午年とは? わかりやすく解説

午年

読み方:うまどし

十二支のひとつ「午(うま)」の年。十二支先頭から数えて7つ目。西暦12割ったときに余り10になる。2002年および2014年干支。午年の前年巳年翌年未年である。十二支すべてを漢字で書くと、子年 丑年 寅年 卯年 辰年 巳年 午年 未年 申年 酉年 戌年 亥年となる。なお、十二支十干掛け合わせた組み合わせ干支になる。午の場合は、庚午(かのえうま) 壬午(みずのえうま) 甲午(きのえうま) 丙午(ひのえうま) 戊午(つちのえうま)となる。

うま‐どし【午年】

読み方:うまどし

暦法で、十二支7番目、午に当たる年。また、その年に生まれた人。


(午年 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/10/22 15:53 UTC 版)

十干
十二支

(うま、ご)は、十二支のひとつ。通常十二支の中で第7番目に数えられる。

前は、次はである。

概要

  • 午年は、西暦年を12で割って10が余る年が午のとなる(日本では新暦1月1日に始まるが、中国では旧暦1月1日に始まる)。
  • 午の月は旧暦5月(概ね新暦6月)。
  • 午の刻は昼の12時を中心とする約2時間。昼の12時を正午と言うのはこれが由来。
  • 午の方は方角である。子午線の語はこれによる。
  • 五行は火気。
  • 陰陽は陽である。

伝承

漢書』律暦志によると午は「忤」(ご:「つきあたる」「さからう」の意味)。草木の成長が極限を過ぎ、衰えの兆しを見せ始めた状態を表しているとされる。

後に覚え易くするために動物のが割り当てられた。

2月の最初の午の日は初午と呼ばれ、稲荷社縁日となっている。

相場格言に「辰巳天井、午尻下がり、未辛抱、申酉騒ぐ。戌は笑い、亥固まる、子は繁栄、丑はつまずき、寅千里を走り、卯は跳ねる」があり、午年の相場は俗に一服する相場といわれる[1]

午を含む干支

関連項目

脚注

  1. ^ 金融市場NOW Financial Market Review vol.121 ニッセイアセットマネジメント、2020年1月13日閲覧。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「午年」の関連用語

午年のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



午年のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの午 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS