ガブリエルとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ガブリエルの意味・解説 

ガブリエル 【Gabriel】


ガブリエル


ガブリエル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 02:19 UTC 版)

ガブリエルヘブライ語: גַברִיאֵל‎、アラビア語: جِبرِيل‎、英語: Gabriel)は、旧約聖書ダニエル書』にその名があらわれる天使ユダヤ教からキリスト教イスラム教へと引き継がれ、キリスト教ではミカエルラファエルと共に三大天使の一人であると考えられている(ユダヤ教ではウリエルを入れて四大天使)。西方キリスト教美術の主題の一つ「受胎告知」などの西洋美術において、彼は優美な青年で描かれる。時には威厳のある表情で描かれることもある[2][3]


  1. ^ http://www.catholic.org/saints/saint.php?saint_id=279
  2. ^ *矢代幸雄『受胎告知』新潮社(1973)
  3. ^ *ローラ・ウォード/ウィル・スティーズ(著)小林純子(訳)『天使の姿―絵画・彫刻で知る天使の物語』新紀元社(2005年)
  4. ^ The Dogmatic Tradition of the Orthodox Church; Greek Orthodox Archdiocese of America
  5. ^ GABRIEL - JewishEncyclopedia.com
  6. ^ ダニエル書(口語訳)#8:16
  7. ^ ダニエル書(口語訳)#9:21
  8. ^ グスタフ・デイヴィッドスン 『天使辞典』 創元社
  9. ^ 天使の世界~古代の神々からユダヤ・キリスト教の天使へ~ 京都産業大学文化学部国際文化学科
  10. ^ ルカによる福音書(口語訳)#1:19
  11. ^ ルカによる福音書(口語訳)#1:26
  12. ^ アラビア語ラテン翻字: Jibrīl
  13. ^ *ジョン・ミルトン(著)平井正穂(訳)『失楽園』筑摩書房(1979)
  14. ^ 真野隆也 『悠久なる魔術』 新紀元社


「ガブリエル」の続きの解説一覧

ガブリエル(声:みる)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/22 10:09 UTC 版)

Xross Scramble」の記事における「ガブリエル(声:みる)」の解説

アヴァター魔法科学によって作られたメイドロボット王都地下道進入してくるゾンビ撃退しながら掃除をしている。よく、首がもげるらしく大河初め出会ったときもナナシ同族勘違いした

※この「ガブリエル(声:みる)」の解説は、「Xross Scramble」の解説の一部です。
「ガブリエル(声:みる)」を含む「Xross Scramble」の記事については、「Xross Scramble」の概要を参照ください。


ガブリエル (Biff)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/03 06:56 UTC 版)

どうぶつの森 ホヒンダ村だより」の記事における「ガブリエル (Biff)」の解説

カバ男性大きな鼻が自慢ボケとツッコミ役。

※この「ガブリエル (Biff)」の解説は、「どうぶつの森 ホヒンダ村だより」の解説の一部です。
「ガブリエル (Biff)」を含む「どうぶつの森 ホヒンダ村だより」の記事については、「どうぶつの森 ホヒンダ村だより」の概要を参照ください。


ガブリエル(Gabriel)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/04 06:27 UTC 版)

百年の孤独」の記事における「ガブリエル(Gabriel)」の解説

アウレリャノ・バビロニアの四人友人一人。ヘリネルド・マルケス大佐曾孫フランス雑誌懸賞当選しパリへ旅立つ作者自身モデルであるといわれている。

※この「ガブリエル(Gabriel)」の解説は、「百年の孤独」の解説の一部です。
「ガブリエル(Gabriel)」を含む「百年の孤独」の記事については、「百年の孤独」の概要を参照ください。


ガブリエル(Gabriel)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/23 18:27 UTC 版)

Red Raven」の記事における「ガブリエル(Gabriel)」の解説

ウォルター監視烏頭部の羽が長く目が隠れている他のに比べ小型で人を恐れるためいつも遠く監視している。

※この「ガブリエル(Gabriel)」の解説は、「Red Raven」の解説の一部です。
「ガブリエル(Gabriel)」を含む「Red Raven」の記事については、「Red Raven」の概要を参照ください。


ガブリエル (Gabriel) (S5)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/23 14:16 UTC 版)

LUCIFER/ルシファー」の記事における「ガブリエル (Gabriel) (S5)」の解説

メッセージ(ゴシップ)の天使地獄耳ルシファーが呼ぶと飛んでくる。どの宇宙へメッセージ届け能力を持つ。ケンタウルス怖がっている

※この「ガブリエル (Gabriel) (S5)」の解説は、「LUCIFER/ルシファー」の解説の一部です。
「ガブリエル (Gabriel) (S5)」を含む「LUCIFER/ルシファー」の記事については、「LUCIFER/ルシファー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ガブリエル」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ガブリエル」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ガブリエル」の関連用語

ガブリエルのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ガブリエルのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのガブリエル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのXross Scramble (改訂履歴)、どうぶつの森 ホヒンダ村だより (改訂履歴)、百年の孤独 (改訂履歴)、Red Raven (改訂履歴)、LUCIFER/ルシファー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS