霧島神宮とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 建物・施設 > 施設 > 寺社仏閣 > 神社 > 霧島神宮の意味・解説 

きりしまじんぐう 【霧島神宮】


霧島神宮

名称: 霧島神宮
ふりがな きりしまじんぐう
名称(棟): 本殿幣殿拝殿
名称(ふりがな): ほんでんへいでんはいでん
番号 2219
種別1: 近世以前神社
国宝重文区分 重要文化財
指定年月日 1989.05.19(平成1.05.19)
員数(数): 1
員数(単位):
代表都道府県 鹿児島県
都道府県 鹿児島県霧島市霧島田口
所有者名:
指定基準
管理団体名:
管理団体住所
管理団体指定年月日
構造形式 本殿 桁行五間、梁間四間一重入母屋造向拝一間
幣殿 桁行二間梁間三間一重両下
拝殿 桁行七間梁間三間一重入母屋造正面千鳥破風付、向拝一間
銅板
時代区分 江戸中期
年代 正徳5(1715)
解説文: 霧島神宮は霧島山中腹傾斜地鎮座し、高千穂山頂に向かって社殿配置されている。現在の社殿鹿児島藩主によって、正徳五年に復興されたものである
 本殿・弊殿・拝殿大規模複合社殿で、登廊下達す一段高ところにあり、登廊下の下に勅使殿が建ち、この前方両側に門守神社配置される。また登廊下途中から西に廊下が出て、神饌所につながっている。
 本殿正面五間、側面四間入母屋造で、正面一間向拝をもつ大規模建物で、組物各所に用いられた彫刻には極彩色施し、また小壁天井に絵を描き、等軸部は漆塗とする。また向拝には龍の彫刻施している。拝殿入母屋造で、正面千鳥破風向拝一間をつけ、極彩色漆塗としている。勅使殿は方一間入母屋造正面唐破風造の向拝をつけるなど派手な意匠によっている。
 本殿・弊殿・拝殿、登廊下勅使殿など同時期の建築が群を構成している。各建物極彩色漆塗朱塗などとし、彫刻絵画などで装飾した豪華表現をしており、建物の質がよく、保存状況もよい。また各建物みられる彫刻絵様には時代先取り傾向強くみとめられ、また本殿向拝の龍の彫刻の手法などに地方色がみられ、鹿児島地方代表的近世社寺建築である。

霧島神宮

読み方:キリシマジングウ(kirishimajinguu)

教団 神社本庁

所在 鹿児島県姶良郡霧島町

祭神 天饒石国饒石天津日高彦火瓊瓊杵尊

神社名辞典では1989年7月時点の情報を掲載しています。

霧島神宮

読み方:キリシマジングウ(kirishimajinguu)

所在 鹿児島県(JR日豊本線)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

霧島神宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/15 18:32 UTC 版)

地理院地図 Googleマップ 霧島神宮




  1. ^ 霧島神宮 - 鹿児島県神社庁 2012年2月27日
  2. ^ ご由緒(公式サイト)。
  3. ^ 霧島町郷土誌編集委員会編 『霧島町郷土誌』 霧島町、1992年。


「霧島神宮」の続きの解説一覧



霧島神宮と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「霧島神宮」の関連用語

霧島神宮のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



霧島神宮のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2020 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2020 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの霧島神宮 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS