東ヨーロッパとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 東ヨーロッパの意味・解説 

ひがし‐ヨーロッパ【東ヨーロッパ】

読み方:ひがしよーろっぱ

東欧(とうおう)


東ヨーロッパ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/03 16:06 UTC 版)

東ヨーロッパ(ひがしヨーロッパ)は、ヨーロッパの東部地域を指す。東欧(とうおう)とも呼ばれる。欧州でも特に民族の構成が複雑で、文化や宗教も多種多様に存在する。


注釈

  1. ^ 国際連合統計局の分類より(地図)。および次の「Northern Europe」参照 [1] 2011年2月17日. 2011年4月2日閲覧。
    なお、日本の外務省欧州局は西欧課が担当する。外務省欧州局 2011年4月2日閲覧。

出典



「東ヨーロッパ」の続きの解説一覧

東ヨーロッパ(バルカン半島)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/16 17:31 UTC 版)

近代における世界の一体化」の記事における「東ヨーロッパ(バルカン半島)」の解説

オスマン帝国は、18世紀以来オーストリア大公国ロシア帝国戦って次第にその領土侵食されていた。それらに加え19世紀に入るとフランス革命の影響によって東ヨーロッパ(特にバルカン半島)で民族意識高まりギリシャ独立戦争みられるように、諸民族自立の動き強めたヨーロッパ諸国はこの動き歓迎して積極的に支援したため、オスマン帝国国内的に苦境陥った1838年イギリスオスマン帝国通商条約結んだが、これはオスマン帝国関税自主権のない不平等条約であり、属領エジプトにも適用された。かつて、オスマン帝国恩恵として与えていたカピチュレーション今や不平等条約おしつける際の格好の足がかりとなり、中国日本など他のアジア地域との通商際に応用されることとなった1839年オスマン帝国では、スルタン交代起こった。父マフムト2世死亡により、アブデュルメジト1世スルタン即位した名宰相ムスタファ・レシト・パシャ補佐のもと、ギュルハネ勅令発布すると、オスマン帝国近代化乗り出したタンジマート始まりだった。

※この「東ヨーロッパ(バルカン半島)」の解説は、「近代における世界の一体化」の解説の一部です。
「東ヨーロッパ(バルカン半島)」を含む「近代における世界の一体化」の記事については、「近代における世界の一体化」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「東ヨーロッパ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

東ヨーロッパ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/16 05:31 UTC 版)

固有名詞

 ヨーロッパ(ひがし-)

  1. ヨーロッパ東部地域ウクライナベラルーシモルドバロシアを指す。

関連語

翻訳


「東ヨーロッパ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「東ヨーロッパ」に関係したコラム

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「東ヨーロッパ」の関連用語

東ヨーロッパのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



東ヨーロッパのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの東ヨーロッパ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの近代における世界の一体化 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの東ヨーロッパ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS