ Library locations”. cityofadelaide.com.au. 2020年2月2日閲覧。
  17. ^ 南オーストラリア博物館トラベルブック・ホームページ 2017年2月12日閲覧
  18. ^ A Brief History of the South Australian Museum (PDF), South Australian Museum, 2004年, 2019年5月18日閲覧
  19. ^ Universities in Adelaide”. unipage.net. 2020年2月1日閲覧。


「アデレード」の続きの解説一覧

アデレード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/29 08:11 UTC 版)

ユージン・ガレコヴィッチ」の記事における「アデレード」の解説

2007年10月30日、ダニエル・ベルトラム(英語版)が負傷したことにより、その代役としてライバルチームアデレード・ユナイテッドFCに引きぬかれ、ハインドマーシュ・スタジアムブリスベン・ロアーFC相手デビュー2008年1月20日ブリスベン・ロアーFC戦で2-0勝利し初めクリーンシート達成すると、12月27日1-0勝利したパース・グローリーFC戦まで5回クリーンシート記録した2011-12シーズン途中からジョナサン・マッケイン代わりキャプテン就任した

※この「アデレード」の解説は、「ユージン・ガレコヴィッチ」の解説の一部です。
「アデレード」を含む「ユージン・ガレコヴィッチ」の記事については、「ユージン・ガレコヴィッチ」の概要を参照ください。


アデレード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/04 06:39 UTC 版)

計画都市の一覧」の記事における「アデレード」の解説

アデレードは、エドワード・ギボン・ウェイクフィールド体系的植民地化理論を試すために1836年英国ドイツの植民地によって設立された。囚人労働採用されておらず、理論的にコロニー財政的に自給自足で、実際に政府支援で、初期段階実施されていた。土地誰が大きく未踏領域足を踏み入れる前に販売されていた都市将来のための中央ビジネス地区)を短時間調査し計画された。アデレードのデザイン開発最低限侵略があり、4つ正方形レイアウトは、設定十分な緑地選択のために賞賛されている。町の中心部は、トレンズ川水源十分に近接していた。

※この「アデレード」の解説は、「計画都市の一覧」の解説の一部です。
「アデレード」を含む「計画都市の一覧」の記事については、「計画都市の一覧」の概要を参照ください。


アデレード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/03 23:45 UTC 版)

オセアニアのチャイナタウン」の記事における「アデレード」の解説

主要記事China Town, Adelaide アデレードの中華街はGrote 及び Gouger ストリート間のMoonta ストリート沿いのアデレードセントラルマーケット地域内に位置している。

※この「アデレード」の解説は、「オセアニアのチャイナタウン」の解説の一部です。
「アデレード」を含む「オセアニアのチャイナタウン」の記事については、「オセアニアのチャイナタウン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「アデレード」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「アデレード」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



アデレードと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アデレード」の関連用語

アデレードのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アデレードのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアデレード (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのユージン・ガレコヴィッチ (改訂履歴)、計画都市の一覧 (改訂履歴)、オセアニアのチャイナタウン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS