お笑いコンビとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > お笑いコンビの意味・解説 

お笑いコンビ


お笑いタレント

(お笑いコンビ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/22 22:29 UTC 版)

お笑いタレント(おわらいタレント)は、主にテレビ番組において面白い言葉の表現や、体や顔の表情の面白い動きなどで視聴者や観客を笑わせる役割を担うタレントの総称で、お笑い芸人(おわらいげいにん)とも呼ばれる。「お笑いタレント」と呼ばれる人物は、おおむねコメディアン落語家漫才師/漫談師・コント俳優・声帯/形態模写芸人・マジシャンコミックバンドメンバー、歌手などの芸域のどれかに属する。


注釈

  1. ^ 吉本や松竹においても、稀に例外が存在する。例えば今田耕司は、年下だが芸歴が2年先輩の吉田ヒロに対して呼び捨てし、タメ口で接しているほか、オセロ松嶋尚美は芸歴無視で完全に年齢順で上下関係を判断して接しているため、先輩のよゐこTKOに対して「君」付けをしている。しかし、このような例は、当事者同士がよほど親しくてお互い理解を示しているか、本人のキャラクター性が極めて強くない限り許されることがないのが通常である。

出典

  1. ^ 牧野 高吉 『なぜ日本人は英語を間違うのか?読むだけで英語力が身につく!「英語と日本語コトバくらべの面白さ」』SMART GATE Inc.。 
  2. ^ テレビ局スタッフに聞いた、「一緒に仕事をしたくない」嫌われ者タレントは?cuzo woman
  3. ^ ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!』2011年10月22日放送より。
  4. ^ 2010年10月14日放送回『おぎやはぎのメガネびいき』(TBSラジオ)でのおぎやはぎの発言より。
  5. ^ 「エンタ業界の大疑問100 Q2「大物芸人が司会者になる理由は?」」『日経エンタテインメント!』第10巻第15号、日経BP、2006年10月、 pp.28。


「お笑いタレント」の続きの解説一覧

お笑いコンビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/11 08:48 UTC 版)

パンドラ (曖昧さ回避)」の記事における「お笑いコンビ」の解説

パンドラ - 2009年結成された「山崎真理なめたらいかんぜよ。MARI)」と「羽村嶺美」によるよしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のNSC14期の女性お笑いコンビ。現在は解散パンドラ - 2013年4月結成された「森岡廉」と「栗原竜馬」によるホリプロコム所属のお笑いコンビ。現在は「ブギープレデターズ」に改名パンドラ - 2013年結成された「伊東和輝」と「福田和真」による松竹芸能所属のお笑いコンビ。

※この「お笑いコンビ」の解説は、「パンドラ (曖昧さ回避)」の解説の一部です。
「お笑いコンビ」を含む「パンドラ (曖昧さ回避)」の記事については、「パンドラ (曖昧さ回避)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「お笑いコンビ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「お笑いコンビ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

お笑いコンビのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



お笑いコンビのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのお笑いタレント (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのパンドラ (曖昧さ回避) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS