香取神宮とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 建物・施設 > 施設 > 寺社仏閣 > 神社 > 香取神宮の意味・解説 

かとりじんぐう 【香取神宮】


香取神宮

名称: 香取神宮
ふりがな かとりじんぐう
名称(棟): 本殿
名称(ふりがな): ほんでん
番号 2029
種別1: 近世以前神社
国宝重文区分 重要文化財
指定年月日 1977.06.27(昭和52.06.27)
員数(数): 1
員数(単位):
代表都道府県 千葉県
都道府県 千葉県香取市香取
所有者名: 香取神宮
指定基準
管理団体名:
管理団体住所
管理団体指定年月日
構造形式 三間社流造檜皮葺
時代区分 江戸中期
年代 元禄131700
解説文: 香取神宮は古来鹿島神宮とともに広く崇敬をあつめた神社で、本殿重要文化財指定されている。楼門本殿同じく元禄幕府造営になるもので、純和様優美な姿をみせる。近世建築としては立面比例がよく、また質の高い建築であり、本殿と一体として保存する価値がある
重要文化財のほかの用語一覧
近世以前(神社):  飯道神社本殿  飯野八幡宮  飯香岡八幡宮本殿  香取神宮  香椎宮本殿  駒形神社本殿  高倉神社

香取神宮

読み方:カトリジングウ(katorijinguu)

別名 香取さま

教団 神社本庁

所在 千葉県佐原市

祭神 経津主神 ほか

神社名辞典では1989年7月時点の情報を掲載しています。

香取神宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/28 03:43 UTC 版)

香取神宮(かとりじんぐう)は、千葉県香取市香取にある神社式内社名神大社)、下総国一宮旧社格官幣大社で、現在は神社本庁別表神社




  1. ^ 祭神を1柱とする記載は、御由緒(公式サイト)、『新修 香取神宮小史』、神社由緒書等における公式記載に基づく。ただし香取神宮(平凡社) & 1996年等のように、相殿神に武甕槌命(たけみかづちのみこと)、天児屋根命(あめのこやねのみこと)、比売神(ひめがみ)の3柱を載せる文献も見られる。
  2. ^ 平安時代以前、「神宮」の呼称使用の他例には『古事記』『日本書紀』で「石上神宮」があるが、『延喜式』神名帳では「石上坐布留御魂神社」と記される (岡田精司 & 2011年)。
  3. ^ 春日社創建の正確な年号は明らかではない。「神護景雲2年」は春日大社の社記に基づくもので、『日本三代実録』元慶8年8月26日条を支証とする(『国史大辞典』春日大社項)。
  4. ^ ただし、古文書に「一宮」の呼称自体は見られない (一宮制 & 2000年, p. 218)。
  5. ^ a b 「アサメ」の字は「女偏に盛」。
  6. ^ 「日本三大御田植祭」は、香取神宮のほか伊雑宮三重県志摩市磯部の御神田)、住吉大社大阪府大阪市住吉の御田植)。
  1. ^ a b 『日本書紀』神代上。
  2. ^ a b 『日本書紀』神代下。
  3. ^ 『古語拾遺』(神道・神社史料集成参照)。
  4. ^ 『延喜式』巻8 祝詞 春日祭条(神道・神社史料集成参照)。
  5. ^ 『梁塵秘抄』巻2 四句神歌。
  6. ^ 『令集解』巻16 選叙令 同司主典条・不得用三等以上親令釈。
  7. ^ a b 『延喜式』巻18 式部上 郡司条(神道・神社史料集成参照)。
  8. ^ a b 『常陸国風土記』行方郡条(神道・神社史料集成参照)。
  9. ^ a b 『続日本紀』宝亀8年(777年)7月16日条(神道・神社史料集成参照)。
  10. ^ a b 『続日本後紀』承和3年(836年)5月9日(神道・神社史料集成参照)。
  11. ^ a b 『続日本後紀』承和6年(839年)10月29日条(神道・神社史料集成参照)。
  12. ^ a b c 『日本三代実録』元慶6年(882年)12月9日条(神道・神社史料集成参照)。
  13. ^ 『日本文徳天皇実録』嘉祥3年(850年)9月15日条(神道・神社史料集成参照)。
  14. ^ 『延喜式』巻15 内蔵 鹿島香取条(神道・神社史料集成参照)。
  15. ^ 『延喜式』巻3 臨時祭 香取楽人装束条(神道・神社史料集成参照)。
  16. ^ 『延喜式』巻3 臨時祭 神宮司季禄条(神道・神社史料集成参照)。
  17. ^ 『常陸国風土記』香島郡条。
  18. ^ 『新抄格勅符抄』10 神事諸家封戸 大同元年(806年)牒(神道・神社史料集成参照)。
  19. ^ 『日本後紀』弘仁3年(812年6月5日条(神道・神社史料集成参照)。
  20. ^ 『延喜式』巻3 臨時祭 神社修理条(神道・神社史料集成参照)。
  21. ^ 『小右記』治安3年(1023年)9月6日条。
  1. ^ 東国三社(神栖市観光協会)。
  2. ^ a b c d 香取神宮(国史) & 1983年.
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w 香取神宮(平凡社) & 1996年.
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 香取神宮(角川) & 1984年.
  5. ^ 神社本庁監修『神社のいろは』(扶桑社)p. 76。
  6. ^ a b 山本博文監修『あなたの知らない千葉県の歴史』(洋泉社)Q5(pp. 26-27)。
  7. ^ a b c d e f g h i j k 岡田精司 & 2011年.
  8. ^ a b c d e Vol-001 下総国の一宮 香取神宮(香取市ホームページ「香取遺産」)。
  9. ^ 稲垣栄三「春日大社」(『国史大辞典』吉川弘文館)。
  10. ^ a b c d e 社領(国史) & 1983年.
  11. ^ 香取小史 & 1995年, p. 69.
  12. ^ 『奈良県の地名』(平凡社)春日大社項。
  13. ^ 『続群書類従』第7輯ノ下所収。
  14. ^ 香取小史 & 1995年, p. 47.
  15. ^ a b 松尾光 & 2014年, pp. 260-265.
  16. ^ 香取郡(平凡社) & 1996年.
  17. ^ 香取郡(角川) & 1984年.
  18. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u ふさの国文化財ナビゲーション(千葉県教育委員会)。
  19. ^ a b c d e f g 三浦 & 1986年.
  20. ^ a b 香取小史 & 1995年, p. 50.
  21. ^ 国指定文化財等データベース
  22. ^ a b c d 宝物・文化財(公式サイト)。
  23. ^ a b 香取小史 & 1995年, p. 56.
  24. ^ 香取小史 & 1995年, p. 55.
  25. ^ 香取小史 & 1995年, p. 54.
  26. ^ 香取小史 & 1995年, p. 63.
  27. ^ a b c 香取小史 & 1995年, p. 52.
  28. ^ a b 香取小史 & 1995年, p. 51.
  29. ^ 香取小史 & 1995年, p. 53.
  30. ^ 香取小史 & 1995年, p. 62.
  31. ^ a b 香取小史 & 1995年, p. 57.
  32. ^ Vol-040 津宮河岸の常夜燈(香取市ホームページ「香取遺産」)。
  33. ^ 摂末社は『新修 香取神宮小史』pp. 35-40による。
  34. ^ a b 香取小史 & 1995年, p. 37.
  35. ^ a b c 香取小史 & 1995年, p. 35.
  36. ^ Vol-073 側高神社(香取市ホームページ「香取遺産」)。
  37. ^ a b 『図説千葉県の歴史』(河出書房新社)p. 73-75。
  38. ^ 香取小史 & 1995年, p. 5.
  39. ^ a b c 香取小史 & 1995年, p. 36.
  40. ^ Vol-085 大戸神社(香取市ホームページ「香取遺産」)。
  41. ^ 『千葉県の地名』(平凡社)返田神社項。
  42. ^ a b Vol-028 返田神社本殿(香取市ホームページ「香取遺産」)。
  43. ^ 香取小史 & 1995年, p. 39-40.
  44. ^ a b c 香取軍神祭(国史) & 1983年.
  45. ^ a b 香取小史 & 1995年, p. 26.
  46. ^ 香取小史 & 1995年, p. 29.
  47. ^ a b (公式サイト)。
  48. ^ 香取小史 & 1995年, p. 25.
  49. ^ 香取小史 & 1995年, p. 33.
  50. ^ (公式サイト)。
  51. ^ 団碁祭(千葉県「ちばの観光まるごと紹介」)。
  52. ^ 『週刊朝日百科 日本の国宝』89号(朝日新聞社、1998(解説執筆は川尻秋生))。
  53. ^ 『解説版 新指定重要文化財 4 工芸品I』、毎日新聞社、1981、p.260
  54. ^ a b 鹿島御児神社(国史) & 1983年.
  55. ^ a b c d e f g h i j 香取神宮(神々) & 1984年.
  56. ^ 香取小史 & 1995年, p. 40.
  57. ^ 香取小史 & 1995年, p. 41.
  58. ^ a b c 松前健 『日本神話の謎がよく分かる本』 大和書房、2007年、pp. 126-129。
  59. ^ 『国史大辞典』経津主神項。
  60. ^ a b 千葉県の歴史 通史編 古代2 & 2001年, pp. 613-628.
  61. ^ Vol-029 又見古墳(香取市ホームページ「香取遺産」)
  62. ^ a b Vol-039 神道山古墳群(香取市ホームページ「香取遺産」)
  63. ^ Vol-034 城山一号墳(香取市ホームページ「香取遺産」)
  64. ^ Vol-052 懸仏の最高傑作(香取市ホームページ「香取遺産」)





香取神宮と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「香取神宮」の関連用語

香取神宮のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



香取神宮のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2019 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2019 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの香取神宮 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS