神饌とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 神道 > 神饌 > 神饌の意味・解説 

しん‐せん【神×饌】

神祇(じんぎ)に供える飲食物・酒・穀類野菜果実など。御食(みけ)。供物


神饌

読み方:シンセンshinsen

神に供える食物

別名 供物(くもつ)、神供


神饌(しんせん)

古語では「みけ」といい、「御饌」又は「御食の字をあてることもある。神に供える飲食物総称

神饌

読み方:しんせん

神に供える食物のことです。素材そのまま供える生饌調理したものを供える熟饌などがあります最初は神饌として米の初穂捧げていたことから神の恵み感謝を捧げるときに初物捧げる習慣ができたといわれています一般的に神棚へは米、、塩を神饌として毎朝供えます。当社では特殊神饌としてブト・マガリとよばれるものが伝来しています。

神饌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/08 08:07 UTC 版)

神饌(しんせん)とは、日本神社神棚に供える供物のこと。御饌(みけ)あるいは御贄(みにえ)とも呼ばれる。


注釈

  1. ^ 古例を受け継ぐ「梅枝糕(うめがえもち)・口型餅(くちがたもち)・舌型餅(したがたもち)・寄餅(よせもち)」が御饌・神酒・海の幸・山の幸とともに供えられる。梅枝糕は寛永八年(896)4月7日、生前の菅原道真公が白山比咩(しらやまひめ)神社の白山比咩大神に献供した意匠のもの。潔斎した神職が、米粉を水でこねて蒸し上げた細長い団子に梅の枝を模した五つのきざを付け胡麻の油で揚げる。十本ずつ麻でゆわえ三束計三十本をもって一盛となす。例大祭斎行の後、夕御饌祭が行われる
  2. ^ 神社によって漢字が異なり、彌美神社と諏訪神社では野老、美保神社では薢と呼ばれる。
  3. ^ 葵で桂を挟んだもの。葵は男性、桂は女性を表し、子孫繁栄を祈願する。
  4. ^ 檜皮を船の形に成型して作った器に御飯を入れたもの。弁当箱の原型と考えられている。
  5. ^ 船御飯と同様に、葩餅(はなびらもち)を10枚入れ、その上に小豆をあしらったもの。
  6. ^ (かや)の実、打栗、神馬草、吹上(あられ)、御はぜ(玄米を煎ったもの)、青海苔、紫海苔、鶏冠海苔、六十海苔、若布などを奉書紙で包んだもの。
  7. ^ 南北朝時代から応仁の乱まで大神を守護したという古事の残る獅子狛に奉げられる鯛。
  8. ^ 小豆を煮たもの。
  9. ^ 解体した鴨を聖護院かぶを土台にして再成形したもの。周囲には鮫の切り身が添えられ、内臓もきれいに洗われて盛り付けられる。かつては鴨でなく雁で作られた。
  10. ^ 三枚に下ろした鮭を大根を土台にうずたかく盛り付けたもの。周囲には鮫の切り身が添えられる。
  11. ^ 鳥羽盛などを作った際に出た鮭や鮫の皮や骨を細かく砕いたもの。
  12. ^ 唐櫃と辛櫃の2種類の呼び方があるが、神宮では辛櫃。
  13. ^ これに加えて、建物、御装束、神宝も一新するため、式年遷宮は大神嘗祭とも呼ばれる。
  14. ^ 同様の意味の呼び名には、祭座、頭座、座衆、宮衆、宮講、神事講、座株、宮持、神官、宮組、宮筋、宮仲間、頭仲間、祝株(ほうりかぶ)、長老衆、十人衆などがある。
  15. ^ 作られる餅は一部を空洞にし、総量を減らす工夫をした上で8升、これを4月30日の宵までに持ち回りで準備される。2004年以前は氏子の手で搗かれたが、それ以降では餅屋に注文しているという。

出典

  1. ^ a b 春日大社 秘儀開封 P.218
  2. ^ 神饌 P.72
  3. ^ 雑穀の社会史 P.143
  4. ^ 神饌 P.77
  5. ^ a b 神饌 神と人との饗宴 P.2
  6. ^ 図解雑学 神道 P.110
  7. ^ a b 日本の食とこころ P.10
  8. ^ a b 雑穀の社会史
  9. ^ 日本の食とこころ P.150
  10. ^ a b c 神饌 神と人との饗宴 P.3
  11. ^ 西野神社社務日誌”. 2012年12月16日閲覧。
  12. ^ 神饌 PP.163-164
  13. ^ a b 神饌 P.148
  14. ^ 神饌 P.206
  15. ^ 神饌 P.149
  16. ^ a b c d e 神饌 神と人との饗宴 P.11
  17. ^ a b 神饌 神と人との饗宴 P.12
  18. ^ a b c 神饌 神と人との饗宴 P.13
  19. ^ 神饌 神と人との饗宴 P.35
  20. ^ 神饌 神と人との饗宴 P.345
  21. ^ 神社本庁 兎のお話”. 2012年12月16日閲覧。
  22. ^ a b 神饌 P.143
  23. ^ 春日大社 秘儀開封 P.213
  24. ^ 神饌 P.166
  25. ^ 神饌 神と人との饗宴 P.188
  26. ^ 神饌 神と人との饗宴 P.189
  27. ^ 神饌 神と人との饗宴 PP.188-189
  28. ^ 國學院大學神道・神社史料集成”. 2012年12月30日閲覧。
  29. ^ 神饌 P.91
  30. ^ 図解雑学 神道 P.170
  31. ^ 神饌 P.94
  32. ^ a b 神饌 P.61
  33. ^ a b 神饌 PP.65-73
  34. ^ 神饌 P.60
  35. ^ 神饌 神と人との饗宴 P.21
  36. ^ 神饌 P.203
  37. ^ 春日大社 秘儀開封 P.94
  38. ^ a b 神饌 P.175
  39. ^ 神饌 神と人との饗宴 P.27
  40. ^ a b 神饌 神と人との饗宴 P.30
  41. ^ 神饌 神と人との饗宴 P.31
  42. ^ 神饌 神と人との饗宴 P.28
  43. ^ 神饌 P.139
  44. ^ 神饌 P.160
  45. ^ 神饌 神と人との饗宴 P.18
  46. ^ a b c d e f g 神饌 P.232
  47. ^ a b 図解雑学 神道 P.112
  48. ^ 神社本庁 直会について”. 2012年12月16日閲覧。
  49. ^ a b c d 神饌 神と人との饗宴 P.14
  50. ^ a b c 神饌 P.209
  51. ^ 神饌 神と人との饗宴 P.230
  52. ^ 神饌 P.210
  53. ^ 神饌 神と人との饗宴 P.231
  54. ^ a b 神饌 P.69
  55. ^ 日本の食とこころ P.29
  56. ^ a b c 神饌 P.25
  57. ^ a b c d 神饌 P.26
  58. ^ a b c d e f 神饌 P.27
  59. ^ a b c d e f 神饌 P.28
  60. ^ a b c 神饌 P.29
  61. ^ a b c d 神饌 P.30
  62. ^ a b 神饌 P.31
  63. ^ a b c d 神饌 P.32
  64. ^ 伊勢の神宮 神宮神田”. 2012年12月15日閲覧。
  65. ^ 神饌 PP.32-33
  66. ^ a b c d e 神饌 P.33
  67. ^ 伊勢の神宮 神宮御園”. 2012年12月15日閲覧。
  68. ^ a b c 神饌 P.34
  69. ^ 伊勢の神宮 鰒調製所”. 2012年12月15日閲覧。
  70. ^ 神饌 P.10
  71. ^ a b c d e 神饌 P.35
  72. ^ a b 神饌 P.11
  73. ^ 神饌 P.38
  74. ^ 伊勢の神宮 干鯛調製所”. 2012年12月15日閲覧。
  75. ^ a b c d 神饌 P.39
  76. ^ 神饌 P.38-39
  77. ^ a b c d e f g h i j 神饌 P.36
  78. ^ 伊勢の神宮 御塩殿”. 2012年12月15日閲覧。
  79. ^ 神饌 P.36-37
  80. ^ a b c d e f 神饌 P.37
  81. ^ 伊勢の神宮 土器調製所”. 2012年12月15日閲覧。
  82. ^ a b 神饌 P.40
  83. ^ 神饌 PP.72-73
  84. ^ a b 神饌 P.221
  85. ^ 神饌 P.141
  86. ^ 神饌 P.184
  87. ^ 神饌 P.162
  88. ^ 神饌 P.135
  89. ^ 神饌 P.137



神饌(お供え)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/16 19:00 UTC 版)

神饌(お供え)としては、米、酒、塩、基本である。そのほかに乾物野菜果物菓子類などが供えられる。米、酒、塩、毎朝は月に2度通常1日15日、ほかに祀っている神札祭神にゆかりの日)新しいものと取り換えるのがよいとされている。ほかに、合格通知祝物熨斗紙などが捧げられる場合もある。 神饌の置き方は、米・塩水の場合向かって左から水・米・塩、または向かってから手前に・塩、奥に米とする。米・酒塩・水の場合、向かって左から酒・米・塩、または向かってから手前に・塩、奥に酒・米もしくは向かって左から手前に・塩、真ん中に酒・酒、奥に米とする。 また、獣肉乳製品ネギ属野菜供えるのを控えることが多いが、地域祭神によってはこれらを供える場合もある。 神へ供えた食べ物後でお下がり」としていただくようにする。

※この「神饌(お供え)」の解説は、「神棚」の解説の一部です。» 「神棚」の概要を見る


神饌(お供え)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/16 19:00 UTC 版)

神饌(お供え)としては、米、酒、塩、基本である。そのほかに乾物野菜果物菓子類などが供えられる。米、酒、塩、毎朝は月に2度通常1日15日、ほかに祀っている神札祭神にゆかりの日)新しいものと取り換えるのがよいとされている。ほかに、合格通知祝物熨斗紙などが捧げられる場合もある。 神饌の置き方は、米・塩水の場合向かって左から水・米・塩、または向かってから手前に・塩、奥に米とする。米・酒塩・水の場合、向かって左から酒・米・塩、または向かってから手前に・塩、奥に酒・米もしくは向かって左から手前に・塩、真ん中に酒・酒、奥に米とする。 また、獣肉乳製品ネギ属野菜供えるのを控えることが多いが、地域祭神によってはこれらを供える場合もある。 神へ供えた食べ物後でお下がり」としていただくようにする。

※この「神饌(お供え)」の解説は、「神棚」の解説の一部です。» 「神棚」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「神饌」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



神饌と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

神饌のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



神饌のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
岡山県神社庁岡山県神社庁
since 2022 (C)Okayamaken Jinjacho
住吉大社住吉大社
Copyright (C) 2022 sumiyoshitaisha. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの神饌 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの神棚 (改訂履歴)、神棚 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS