玉祖神社とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 建物・施設 > 施設 > 寺社仏閣 > 神社 > 玉祖神社の意味・解説 

たまのおや じんじゃ 玉祖神社

山口県防府市右田大崎にある神社周防国一の宮祭神の玉祖神天孫降臨供奉したと伝えられる。たまっさま。

玉祖神社 (たまのおやじんじゃ)

周防[すおう]国で一番格式の高い神社一宮いちのみや])です。重源ちょうげん]や毛利秀就もうりひでなり]によって再建されながら、今も残る神社です。いつ建てられたかはわかりませんが、奈良時代にはあったようです。勾玉まがたま]や管玉くだたま]をつくる人々玉造連[たまつくりのむらじ])の祖先玉祖命たまのおやのみこと]をまつっています。 また、仲哀[ちゅうあいてんのう天皇の頃にはじまったとされる占手神事[うらてのしんじ]が行われるのもこの神社です。

関連項目

たまのおやじんじゃ 【玉祖神社】

山口県防府市大崎にある旧国幣中社玉祖命玉屋命・豊玉神天明玉神・明玉神とも。天岩屋戸の前で玉を作った)を祀る周防国一の宮で『今昔物語』に玉祖大明神とある。例祭九月五日だが四月一〇日に眼鏡祭「玉の祭」がある。

玉祖神社

読み方:タマソジンジャ(tamasojinja)

教団 神社本庁

所在 山口県防府市西浦

祭神 玉屋


玉祖神社

読み方:タマノオヤジンジャ(tamanooyajinja)

別名 たかやす明神

教団 神社本庁

所在 大阪府八尾市

祭神 天明玉命 ほか


玉祖神社

読み方:タマノオヤジンジャ(tamanooyajinja)

教団 神社本庁

所在 山口県防府市田島

祭神 玉屋


玉祖神社

読み方:タマノヤジンジャ(tamanoyajinja)

別名 たまっさま

教団 神社本庁

所在 山口県防府市右田

祭神 玉祖命 ほか


玉祖神社

読み方:タマノヤジンジャ(tamanoyajinja)

教団 神社本庁

所在 山口県防府市大字切畑

祭神玉屋

神社名辞典では1989年7月時点の情報を掲載しています。

玉祖神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/15 20:16 UTC 版)

玉祖神社(たまのおやじんじゃ)は、山口県防府市大崎にある神社式内社周防国一宮旧社格国幣中社で、現在は神社本庁別表神社




  1. ^ 山口県歴史散歩編修委員会 編『山口県の歴史散歩』山川出版社、2006年、ISBN 463424635X、pp.103-104.
  2. ^ 吉岡一生『山口伝説散歩 : 防長写伝』、NCID BA78408512、2001年、p.119
  3. ^ 周防国一宮造替神殿宝物等目録〈建久六年九月廿八日/重源加判〉 - 国指定文化財等データベース(文化庁
  4. ^ 玉祖神社の占手相撲 - 国指定文化財等データベース(文化庁
  5. ^ 県指定文化財(防府市ホームページ)。
  6. ^ a b c 市指定文化財(防府市ホームページ)。


「玉祖神社」の続きの解説一覧



玉祖神社と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「玉祖神社」の関連用語

玉祖神社のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



玉祖神社のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
防府市教育委員会防府市教育委員会
Copyright 2020,Hofu Virtual Site Museum,Japan
中経出版中経出版
Copyright (C) 2020 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの玉祖神社 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS