お下がりとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 丁寧表現辞書 > お下がりの意味・解説 

お‐さがり【御下(が)り】

「下がり4」に同じ。「兄さんのお下がりでがまんする

神仏供物下げたもの。

客に出し飲食物残り

都会から地方へ行くことを京都でいう。

(「御降り」とも書く)正月三が日に降る。《 新年》「まんべんに—うける小家哉/一茶


お‐さがり【御下・御降】

〔名〕 (「お」は接頭語

雨が降ること、また、をいう女房詞

婦人養草(1689)五「ふる事は おさがりと」

② (御降) 特に、元旦または正月三が日のうちに降るをいう。降れば豊年のしるしとされ、めでたいものとされた。《季・新年

俳諧山の井(1648)春「松の内に降(ふる)おさがりといひならはせり」

神仏供物下げたもの。また、客に出し食物残り

大塩平八郎(1914)〈森鴎外一二奉公人神様に供へるのだらうと云ってゐるが、それにしてもおさがりが少しも無い」

目上の人や兄、姉などからもらう使いふるしの衣服物品。おふる。

破垣(1901)〈内田魯庵〉一「其上夫人(おくさん)が気張者(きばりて)でお下りが度々貰へるといふし」

(5) 主人などのそばから下がること。退出すること。

人情本清談若緑(19C中)初「私も頂いた結構なお菓子、〈略〉晩にお下(サガ)りのとき兄さんに御届なすって下さらないか」

(6) 都会から地方へ行くことを京都でいう。下向

(7) 神霊身体のりうつること。神おろし。

随筆癇癖談(1791か)上「稲荷おさがりとて、をりをりうつしまうづる事あり


お下がり

読み方:おさがり

名詞「下がり」に、接頭辞「お」がついたもの。
丁寧表現の辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

お下がり

作者水谷佐和

収載図書ショートショートの広場 19
出版社講談社
刊行年月2007.5
シリーズ名講談社文庫


お下がり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/22 02:20 UTC 版)

お下がり (おさがり)




「お下がり」の続きの解説一覧

お下がり

出典:『Wiktionary』 (2018/01/13 09:58 UTC 版)

漢字混じり表記

がりおさがり

  1. おさがり 参照


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「お下がり」の関連用語

お下がりのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



お下がりのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのお下がり (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのお下がり (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS