ルシファーとは?

ルシファー【Lucifer】


ルシファー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/23 04:32 UTC 版)

ルシファー (Lucifer、ルキフェル、ルシフェルとも) は、明けの明星を指すラテン語であり、光をもたらす者という意味をもつ悪魔堕天使の名である。キリスト教、特に西方教会カトリック教会プロテスタント)において、堕天使の長であるサタンの別名であり[1]、魔王サタンの堕落前の天使としての呼称である[2]




  1. ^ リュシフェル。
  2. ^ ただし中世の民衆レベルでは、ルシファーとサタンの人格の同一性については必ずしも首尾一貫していたわけではなかった。例えばジェフリー・バートン・ラッセルの指摘するところでは、中世の民話や文学ではサタンがルシファーの配下とされる場合もあった(ラッセル『悪魔の系譜』183頁)。
  3. ^ アダムが粘土から作られたのか、太陽の恵みによって作られたのか等、アダムの誕生については様々な説がある。[要出典]
  4. ^ キリスト教神学の説明するところでは、天使が罪を犯すのはその自由意志に起因する。なぜ全能の神が、罪を犯す可能性のある自由意志をもつ存在を創造したのか、という問題は神義論の射程でもある(J・ゴンサレス 『キリスト教神学基本用語集』 鈴木浩訳、2010年、135頁)。
  5. ^ 新共同訳聖書ではティルス、新改訳聖書ではツロ。
  6. ^ レスリー・ミラーは『天使のすべて』で、聖書は天使を星として表現していると指摘する(グラハム『天使』「ルシファーと天使の反逆」82頁)。
  7. ^ 七十人訳聖書、およびギリシア教父であるオリゲネスは、明けの明星を指すギリシア語のヘオースポロス ἑωσφόρος を用いている。
  8. ^ 寿岳文章訳『神曲』での表記。教会ラテン語では ci は「チ」と読む(田淵文男監修、江澤増雄著 『教会ラテン語・事始め』 サンパウロ、2004年、99頁)。
  9. ^ 『いちばん詳しい「堕天使」がわかる事典』(SBクリエイティブ、2014年、36頁)の中で、著者の森瀬繚は「ルシファーとミカエルが双子だとする説には由緒ある典拠は見当たらず、20世紀以降のフィクション作品から広まった話ではないか」と述べている。
  1. ^ 岩波 キリスト教辞典』1202頁
  2. ^ フェルナン・コント 『ヴィジュアル版 ラルース 世界の神々 神話百科』 蔵持不三也訳、554頁。
  3. ^ エンデルレ書店『現代カトリック事典』9頁
  4. ^  Herbermann, Charles, ed. (1913). "Lucifer" . Catholic Encyclopedia (英語). New York: Robert Appleton Company.
  5. ^ 南條『「悪魔学」入門』46-48頁
  6. ^ ラッセル『ルシファー 中世の悪魔』52-53、61頁
  7. ^ 稲垣『天使論序説』139、141頁
  8. ^ ラッセル『ルシファー 中世の悪魔』103-104頁
  9. ^ アウグスティヌス『神の国』第十一巻第15章
  10. ^ グラハム『天使』83-84頁
  11. ^ グラハム『天使』81頁
  12. ^ ロイドジョンズ『キリスト者の戦い』
  13. ^ 稲垣『天使論序説』
  14. ^ シーセン『組織神学』334頁
  15. ^ グラハム『天使』
  16. ^ シーセン『組織神学』
  17. ^ ロイドジョンズ『キリスト者の戦い』
  18. ^ シーセン『組織神学』333頁
  19. ^ なあぷる社『週刊聖書』319頁
  20. ^  日本聖書協会. イザヤ書(口語訳). - ウィキソース. 
  21. ^ リンク『悪魔』39頁
  22. ^  日本聖書協会. ペテロの第二の手紙(口語訳). - ウィキソース. 
  23. ^ リンク『悪魔』39頁
  24. ^  Percy Bysshe Shelley. A Defence of Poetry. - ウィキソース. 
  25. ^ 南條 『「悪魔学」入門』78頁
  26. ^ リンク『悪魔』38-42頁
  27. ^ リンク『悪魔』33頁
  28. ^ Percy Bysshe Shelley. “Essay on the Devil and Devils” (英語). Ralph Dumain/THE AUTODIDACT PROJECT. 2011年9月2日閲覧。
  29. ^ リンク『悪魔』39頁
  30. ^ リンク『悪魔』46頁
  31. ^  日本聖書協会. ルカによる福音書(口語訳). - ウィキソース. 
  32. ^ ラッセル『悪魔の系譜』63、77頁
  33. ^ ルドルフ・シュタイナー『神秘学概論』高橋巖訳、筑摩書房〈ちくま学芸文庫〉、1998年。ISBN 4-480-08395-2
  34. ^ リン・ピクネット『光の天使ルシファーの秘密 隠された神のシナリオ』関口篤訳、青土社、2006年、352頁。ISBN 4-7917-6296-7
  35. ^ 鏡リュウジ『ウイッチクラフト(魔女術)』柏書房、1992年。ISBN 4-7601-0725-8
  36. ^ 悪魔は実在しますか(エホバの証人の公式サイト)





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ルシファー」の関連用語

ルシファーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ルシファーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのルシファー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS