手前とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 手前 > 手前の意味・解説 

て‐めえ【手前】

[代]《「てまえ」の音変化。「てまえ」のぞんざいな言い方

一人称人代名詞。わたし。あっし。「手前にはかかわりのないことです」

二人称人代名詞。おまえ。きさま。「手前に文句がある」

[補説] 1は「あいつはてめえのことしか考えない」「てめえから名のって出る」のように自分自身の意でも用いられる。


て‐まえ〔‐まへ〕【手前】

【一】[名]

自分目の前自分のもと。「手前にある本を取る」

自分に近い方。また、目標とするものの前。こちら。「手前の交差点右折する」「採用一歩手前段階

人の見る前。他人に対す自分立場面目体裁。「少しは世間の手前も考えなさい」「言い出した手前、とても断れない」

腕前技量手並み。「お手前拝見

(「点前」とも書く)茶の湯で、たてたり炭をついだりするときの所作作法。→御手前(おてまえ)

自分ですること。自前

「―の商ひをして、大方は仕損じ」〈浮・永代蔵・二〉

自分のものであること。自分支配下であること。

「―の人足数千人出て」〈浮・武家義理・三〉

暮らし向き生計経済状態

一代のうちにかく―富貴になりぬ」〈浮・永代蔵・二〉

【二】[代]

一人称人代名詞自分のこと謙遜していう語。わたくし。「手前の生まれ信州です」

二人称人代名詞

対等または目下相手をさしていう。おまえ。→てめえ

「おれは―を憎くて殺したのでねえんだぞ」〈賢治・なめとこ山の熊

㋑(「おてまえ」の形で)対等相手をさしていう。あなた。

「お―の大切にしらるるものをおれが伐るものか」〈咄・鹿の巻筆・一〉


てまえ(手前)

馬が走るとき、右前肢を左前肢より常に前に出して走ることを右手前という。これは後肢大きく踏み込んで大地を蹴るための推進作用からくる歩法で、左前肢の場合も同じ。それでは馬は右利きなのか、左利きなのだろうか。普通はどちらでもこなすのだが、なかには先天的に“右利き”とか“左利き”という馬もいる。ただいえることは、動物は大体心臓がからだの左側ついているので、左利き左手前で走る方が自然のようである。人間陸上競技トラック左回りということもこれを裏書きしている。競馬ではアメリカコース左回り日本では右回りが多い。ヨーロッパでは左右ほどほどになっている。
4肢のいずれかに慢性の故障のある馬は、はっきり、右、左のどちらかの手前を苦にするようである。


手前

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/24 07:26 UTC 版)

手前(てまえ)




「手前」の続きの解説一覧

手前

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 20:24 UTC 版)

和語の漢字表記

(てまえ)

  1. てまえ参照



手前と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「手前」の関連用語

手前のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



手前のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JRAJRA
Copyright 2021 Japan Racing Association.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの手前 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの手前 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 Weblio RSS