崇敬とは? わかりやすく解説

すう‐けい【崇敬】

読み方:すうけい

[名](スル)あがめうやまうこと。尊崇。「生き仏として―する」「―の念」


崇敬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/04 18:14 UTC 版)

崇敬(すうけい、英語: veneration)とは、一般的に「崇め敬うこと」を意味する。ユダヤ教[1]ヒンズー教[2]イスラム教[3]仏教など、すべての主要宗教の各教派の信者によって、正式または非公式に、聖人の崇敬が実践されている[2][4]


  1. ^ a b c d "Veneration of saints is a universal phenomenon. All monotheistic and polytheistic creeds contain something of its religious dimension... " Issachar Ben-Ami (1998). Saint Veneration Among the Jews in Morocco. Wayne State University Press. p. 13. ISBN 978-0-8143-2198-0. https://books.google.com/books?id=Hk9wCuiT7bEC&pg=PA13 2012年9月7日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f g h Werner Stark (1966). Sociology of Religion. Taylor & Francis. p. 367. GGKEY:ZSKE259PDZ9. https://books.google.com/books?id=sUgVAAAAIAAJ&pg=PA367 2012年9月7日閲覧。 
  3. ^ a b Florian Pohl (1 September 2010). Modern Muslim Societies. Marshall Cavendish. pp. 294–295. ISBN 978-0-7614-7927-7. https://books.google.com/books?id=n4Eye4ilLVkC&pg=PA294 2012年9月7日閲覧。 
  4. ^ a b c d e f g h i Lindsay Jones, ed (2005) (タジク語). Thomson Gale Encyclopedia of Religion. Sainthood (Second ed.). Macmillan Reference USA. pp. 8033 
  5. ^ 参照:石井祥裕「崇敬」『岩波キリスト教辞典岩波書店、第2刷、2008年、616頁。
  6. ^ Sufi Islam”. 2018年5月23日閲覧。 “Although frequently characterized as the mystical component of Islam, there are also "Folklorist" Sufis, and the "Traditional" Sufis...Sufism is characterized by the veneration of local saints and by brotherhoods that practice their own rituals.”
  7. ^ Of saints and sinners: The Islam of the Taliban is far removed from the popular Sufism practised by most South Asian Muslims”. The Economist (2008年12月18日). 2018年5月23日閲覧。 “In its popular form, Sufism is expressed mainly through the veneration of saints...South Asia is littered with the tombs of those saints. They include great medieval monuments, like the 13th-century shrine of Khwaja Moinuddin Chisti, founder of South Asia’s pre-eminent Sufi order, in Ajmer. But for every famous grave, there are thousands of roadside shrines, jutting into Delhi’s streets, or sprinkled across the craggy deserts of southern Pakistan.”
  8. ^ Kim Murphy (2003年5月8日). “Saudi Shiites Take Hope From Changes Next Door”. Los Angeles Times. 2018年5月23日閲覧。 “while most Sunnis view them as fellow, though possibly misguided, Muslims, Shiites are regarded as infidels by the Saudi religious establishment, which adheres to the ultraconservative and austere variation of Sunni faith known as Wahhabism. Saudi religious leaders see the Shiite veneration of saints and shrines, celebration of the prophet Muhammad's birthday and other rituals as sinful.”
  9. ^ 第2バチカン公会議文書公式訳改訂特別委員会 2014, p. 68-70.
  10. ^ Miravalle, Mark (2006年11月24日). “What Is Devotion to Mary?”. Mother of all peoples. 2013年11月2日閲覧。
  11. ^ a b s.v. dulia, Cross, F.L.; Livingstone, E.A., eds (1997). The Oxford Dictionary of the Christian Church, Third Edition. Oxford University Press. p. 513 
  12. ^ s.v. proskynesis, Tom Devonshire Jones, Linda Murray, Peter Murray, ed (2013). The Oxford Dictionary of Christian Art and Architecture, Second Edition. Oxford University Press. p. 475. https://books.google.com/books?id=Te2dAAAAQBAJ&lpg=PA475&pg=PA475#v=onepage&f=false 
  13. ^ Casiday, Augustine, ed (2012). The Orthodox Christian World. Routledge. p. 450. https://books.google.com/books?id=bkZITAQ4XbgC&lpg=PA450&pg=PA450#v=onepage&f=false 
  14. ^ Veneration of Images”. New Advent Catholic Encyclopedia. 2018年5月27日閲覧。
  15. ^ a b s.v. Communion of Saints, Alan Richardson, John Bowden, ed (1983). The Westminster Dictionary of Christian Theology. Westminster John Knox Press. p. 114. https://books.google.com/books?id=PN7UMUTBBPAC&lpg=PA274&pg=PA114#v=onepage&f=false 
  16. ^ s.v. Images, Veneration of, Elwell, Walter A., ed (2001). Evangelical Dictionary of Theology. Baker Academic. p. 594. https://books.google.com/books?id=yu846j61u0wC&pg=PA594#v=onepage&f=false 
  17. ^ Mariological Society of America”. Mariologicalsocietyofamerica.us. 2012年1月26日閲覧。
  18. ^ [1] Archived December 2, 2007, at the Wayback Machine.
  19. ^ Publisher’s Notice in the Second Italian Edition (1986), reprinted in English Edition, Gabriel Roschini, O.S.M. (1989). The Virgin Mary in the Writings of Maria Valtorta (English Edition). Kolbe's Publication Inc. ISBN 2-920285-08-4
  20. ^ Chapter 12.
  21. ^ Cybelle Shattuck, Hinduism (London: Routledge, 1999), page 61, https://www.questia.com/read/103395975.
  22. ^ a b See John Renard, Friends of God: Islamic Images of Piety, Commitment, and Servanthood (Berkeley: University of California Press, 2008); Idem., Tales of God Friends: Islamic Hagiography in Translation (Berkeley: University of California Press, 2009)
  23. ^ a b Radtke, B., “Saint”, in: Encyclopaedia of the Qurʾān, General Editor: Jane Dammen McAuliffe, Georgetown University, Washington DC.
  24. ^ Jonathan A.C. Brown, "Faithful Dissenters: Sunni Skepticism about the Miracles of Saints," Journal of Sufi Studies 1 (2012), p. 123
  25. ^ Ibn Taymiyyah, Mukhtasar al-Fatawa al-Masriyya (al-Madani Publishing House, 1980), p. 603
  26. ^ John Renard, Friends of God: Islamic Images of Piety, Commitment, and Servanthood (Berkeley: University of California Press, 2008)
  27. ^ Juan Eduardo Campo, Encyclopedia of Islam (New York: Infobase Publishing, 2009), p. 600
  28. ^ See Jonathan A.C. Brown, Misquoting Muhammad (London: Oneworld Publications, 2015), p. 254
  29. ^ Christopher Taylor, In the Vicinity of the Righteous (Leiden: Brill, 1999), pp. 5-6
  30. ^ "....the veneration of, and pilgrimages to, saints were part of an ancient Jewish tradition." Sharot, Stephen (1976). Judaism: A Sociology. New York: Holmes & Meier Publishers. pp. 42 
  31. ^ "The life of these, mainly Sephardi, communities is marked by an unself-conscious and unquestioning commitment to deeply rooted values, where legalism often yields to common sense, and mystical piety plays an integral part, visible in such practices as veneration of tombs of patriarchs and saints, often associated with pilgrimage." De Lange, Nicholas (2000). An Introduction to Judaism. Cambridge, England: Cambridge University Press. pp. 69 
  32. ^ David M. Gitlitz & Linda Kay Davidson (2005). Pilgrimage and the Jews. Praeger. pp. 118–120. ISBN 978-0275987633 
  33. ^ The New York Observer, Editorial, 07/08/14. "Rebbe to the city and Rebbe to the world".
  34. ^ Shmuley Boteach, "Cory Booker the Spiritual Senator", 10/18/13
  35. ^ Kilgannon, Corey (2004年6月20日). “Lubavitchers Mark 10 Years Since Death of Revered Rabbi”. The New York Times. 2010年1月19日閲覧。
  36. ^ Horowitz, Craig (19 June 1995). “Beyond Belief”. New York Magazine: 42. https://books.google.com/books?id=6eQCAAAAMBAJ&pg=PA42&dq=ohel+chabad&hl=en&sa=X&ei=64ZBT8y-MIe98gPY9MyzCA&redir_esc=y#v=onepage&q=ohel%20chabad&f=false 2012年2月20日閲覧。. 
  37. ^ Identifying Chabad : what they teach and how they influence the Torah world. (Revised [ed.]. ed.). [Illinois?]: Center for Torah Demographics. (2007). pp. 81,103,110,111. ISBN 978-1411642416. https://books.google.com/books?id=-_4eAgAAQBAJ&pg=PA111&lpg=PA111&dq=yechi+prayer&source=bl&ots=FFuHj8CrwB&sig=3zXYYLkQ71E0o55ycAPXV1LmAFY&hl=en&sa=X&ei=nD77U-7FM82Xao2qgdAN&ved=0CEIQ6AEwBQ#v=onepage&q=yechi%20prayer&f=false 


「崇敬」の続きの解説一覧

崇敬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/22 16:11 UTC 版)

マリア崇敬」の記事における「崇敬」の解説

カトリック教会における崇敬は、本来の信仰対象である神に対する崇拝区別して人間であるマリア聖人たち使用する用語・概念である。

※この「崇敬」の解説は、「マリア崇敬」の解説の一部です。
「崇敬」を含む「マリア崇敬」の記事については、「マリア崇敬」の概要を参照ください。


崇敬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/29 22:42 UTC 版)

よきすすめの聖母」の記事における「崇敬」の解説

聖アウグスチノ修道会は、この「よきすすめの聖母」への崇敬を広めることに尽力した年月が経つと大学や、高等学校カトリック教会の様々なカトリック関連機関が、この「よきすすめの聖母」の称号冠した名称をつけられた。この称号聖母祝日4月26日である。

※この「崇敬」の解説は、「よきすすめの聖母」の解説の一部です。
「崇敬」を含む「よきすすめの聖母」の記事については、「よきすすめの聖母」の概要を参照ください。


崇敬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/30 16:58 UTC 版)

アヴィリオス (アレクサンドリア総主教)」の記事における「崇敬」の解説

アヴィリオス聖人として崇敬されている記念日カトリック教会8月29日3月29日en:Canons Regular2月23日コプト正教会ではコプト暦元日正教会2月22日である。

※この「崇敬」の解説は、「アヴィリオス (アレクサンドリア総主教)」の解説の一部です。
「崇敬」を含む「アヴィリオス (アレクサンドリア総主教)」の記事については、「アヴィリオス (アレクサンドリア総主教)」の概要を参照ください。


崇敬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/10 01:22 UTC 版)

聖アグネス」の記事における「崇敬」の解説

ミラノ勅令によりキリスト教公認し、自らもキリスト教徒改宗したローマ皇帝コンスタンティヌス1世は、アグネス墓の前で自分の娘に洗礼受けさせたと伝えられる。のちに墓の上に聖アグネス聖堂イタリア語版)が建てられた。 ローマでは2箇所で彼女の聖遺物が崇敬されているアグネス躯体骨はローマのサンタニェーゼ・フオリ・レ・ムーラ聖堂イタリア語版)(壁の外聖アグネス記念堂)で、頭蓋骨アグネスの墓があるカタコンベの上ナヴォーナ広場建てられ聖アグネス聖堂イタリア語版)でそれぞれ保存されている。

※この「崇敬」の解説は、「聖アグネス」の解説の一部です。
「崇敬」を含む「聖アグネス」の記事については、「聖アグネス」の概要を参照ください。


崇敬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/11 14:37 UTC 版)

ルトガルディス (聖人)」の記事における「崇敬」の解説

ルドガルディスは13世紀代表する神秘家一人だとみなされている。ルドガルディスの人生は、死後2年もしないうちに、ドミニコ会修道士神学者のトマス・カンタンプリ(Thomas Cantimpréの手によって『ルドガルディスの生涯』(Vita Lutgardis)という著作として書き遺されており、この書は聖人崇敬傑作と言われている。ルドガルディスは、エイビア後で世紀にわたって崇敬された。彼女の遺品16世紀発掘され、それはフランス革命経てベルギーのイトレで保管されている。 ルドガルディスを描いたバロック様式作品中には傑作見られる

※この「崇敬」の解説は、「ルトガルディス (聖人)」の解説の一部です。
「崇敬」を含む「ルトガルディス (聖人)」の記事については、「ルトガルディス (聖人)」の概要を参照ください。


崇敬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/02 06:55 UTC 版)

シエナのカタリナ」の記事における「崇敬」の解説

詳細は「カトリック教会の聖人暦を参照 彼女はローマにあるサンタ・マリア・ソプラ・ミネルヴァ教会墓地埋葬された。彼女の墓で奇跡が起こった報告された後、ライモンドは彼女を同教会のバシリカ中に移動させた。ただし、彼女の頭部遺体から切り離されてシエナへと運ばれた。 シエナ出身だったピウス2世 (ローマ教皇)が、1461年6月29日カテリーナ列聖した。 1970年10月4日パウロ6世 (ローマ教皇)カテリーナ教会博士任命した。この称号はほぼ同時にアビラのテレサにも与えられ(1970年9月27日)、この栄誉最初に授かった女性達となった。 ただし当初、彼女の祝祭日カトリック教会の聖人暦入っていなかった。1597年にそれが追加された時は、彼女の命日である4月29日とされた。しかし、これはヴェローナ聖ペトロ祝祭重複したため、1628年カテリーナ祝祭日1日ずれて新たに4月30日となった1969年典礼暦改定で、ヴェローナ聖ペトロ祝祭を(彼の世界知名度考慮して現地任せることが決定されカテリーナ祝祭4月29日戻された。

※この「崇敬」の解説は、「シエナのカタリナ」の解説の一部です。
「崇敬」を含む「シエナのカタリナ」の記事については、「シエナのカタリナ」の概要を参照ください。


崇敬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 00:20 UTC 版)

ナザレのヨセフ」の記事における「崇敬」の解説

聖ヨセフ正式な信心最初の記録800年遡る初期の教会では殉教者のみが崇敬されていたため、ヨセフ重要視されていなかった。「救い主守護者教育者としてのヨセフへの言及9世紀現れ始め14世紀まで成長し続けたトマス・アクィナスは、マリア結婚していなかったなら、ユダヤ人が彼女を石打ちしたであろう、そして、イエス人間父親世話保護を必要としたという受肉計画におけるヨセフ存在必要性について議論したカトリック教会では、3月19日祝日に向けて、「聖ヨセフ7つ日曜日」という習慣信心がある。教会昔からの習慣に従い聖ヨセフ祝日準備し聖ヨセフ人生主な喜びと悲しみ記念して、その祭日先立つ7つ日曜日聖ヨセフ捧げている。 特に、聖ヨセフ七つ日曜日信心奨励し多くの免罪与えたのは教皇グレゴリー16世でしたが、ピウス9世は、全世界教会当時苦しい状況緩和するために、聖ヨセフに頼ることを望んだことで、この週間を永続的に現実のものとしました15世紀には、シエナベルナルディーノ、ピエール・ダリー、ジャン・ジェルソン主要な措置講じたジェルソン聖ヨセフに関する考察書きコンスタンツ公会議ヨセフに関する説教行った1870年12月8日礼部聖省は、教令「クエマドモドゥム・デウス」をもって福者ピオ9世教皇が「聖なる家長ヨセフのいとも力強保護に自らとすべての信者ゆだねるために、聖なる司教たちの願いにこたえることとし聖ヨセフ普遍教会保護者であると荘厳に宣言」し、「3月19日祝日を、今後は一級復誦大祝日として、ただし四旬節中であるため8日間(Octava)なしに祝うことを命じ」たことを公布した1889年教皇レオ13世 (ローマ教皇)は、教会直面している課題考慮して教会守護者として、聖ヨセフに祈るようにカトリック教徒勧める回勅「Quamquam pluries」を発表した聖ヨセフ神学的研究であるジョセフォロジーは、最新の神学分野1つである。 1962年教皇ヨハネ23世は、ミサ典文ヨセフの名を加えた1989年、「Quamquam pluries」の100周年記念際に教皇ヨハネ・パウロ2世贖い計画におけるヨセフ役割を示す使徒勧告救い主守護者聖ヨセフ」を発表した2013年教皇フランシスコは、ミサ典文第2第3第4奉献文にヨセフの名を加えた2020年12月8日教皇フランシスコは、使徒書簡父の心で」を発表し聖ヨセフカトリック教会保護者として宣言されてから150年迎えにあたって2020年12月8日から2021年12月8日までの1年間を「聖ヨセフの特別年」とした。

※この「崇敬」の解説は、「ナザレのヨセフ」の解説の一部です。
「崇敬」を含む「ナザレのヨセフ」の記事については、「ナザレのヨセフ」の概要を参照ください。


崇敬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 06:45 UTC 版)

聖バルバラ」の記事における「崇敬」の解説

十四救難聖人一人で発熱急死から人々を護る鉱山や火を扱うなど危険な場所で働く人々守護聖人である。イタリアおよびスペインでは船や砦の弾薬庫での暴発事故避けるため、聖女バルバラの像をおき、弾薬庫自体聖人にちなんで「サンタ・バルバラ」と呼んだフランスではトンネル工事際に聖バルバラの像を置く。 拷問を受けていたバルバラ手折ったから花が咲いたという逸話から、ドイツフランスアルザス地方ではサクラアンズリンゴレンギョウなどの12月4日聖バルバラ日ににさし、クリスマスの頃についた花の数で幸福を占う。この占いのためのバルバラという。同様に聖バルバラ日に浸した小麦クリスマス芽吹いた数によって翌年豊凶を占うということ行われこれらの麦はバルバラの麦と呼ばれたまた、ドイツの諺に「白い衣装バルバラ良き夏の季節告知する」といい、聖バルバラ日に降る翌年の夏の豊作を示すものと考えられた。 広く民間に崇敬を集めた聖人であるが、カトリック教会では歴史的に実在した証明できないこと理由として1969年聖バルバラ聖人暦から外している。

※この「崇敬」の解説は、「聖バルバラ」の解説の一部です。
「崇敬」を含む「聖バルバラ」の記事については、「聖バルバラ」の概要を参照ください。


崇敬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/26 00:41 UTC 版)

ニコメディアのアドリアノとナタリア」の記事における「崇敬」の解説

アドリアノ兵士肉屋鍛冶屋守護聖人である。ローマ貴族または騎士服装で金床と鉛を持った姿でナタリアとともに描かれる記念日記憶日)は9月8日修正ユリウス暦8月26日)。正教会においてはナタリアと共に崇敬されており、カトリック教会においてはアドリアノのみが列聖されている

※この「崇敬」の解説は、「ニコメディアのアドリアノとナタリア」の解説の一部です。
「崇敬」を含む「ニコメディアのアドリアノとナタリア」の記事については、「ニコメディアのアドリアノとナタリア」の概要を参照ください。


崇敬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/26 00:21 UTC 版)

聖ニノ」の記事における「崇敬」の解説

正教会、特にグルジア正教会および東方諸教会カトリック教会で崇敬される。英語・ロシア語表記から「ニーナ」とも転写され日本正教会では「ニーナ」が一般的であるが、グルジア語での発音は「ニノ」が近い。 ユリウス暦使用する正教会では1月27日修正ユリウス暦使用する正教会グレゴリオ暦使用する諸教会では1月14日記念される

※この「崇敬」の解説は、「聖ニノ」の解説の一部です。
「崇敬」を含む「聖ニノ」の記事については、「聖ニノ」の概要を参照ください。


崇敬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/10 04:56 UTC 版)

フィリポ (福音宣教者)」の記事における「崇敬」の解説

聖人概念を持つ全ての教派で、聖人として崇敬されている西方教会では6月6日記念される東方正教会では、10月11日10月24日)が記憶日である。このほか東方正教会では七十門徒一人として会衆祭でも記憶される

※この「崇敬」の解説は、「フィリポ (福音宣教者)」の解説の一部です。
「崇敬」を含む「フィリポ (福音宣教者)」の記事については、「フィリポ (福音宣教者)」の概要を参照ください。


崇敬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/27 06:06 UTC 版)

ネポムクのヨハネ」の記事における「崇敬」の解説

18世紀聖ヨハネ列聖調査行なった際、その舌が腐らずに残っていたとして、これが奇跡認められた1721年5月31日インノケンティウス13世によって列福1729年3月19日ベネディクトゥス13世によって列聖された。 聖ヨハネ象徴である5つの星には、聖人の遺体の場所を5つの星が示したとする伝説や、キリスト磔刑負った5つの傷(聖痕)の数にちなむとする説がある。また「私は沈黙した」を意味するラテン語tacuiの5つの文字由来するというものもあり、実際に聖人が唇に指をあてた仕草をした像も作られている。 ボヘミア守護聖人で、チェコ・ドイツ・オーストリア・ポーランドなどに関連する教会聖人像がある。聴罪司祭をはじめとした聖職者水難からの庇護者として船員守護聖人としても崇敬されているカレル橋には聖ヨハネの像があり、台座部分レリーフ刻まれ聖人をなでると幸運訪れると信じられている。

※この「崇敬」の解説は、「ネポムクのヨハネ」の解説の一部です。
「崇敬」を含む「ネポムクのヨハネ」の記事については、「ネポムクのヨハネ」の概要を参照ください。


崇敬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/10 01:51 UTC 版)

フィリポ」の記事における「崇敬」の解説

西方教会における記念日はもともと5月1日であり、聖公会ルーテル教会においては現在もその日記念されている。ローマ・カトリック教会においては1955年から5月11日に、さらに1969年から5月3日移動されて現在に至っている。 正教会においては11月14日ユリウス暦をもちいる場合グレゴリオ暦11月27日に相当)フィリップフィリポ)の祭日をもって降誕祭前の斎の開始とし、これを「フィリップの斎」と呼ぶ

※この「崇敬」の解説は、「フィリポ」の解説の一部です。
「崇敬」を含む「フィリポ」の記事については、「フィリポ」の概要を参照ください。


崇敬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/22 20:20 UTC 版)

マージェリー・ケンプ」の記事における「崇敬」の解説

ケンプ英国国教会では11月9日米国聖公会ではリチャード・ロウル、ウォルター・ヒルトンと一緒に9月28日祝日となっている。

※この「崇敬」の解説は、「マージェリー・ケンプ」の解説の一部です。
「崇敬」を含む「マージェリー・ケンプ」の記事については、「マージェリー・ケンプ」の概要を参照ください。


崇敬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/20 22:20 UTC 版)

聖母マリアの汚れなきみ心」の記事における「崇敬」の解説

マリア御心への崇敬は、イエスキリスト聖心への崇拝との類似点がある。しかしながらイエス聖心に対する信心は、人類への愛に溢れイエス聖心そのもの直接行われるが、聖母マリアに対する信心父なる神イエス・キリスト向かったマリア御心による愛を呼び込むものである。この点において双方違いがあるもう一つ相違点として、双方信心そのもの性格の違い挙げられるイエス聖心に対する信心において、カトリック教会キリストの愛に答える愛という意味で崇敬する。マリア御心に対する信心においては研究模倣が愛と同じぐらいの割合重要な位置を占めるマリア御心への信心目的マリア御心を通じて神と人類結びつけることであり、これを進め過程には奉献償い思いを含む 。このマリア御心に対する信心は、マリア御心結びつき、そしてマリア美徳をまねることによって、父なる神イエス・キリスト今まで以上に愛すること目標としている。

※この「崇敬」の解説は、「聖母マリアの汚れなきみ心」の解説の一部です。
「崇敬」を含む「聖母マリアの汚れなきみ心」の記事については、「聖母マリアの汚れなきみ心」の概要を参照ください。


崇敬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/19 06:10 UTC 版)

ボリスとグレブ」の記事における「崇敬」の解説

正教会カトリック教会聖人とされる正教会では、東スラブ諸教会で特に崇敬される。二人異教徒である兄の圧迫に対して模範的なキリスト教信仰保ち致命したとされて、1071年ルーシ正教会ら列聖された。翌年3月2日二人遺体はヴィシュゴロド大聖堂安置され参照ヴィシゴロド諸公会議)、この大聖堂新たに二人の名において成聖された。そののち、彼らの名は他の多くの東欧教会に付けられることとなる。正教会での記憶日は、兄弟共通の記憶日として不朽体移動日3月2日3月15日)、またそれぞれ死没したとされる日であり、ボリス記憶日7月24日8月6日)、グレブ9月5日9月18日)である。ただし、どちらも兄弟両方記憶されることが多い。 西方におけるコスマスダミアヌススラヴ地域におけるキリルとメフォディのように、二人は共に記憶されることが多くロシアには多く「ボリス・グレブ(Borisoglebsk)教会」「ボリス・グレブ修道院」という命名みられる二人列聖東西教会の分裂時期であり、カトリックでは長らく彼らの存在忘れられていたが、1724年ベネディクトゥス13世二人列聖した。

※この「崇敬」の解説は、「ボリスとグレブ」の解説の一部です。
「崇敬」を含む「ボリスとグレブ」の記事については、「ボリスとグレブ」の概要を参照ください。


崇敬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/06 02:10 UTC 版)

アンノ2世」の記事における「崇敬」の解説

1183年教皇ルキウス3世により列聖された。アンノ2世は聖ミヒャエル修道院、グラーフシャフト修道院聖ゲオルク教会、聖マリア階梯教会ザールフェルト修道院、アーフリゲム修道院など多数教会修道院創建関わり聖職者の妻帯禁じて多くの修道院厳格な規律敷いた才気優れ強い情熱を持った人物で、彼が教皇アレクサンデル2世正当性主張したことは当時幼年神聖ローマ皇帝ハインリヒ4世およびドイツ諸邦大きな影響与えたアンノ2世に対する頌歌として、ラテン語の「ヴィタ・アノニス・ミノル (Vita Annonis Minor)」と中高ドイツ語書かれた「アンノの歌」が知られている

※この「崇敬」の解説は、「アンノ2世」の解説の一部です。
「崇敬」を含む「アンノ2世」の記事については、「アンノ2世」の概要を参照ください。


崇敬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/06 04:54 UTC 版)

ローマのラウレンティウス」の記事における「崇敬」の解説

ラウレンティウス墓の上にサン・ロレンツォ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂(イタリア語: Basilica di San Lorenzo fuori le Mura)」が建立されている。ローマ・カトリック教会では「聖ラウレンチオ助祭殉教者」、日本ハリストス正教会では「聖致命者ラウレンティ」、日本聖公会では「殉教者執事ローレンス」と表記されるローマロッテルダムスリランカカナダ守護聖人火傷火災熱病から守ってくれる保護者であり、また、菓子製造人、料理人栄養士メイド、宿の管理人肉屋、ワイン・ビール醸造者、図書館員兵器製造者、ガラス工、ステンドグラス製造者コメディアン学生などの守護聖人でもある

※この「崇敬」の解説は、「ローマのラウレンティウス」の解説の一部です。
「崇敬」を含む「ローマのラウレンティウス」の記事については、「ローマのラウレンティウス」の概要を参照ください。


崇敬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/01 10:12 UTC 版)

登塔者シメオン」の記事における「崇敬」の解説

シメオン死後シメオン倣って塔に登って修行する修道士何人か現れたが、時を経て特異な修道形態としてこの形式そのものすたれたしかしながらシメオン多くの弟子達に、存命中死後大きな影響与えた各地に登塔者聖シメオン記憶する聖堂がある。シメオン柱のあった場所は現在のシリア・アレッポ県にあたる現存しており、その周りには聖シメオン教会(現在は廃墟)が建てられ、その一帯シメオンの名をとってジャバル・サマーンシメオン山)と呼ばれる記憶日正教会9月1日ユリウス暦使用教会では9月14日に相当)。西方教会1月5日である。 シリア北部にある聖シメオン教会 ベラルーシのカミャネツにある登塔者シメオン聖堂 モスクワ・ポヴァルスカヤ通り登塔者シメオン聖堂 モスクワ流れヤウザ川のそばにある登塔者聖シメオン聖堂

※この「崇敬」の解説は、「登塔者シメオン」の解説の一部です。
「崇敬」を含む「登塔者シメオン」の記事については、「登塔者シメオン」の概要を参照ください。


崇敬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/15 04:33 UTC 版)

マルコ (福音記者)」の記事における「崇敬」の解説

マルコ正教会では七十門徒のひとりとされ、「使徒福音者」と称せられる。また初代アレクサンドリア総主教数えられるマルコおよび『マルコの福音書はしばしライオンシンボルあらわされる。これは『エゼキエル書』に登場する四つ生き物由来しそれぞれ四人福音記者福音書あてはめられている828年ヴェネツィア商人アレクサンドリアにあったマルコ聖遺物(ないしそうみなされいたもの)を、ヴェネツィア共和国(現イタリアヴェネツィア)に運んだ。そして聖マルコヴェネツィア守護聖人となったヴェネツィア国旗聖マルコを指す聖書持った有翼金のライオンであり、ヴェネツィア大聖堂サン・マルコ大聖堂名づけられている。その前サン・マルコ広場をはじめとして、ヴェネツィア共和国勢力及んだ各地に今も有翼ライオン像残っている

※この「崇敬」の解説は、「マルコ (福音記者)」の解説の一部です。
「崇敬」を含む「マルコ (福音記者)」の記事については、「マルコ (福音記者)」の概要を参照ください。


崇敬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/19 06:11 UTC 版)

ヤコブ (イエスの兄弟)」の記事における「崇敬」の解説

正教会では「七十門徒」のひとりとして「使徒」称号をもつ。固有の記憶日としては10月23日グレゴリオ暦12月5日)。ほか、12月26日1月8日)にダビデ聖王ダウィド)・ナザレのヨセフ義人イオシフとともに記憶されるほか、1月4日1月17日)に「七十門徒の会聚祭」で記憶される

※この「崇敬」の解説は、「ヤコブ (イエスの兄弟)」の解説の一部です。
「崇敬」を含む「ヤコブ (イエスの兄弟)」の記事については、「ヤコブ (イエスの兄弟)」の概要を参照ください。


崇敬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/12 05:56 UTC 版)

ヤコブ (ゼベダイの子)」の記事における「崇敬」の解説

9世紀ヤコブ遺体とされるものが、遥か遠くスペインの、現在のサンティアゴ・デ・コンポステーラの地で”奇跡的に発見された”とされるその頃スペイン地域は、イベリア半島においてのレコンキスタ最中であり、イスラム勢力闘っていたキリスト教勢力守護する、またはキリスト教徒勢力イベリア半島制圧する行動シンボルとして熱狂的に崇められた。このためスペイン守護聖人とされる(聖ヤコブはスペイン語で「サンティアゴSantiago)」となる)。 このためサンティアゴ・デ・コンポステーラは、イベリア半島のみならず西方カトリック世界における代表的な巡礼地となり、三大巡礼地のひとつ数えられる至った巡礼路整備され巡礼世話することを目的とする修道院配置される至った。いまも同地巡礼聖地として信仰集めている。巡礼路中核をなすものは、隣国フランス発しピレネー山脈越え巡礼路である。詳細サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路を参照ホタテ貝ヤコブシンボルで、フランス語ではホタテ貝を「聖ヤコブの貝」(coquille Saint-Jacques、コキーユ・サンジャック)と呼ぶ英語圏で多いジャック(Jack)の名は、彼の名(ジェイコブ)か、あるいは旧約聖書登場するユダヤ人の祖ヤコブ因むJamesまたはJacob愛称である。ただし、ヨハネを表すJohn愛称である場合の方が多い。なお、フランス語ジャック(Jacques)はヤコブ相当する名前である。 カトリック教会における記念日7月25日正教会での記憶日4月30日ユリウス暦使用する正教会では5月13日に相当)。

※この「崇敬」の解説は、「ヤコブ (ゼベダイの子)」の解説の一部です。
「崇敬」を含む「ヤコブ (ゼベダイの子)」の記事については、「ヤコブ (ゼベダイの子)」の概要を参照ください。


崇敬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/10 05:33 UTC 版)

モンタウのドロテーア」の記事における「崇敬」の解説

モンタウのドロテーア1976年ローマ教皇パウロ6世により聖人とされた。死の直後に列聖請願されたが、ドイツ騎士修道会支援した列聖審問1404年以降開かれず、1955年にようやく再開された。ドロテーア伝記はヨハネス・マリーエンヴェルダーによって書かれ1492年マリーエンブルクでヤーコプ・カルヴァイゼによって出版された

※この「崇敬」の解説は、「モンタウのドロテーア」の解説の一部です。
「崇敬」を含む「モンタウのドロテーア」の記事については、「モンタウのドロテーア」の概要を参照ください。


崇敬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/03 03:19 UTC 版)

聖パンテレイモン」の記事における「崇敬」の解説

治癒者として崇敬を集めるほか、各地に聖パンテレイモン記憶する聖堂・修道院がある。 アトス山にある聖パンテレイモン修道院は、アトス山管轄するコンスタンディヌーポリ総主教庁下にありつつもロシア人修道士集い教会スラヴ語祈りロシア正教会伝統則って奉神礼を行う修道院となっている。 セルゲイ・ラフマニノフに『治癒者聖パンテレイモン』という合唱曲作品がある。また、ニコライ・リョーリフに、パンテレイモン題材にした絵画がある。

※この「崇敬」の解説は、「聖パンテレイモン」の解説の一部です。
「崇敬」を含む「聖パンテレイモン」の記事については、「聖パンテレイモン」の概要を参照ください。


崇敬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/12 09:00 UTC 版)

ラドネジのセルギイ」の記事における「崇敬」の解説

1452年ロシア正教会により列聖された。1422年彼の遺体不朽体として至聖三者聖セルギイ修道院移された。教会9月25日グレゴリオ暦換算すると2007年現在では10月8日)を記念してこの日正教会における記憶日(崇敬の日)と定めた。 現在も彼の遺体至聖三者聖セルギイ修道院至聖三者大聖堂収められており、多くの信者が崇敬に訪れる。普段はガラス覆った納められており、早朝のみ揚げられて直に彼の不朽体に触れる接吻する)ことができる。

※この「崇敬」の解説は、「ラドネジのセルギイ」の解説の一部です。
「崇敬」を含む「ラドネジのセルギイ」の記事については、「ラドネジのセルギイ」の概要を参照ください。


崇敬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/12 05:59 UTC 版)

アポロニア (聖人)」の記事における「崇敬」の解説

ローマ・カトリック教会は、2月9日アポロニア祝日定めた彼女は歯痛に悩む者に人気がある芸術作品では、彼女はペンチ手にしているか、歯を持つ姿で表される14世紀後半フランス写本からの啓蒙広範囲に流布した。アメリカ合衆国では、アポロニア像はポスターとして歯科医院ふさわしいとみなされた。彼女のペンチがはさむ聖なる歯は電球のように内側から光る。 聖アポロニアは、カターニア守護聖人一人である。 ウィリアム・ウォルシュ1897年自身の著作の中で記している。 聖アポロニア遺物ほとんどはローマかつてのサンタ・アポロニア教会内に保存されている。その頭部サンタ・マリア・イン・トラステヴェレ聖堂に、彼女の腕はサン・ロレンツォ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂に、あごの一部は聖バシレイオス教会に、残り遺物それぞれアントウェルペンキリスト教会ブリュッセルの聖オギュスト教会メヘレンリエージュポルト大聖堂のトレサリー、ケルン市内数軒教会納められている。これらの遺物中には歯が一本だけという例や、骨の破片だけというケースがある。 かつてローマのトラステヴェーレ地区に、アポロニア献堂された教会があった(サンタ・マリア聖堂近く)が、今は存在しない小さなサンタ・アポロニア広場があるのみである。リスボンの主要鉄道駅一つは、聖アポロニアの名前にちなんでいる。フランス・ロクロナンの教会に、アポロニア像がある。

※この「崇敬」の解説は、「アポロニア (聖人)」の解説の一部です。
「崇敬」を含む「アポロニア (聖人)」の記事については、「アポロニア (聖人)」の概要を参照ください。


崇敬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/18 00:50 UTC 版)

パルドゥルフス」の記事における「崇敬」の解説

パルドゥルフス祝祭日10月6日である。彼の聖骨箱はサルダン教会置かれたとされるが、現在はゲレ美術館にある。フランスには、サン・パルドゥー・ド・ドンヌなどパルドゥルフス名を冠した地名多く存在する

※この「崇敬」の解説は、「パルドゥルフス」の解説の一部です。
「崇敬」を含む「パルドゥルフス」の記事については、「パルドゥルフス」の概要を参照ください。


崇敬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/02 17:24 UTC 版)

アブー・マンスール・マートゥリーディー」の記事における「崇敬」の解説

中世一時期には、すべての異教」と「異端に対する護教論者の筆頭にアシュアリーを置き、マートゥリーディー過小評価する傾向があった。ただしこれはマーワラーアンナフルには当てはまらず、また、その後マートゥリーディー教説次第広まとともに様々なウラマーによって理論精緻化されていった15世紀にはサマルカンドのジャーカルディーザ(Jākardīza墓地霊廟建ち前近代を通してそこを参詣する者が後を絶たなかった:130。アブー・ムイーン・ナサフィー(Abul Muīn al-Nasafī, 1114年没)は、マートゥリーディー霊的恵みは「はかりしれないほど多大であり」、「神はかれ一人に奇跡(kāramāt)、恩寵(mawāhib)、神助(tawfiq)、導き(irshād, tashdīd)を与えたもうた」と述べている:131。 しかし、神学上の諸問題に対して理性基づいたアプローチをすることを嫌悪する現代サラフィー主義者やワッハーブ主義者は、スンニー派内に蓄積されマートゥリーディー遺産に対してきわめて批判的であり、異端的とまでみなしている。このような敵対視スンニー派思想歴史的に合意してきたこと(ジャマーア)とコンフリクト生じさせる指摘されている。「正統的スンニー派思想」の主流は、マートゥリーディーとアシュアリーの学統継承した者たちによって構成されている。マートゥリーディーとアシュアリーを支持する者から見ればサラフィー主義者とワッハーブ主義者神学的伝統主流から分かれ出小規模分派である。 なお、マートゥリーディー派神学アシュアリー派神学相違点は、両派学者たち自身小さな相違であり表面的な違いに過ぎない考えているそのため、スンニー派思想伝統において、両神学派等しく正統派である。20世紀イスラーム関係書籍出版手掛けた人物ムニール・アブドゥフ・アーガー Munīr ʿAbduh Agha は「アシュアリー派マートゥリーディー派間に教義上の相違はほとんどなく、それゆえ両派は『スンナとジャマーアの民』と呼ばれるのである」と述べた

※この「崇敬」の解説は、「アブー・マンスール・マートゥリーディー」の解説の一部です。
「崇敬」を含む「アブー・マンスール・マートゥリーディー」の記事については、「アブー・マンスール・マートゥリーディー」の概要を参照ください。


崇敬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/20 22:53 UTC 版)

メトディオス (スラヴの(亜)使徒)」の記事における「崇敬」の解説

メトディオスは、弟キュリロスとともに早くから正教会の聖人とされた。19世紀に、カトリック聖人として列聖された。スロバキア1993年から2009年ユーロ導入まで流通していた50コルナ紙幣に、キュリロスと共に肖像使用されていた。 「聖ツィリル・メトデイ正教大聖堂」も参照

※この「崇敬」の解説は、「メトディオス (スラヴの(亜)使徒)」の解説の一部です。
「崇敬」を含む「メトディオス (スラヴの(亜)使徒)」の記事については、「メトディオス (スラヴの(亜)使徒)」の概要を参照ください。


崇敬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/05 03:55 UTC 版)

バヌーの聖母」の記事における「崇敬」の解説

バヌーの聖母2つ称号を持っている。「貧しき者たちの聖母」そして「諸国女王」この称号のもとでの祝日1月15日である。

※この「崇敬」の解説は、「バヌーの聖母」の解説の一部です。
「崇敬」を含む「バヌーの聖母」の記事については、「バヌーの聖母」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「崇敬」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

崇敬

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 08:44 UTC 版)

名詞

すうけいそうきょう

  1. 崇め敬うこと。
    • 崇敬の念

類義語

対義語

発音(?)

す↗ーけー

動詞

  1. 崇め敬う

活用

サ行変格活用
崇敬-する

翻訳


「崇敬」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「崇敬」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



崇敬のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの崇敬 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのマリア崇敬 (改訂履歴)、よきすすめの聖母 (改訂履歴)、アヴィリオス (アレクサンドリア総主教) (改訂履歴)、聖アグネス (改訂履歴)、ルトガルディス (聖人) (改訂履歴)、シエナのカタリナ (改訂履歴)、ナザレのヨセフ (改訂履歴)、聖バルバラ (改訂履歴)、ニコメディアのアドリアノとナタリア (改訂履歴)、聖ニノ (改訂履歴)、フィリポ (福音宣教者) (改訂履歴)、ネポムクのヨハネ (改訂履歴)、フィリポ (改訂履歴)、マージェリー・ケンプ (改訂履歴)、聖母マリアの汚れなきみ心 (改訂履歴)、ボリスとグレブ (改訂履歴)、アンノ2世 (改訂履歴)、ローマのラウレンティウス (改訂履歴)、登塔者シメオン (改訂履歴)、マルコ (福音記者) (改訂履歴)、ヤコブ (イエスの兄弟) (改訂履歴)、ヤコブ (ゼベダイの子) (改訂履歴)、モンタウのドロテーア (改訂履歴)、聖パンテレイモン (改訂履歴)、ラドネジのセルギイ (改訂履歴)、アポロニア (聖人) (改訂履歴)、パルドゥルフス (改訂履歴)、アブー・マンスール・マートゥリーディー (改訂履歴)、メトディオス (スラヴの(亜)使徒) (改訂履歴)、バヌーの聖母 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの崇敬 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS