マリアとは? わかりやすく解説

マリア

作者河村隆一

収載図書ガラスメロディ
出版社角川書店
刊行年月1997.5

収載図書ガラスメロディ
出版社角川書店
刊行年月2002.6
シリーズ名角川文庫


マリア


マリア

作者エリザベス・ボウエン

収載図書あの薔薇を見てよ―ボウエン・ミステリー短編集
出版社ミネルヴァ書房
刊行年月2004.8
シリーズ名MINERVA世界文学


マリア

名前 MáriaMarieMariiaMariyaMariaMaríaMalhiaMaliaMariámMarjMarjaMarlaMaryaMaryam

マリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 01:31 UTC 版)

マリア(Maria)は、ヨーロッパ系の女性名。複合名としては男性にも用いられる。各国語の発音に応じて次のように表記されることがある。イタリア語およびポルトガル語ではマリーアスペイン語では単独でマリーア 、後に続ける場合は例えばマリア・クリスティーナのように表記。ドイツ語ハンガリー語ではマーリア




「マリア」の続きの解説一覧

マリア(Mallia)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/04 13:57 UTC 版)

オーランス」の記事における「マリア(Mallia)」の解説

病の女神不浄三神の一。混沌神。ブルー族寵愛厚く彼らは世界中にマリアの疫病蔓延させる代わりにいかなる病魔からも守護されている

※この「マリア(Mallia)」の解説は、「オーランス」の解説の一部です。
「マリア(Mallia)」を含む「オーランス」の記事については、「オーランス」の概要を参照ください。


マリア (Maria)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 04:06 UTC 版)

ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル」の記事における「マリア (Maria)」の解説

フラメンコ部を作ろうとしたが、ジェニファー捕まってアイドル活動参加することになった

※この「マリア (Maria)」の解説は、「ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル」の解説の一部です。
「マリア (Maria)」を含む「ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル」の記事については、「ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル」の概要を参照ください。


マリア(ソニア・ブラガ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/22 12:13 UTC 版)

セックス・アンド・ザ・シティ」の記事における「マリア(ソニア・ブラガ)」の解説

サマンサ交際するレズビアンアーティスト付き合った当初は仲が良いが、自由奔放なサマンサは段々マリアの嫉妬複雑さ疲れていく。

※この「マリア(ソニア・ブラガ)」の解説は、「セックス・アンド・ザ・シティ」の解説の一部です。
「マリア(ソニア・ブラガ)」を含む「セックス・アンド・ザ・シティ」の記事については、「セックス・アンド・ザ・シティ」の概要を参照ください。


マリア (Maria)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/24 22:44 UTC 版)

サウンド・オブ・ミュージック」の記事における「マリア (Maria)」の解説

マリアの性格修道女達がからかう。結婚式の場面で歌われる

※この「マリア (Maria)」の解説は、「サウンド・オブ・ミュージック」の解説の一部です。
「マリア (Maria)」を含む「サウンド・オブ・ミュージック」の記事については、「サウンド・オブ・ミュージック」の概要を参照ください。


マリア(声:日高のり子)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/04/10 06:34 UTC 版)

「B'T X」の記事における「マリア(声:日高のり子)」の解説

皇国内の墓場にいた、シスター服装をした少女。死神同様、体のほとんどがサイボーグ化されている

※この「マリア(声:日高のり子)」の解説は、「B'T X」の解説の一部です。
「マリア(声:日高のり子)」を含む「B'T X」の記事については、「B'T X」の概要を参照ください。


マリア(マグダラのマリア)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/14 01:56 UTC 版)

聖☆おにいさん」の記事における「マリア(マグダラのマリア)」の解説

イエス磔刑から復活した直後弟子達が誰も信じてくれなかった思い出復活祭)をする際に名前のみが登場。「庭師間違えられた」と回想していること、呼び捨てにしていることから母さんではないと分かるイエス周囲にはマリアという女性が多いため、彼のスマホには「マリア(第1発見者)」と登録されている。

※この「マリア(マグダラのマリア)」の解説は、「聖☆おにいさん」の解説の一部です。
「マリア(マグダラのマリア)」を含む「聖☆おにいさん」の記事については、「聖☆おにいさん」の概要を参照ください。


マリア( مريم マルヤム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/11 15:56 UTC 版)

聖書の説話とクルアーンの関係」の記事における「マリア( مريم マルヤム)」の解説

詳細は「イエスの母マリア」、「聖母マリア」、および「プロテスタントにおけるマリヤ観を参照 マリア(マルヤム)の物語は、ルカによる福音書1:26-37、2:1-21クルアーン19:16-35で語られる聖書では、エリザベト洗礼者ヨハネ懐妊し半年後に、神が天使ガブリエルナザレにいた聖母マリアのもとに遣わした。マリアはダビデ王家の出自で、同じ王族ヨセフ婚約していた。人の似姿をした天使家の中に訪れて女に恵まれた女よ、主が汝とともにおられる」と告げる。マリアは祝辞聞いた声が出なかった。天使のことも、彼が来た理由も、言葉の意味わからず混乱していたのである天使続けて恐れるなマリア、汝は神の恵み受けたのである見よ、汝はその子宮に子を宿し息子授かるであろう彼の名をイエス名付けよ彼は大いなる者となり、いと高き方の息子呼ばれるだろう。主たる神は、彼にダビデ玉座与える。彼はヤコブの家を永遠に統治し彼の王国限りなく続くであろう。」と告げる。神のごときガブリエル言葉疑わぬでも、恐れ驚きいっぱいになり、彼女は答えた。「どうしてそのようなことがあり得ましょう私は男性知らぬのに?」マリアの不安を消し、彼女の処女性守られることを保証して天使答えた。「聖霊が汝を訪れ、いと高き方の力が汝を覆いかくすであろうそれゆえ汝の産む子は聖なる者であり、神の子呼ばれるのである。」その言葉の真実性示して彼は洗礼者ヨハネ受胎、つまり長年不妊でもはや老齢親類奇跡的に懐妊したことをマリアに教える。「そして見よ、汝のいとこエリザベトを。彼女もまた老齢懐妊し不妊呼ばれていたのにすでに妊娠6ヶ月数えている。神に不可能はないのだ。」この喜び満ちたメッセージや、母になることと処女性誓いがどう両立するのかを、マリアはまだ十分に理解していなかったかもしれないが、天使最初の言葉信じ全能の神信じて言った。「神の端女たる私に、御言葉によってその通りになされますよう。」 ルカによる福音書ではマリアはヨセフ婚約しているが、クルアーンでは男性はまった言及されていないクルアーンでは、『彼女の身内』はマリアとの会話の中で、彼女の姦淫責めている。聖書では、同様の会話はなされていないが、人々がそう考えていることをヨセフ承知していた。 クルアーンにはマルヤムの名からとられた章があり、その16-37でマルヤム物語述べられる。 またこの啓典の中でマルヤム(の物語)を述べよかの女家族から離れて東の場に引き籠った時,かの女はかれらから(身をさえぎる)幕を垂れたその時われはわが聖霊ジブリール)を遣わした。かれは1人立派な人間の姿でかの女前に現われたかの女言った。「あなた(ジブリールに対して慈悲深き御方御加護祈ります。もしあなたが,主を畏れておられるならば(わたしに近寄らない下さい)。」かれは言った。「わたしは,あなたの主から遣わされ使徒に過ぎない清純息子あなたに授ける(知らせの)ために。」かの女言った。「未だ且つて,誰もわたしに触れません。またわたしは不貞でもありません。どうしてわたし息子がありましょう。」かれ(天使)は言った。「そうであろう。(だが)あなたの主は仰せられる。『それはわれにとっては容易なことである。それでかれ(息子)を入びとへの印となし,またわれから慈悲とするためである。(これは既に)アッラー御命令があったことである。』」 こうして,かの女はかれ(息子)を妊娠したので,遠い所に引き籠った。だが分娩苦痛のために,ナツメヤシの幹に赴き,かの女言った。「ああ,こんなことになる前に,わたしは亡きものになり,忘却中に消えたかった。」その時声があって)かの女下の方から呼んだ。「悲しんでならない主はあなたの足もとに小川創られた。またナツメヤシの幹を,あなたの方に揺り動かせ。新鮮な熟したナツメヤシの実が落ちてこよう。食べ且つ飲んで,あなたの目を冷しなさい。そしてもし誰か見たならば,『わたしは慈悲深き主に,斎戒約束しました。それで今日は,誰とも御話いたしません。』と言ってやるがいい。」 それからかの女は,かれ(息子)を抱いて自分の人びとの許に帰って来たかれらは言った。「マルヤムよ,あなたは,何と大変なことをしてくれたのか。ハールーン姉妹よ,あなたの父は悪い人ではなかった。母親不貞の女ではなかったのだが。」そこでかの女は,かれ(息子)を指さしたかれらは言った。「どうしてわたしたちは,揺能の中の赤ん坊話すこと出来ようか。」(その時)かれ(息子)は言った。「わたしは,本当にアッラーのしもべです。かれは啓典をわたしに与え,またわたしを預言者なされました。またかれは,わたしが何処にいようとも祝福与えます。また生命ある限り礼拝捧げ,喜捨をするよう,わたしに御命じなりました。またわたしの母に孝養尽くさせ,高慢な恵まれない者になされませんでした。またわたしの出生の日,死去の日,復活の日に,わたしの上に平安ありますように。」 そのことイーサーマルヤムの子であること)に就いて,かれら(ユダヤ教徒,キリスト教徒)は疑っているが本当に真実そのものである。アッラー子供出来るなどということはありえない。かれに讃えあれ。かれが一事決定され,唯「有れ。」と仰せになれば,即ち有るのである本当にアッラーは,わたしの主であり,またあなたがた主であられる。だからかれ仕えなさい。これこそ正しい道である。それなのにかれらの間で,諸宗派が異なる。信じない者こそ災いである。偉大なる日の審判のために。

※この「マリア( مريم マルヤム)」の解説は、「聖書の説話とクルアーンの関係」の解説の一部です。
「マリア( مريم マルヤム)」を含む「聖書の説話とクルアーンの関係」の記事については、「聖書の説話とクルアーンの関係」の概要を参照ください。


マリア(Maria)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/17 00:06 UTC 版)

アサシン クリード ブラッドライン」の記事における「マリア(Maria)」の解説

アルタイル最初に対峙するボスキャラクター前作アサシンクリードで、ロベール・ド・サブレの影武者務めた女性サブレ後ろ盾失って後は騎士団内での地位危うくなっていた。アルタイル敗れた後は捕虜として行動を共にするが、そのうち騎士団裏切り者扱いされ、最後にはアルタイル共闘する羽目に。本編ではキプロス島戦いの後アルタイルと共に東に行ったことが示唆され終わるが、後にアルタイルとの間に子を儲ける。使用している武器は「マリアの長剣」。

※この「マリア(Maria)」の解説は、「アサシン クリード ブラッドライン」の解説の一部です。
「マリア(Maria)」を含む「アサシン クリード ブラッドライン」の記事については、「アサシン クリード ブラッドライン」の概要を参照ください。


マリア(マリア・エレン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/13 03:31 UTC 版)

ホーンブロワーシリーズ」の記事における「マリア(マリア・エレン)」の解説

ホーンブロワーが、休職海尉の期間に住んでいた下宿屋経営するメイスン夫人未亡人)の娘。貧窮苦しんでいたホーンブロワー陰日向なく支える。ホーンブロワー最初の妻となり、一途な愛を捧げるホーンブロワーとの間に二男一女を産む。結婚前は、私設小学校の教師務めており、18世紀末イギリス女性として十分な教育を受けていた。作中において、ホーンブロワーには彼女のことを愛しきれない気持ちつきまとっていた様で、妻に会いたくない(妻を愛していない自分認めたくない)といった類い記述見られた。

※この「マリア(マリア・エレン)」の解説は、「ホーンブロワーシリーズ」の解説の一部です。
「マリア(マリア・エレン)」を含む「ホーンブロワーシリーズ」の記事については、「ホーンブロワーシリーズ」の概要を参照ください。


マリア(まりあ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/03 14:08 UTC 版)

超・占事略決」の記事における「マリア(まりあ)」の解説

ふんばり編の主人公一人16歳ミツルの姉。使用シャーマンは、恐山アンナファウストVIII世。(2以降はフリーになっている。)

※この「マリア(まりあ)」の解説は、「超・占事略決」の解説の一部です。
「マリア(まりあ)」を含む「超・占事略決」の記事については、「超・占事略決」の概要を参照ください。


マリア(声:横山智佐)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 15:47 UTC 版)

クッキングパパの登場人物」の記事における「マリア(声:横山智佐)」の解説

若者人気のディスコ天神マリアクラブのディスコクイーン。第7巻COOK.67に登場。マリアが本名なのかは不明田中親しくなり、当の田中出勤時でさえも派手なスーツ着込むほどの熱の入れようで、カップラーメン生活を送るほどの金欠になってもなお、マリア目当て毎日のようにディスコに通っていた。

※この「マリア(声:横山智佐)」の解説は、「クッキングパパの登場人物」の解説の一部です。
「マリア(声:横山智佐)」を含む「クッキングパパの登場人物」の記事については、「クッキングパパの登場人物」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「マリア」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「マリア」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



マリアのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマリア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのオーランス (改訂履歴)、ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル (改訂履歴)、セックス・アンド・ザ・シティ (改訂履歴)、サウンド・オブ・ミュージック (改訂履歴)、B'T X (改訂履歴)、聖☆おにいさん (改訂履歴)、聖書の説話とクルアーンの関係 (改訂履歴)、アサシン クリード ブラッドライン (改訂履歴)、ホーンブロワーシリーズ (改訂履歴)、超・占事略決 (改訂履歴)、クッキングパパの登場人物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS