ブレークスルーとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ブレークスルーの意味・解説 

ブレークスルー【breakthrough】

読み方:ぶれーくするー

困難や障害突破すること。また、その突破口


ブレーク・スルー

【英】:Break Through

ブレーク・スルーとは従来の考え方大きく打ち破った考え方解決策見出すこと。

モトローラ大学では、シックスシグマの中で従来発想では、越えられなかった発想で、DMAIC改善サイクル)をまわすことによって、従来にない画期的な成果得よう提唱している。

ブレーク・スルー

読み方ぶれーく するー
【英】: break through

水攻法ガス圧入法において、圧入井から圧入された流体生産井到達する現象をブレーク・スルーという。貯留中の油を効率良く収するためには圧入流体油層内を均一に攻することが望ましいが、易動度比が適切でない場合や高浸透率部分存在する場合にはブレーク・スルーの時期早まり十分な掃攻が行われなくなる結果採収率低下する。この対策として圧入流体粘度や量を調整し適切な易動度比を設計(モビリティ・コントロール)することが行われる。特にケミカル攻法において高粘度ポリマー溶液使用されることが多い。また、浸透率層を圧入流体優先的に流れる(チャンネリング現象)のを防ぐため、あらかじめ高粘度ポリマー溶液圧入し、高浸透率層を閉塞へいそく}する方法とられることもある。実際の油田では、水のブレーク・スルー、ガスのブレーク・スルーをそれぞれ原油中の塩分濃度生産ガス油比継続的に測定することによって監視している。

ブレークスルー breakthrough

全体 ★☆☆☆ 60歳以上 ★☆☆☆

凡例

突破

要員削減という手法限界がある以上,技術的なブレークスルー突破が「製鉄世界一」の座を死守するための重要な武器といえる

意味説明

技術などの行き詰まり突破すること

難関突破 打開 飛躍的前進 躍進 突破口


ブレイクスルー

(ブレークスルー から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/24 08:35 UTC 版)

ブレイクスルーブレークスルー英語: breakthrough)は、障壁の突破を意味する英単語。一般的には、進歩、前進、また一般にそれまで障壁となっていた事象の突破の事など肯定的な意味であるが、障壁を突破されて問題が発生することも意味する。


  1. ^ 「ワクチン接種後のブレークスルー感染」 なぜワクチンと感染予防対策の両方が必要なのか”. 厚生労働省 (2021年8月27日). 2021年10月2日閲覧。
  2. ^ 杉田隆「For Your Information」『ファルマシア』第44巻第1号、公益社団法人日本薬学会、2008年、 22頁、 doi:10.14894/faruawpsj.44.1_22
  3. ^ 中瀬 一則、菅原 由美子、藤岡 正紀、今井 寛、片山 直之「ミカファンギン耐性非カンジダ属真菌によるブレイクスルー感染症の臨床的特徴」『日本臨床救急医学会雑誌』第18巻第1号、一般社団法人 日本臨床救急医学会、2015年、 38-44頁、 doi:10.11240/jsem.18.38


「ブレイクスルー」の続きの解説一覧

ブレークスルー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 14:48 UTC 版)

ダーレン・アロノフスキー」の記事における「ブレークスルー」の解説

2007年アロノフスキーは『ザ・ファイター』の製作のために脚本家スコット・シルヴァー雇った彼はクリスチャン・ベール俳優起用しようとしたが、アロノフスキーは『レスラー』との類似点や、MGM『ロボコップ』リメイクに取り組むために断念する2010年7月アロノフスキー金銭的な面からスタジオ将来の不安からプロジェクトから去った映画について問われた際、彼は「まだ所属していると思う。わからない。あまり問われこともない2007年の間、アロノフスキーノアの方舟についての映画構想していることを発言したアロノフスキー10年以上『レスラー』の企画持ち続けていた。構想脚本にするためRobert D. Siegel雇った2007年10月ニコラス・ケイジ主役ランディー役の交渉入った翌月ケイジプロジェクト去りミッキー・ローク代わりに主役となったアロノフスキーは、監督ローク主演させよう求めたためケイジ出て行ったと語る。アロノフスキーは、「(ケイジは)完璧な紳士彼は私の思いミッキーにあるのを理解して、自ら脇へどいてくれた。俳優として大い尊敬するし、ニックともいい仕事出来たと思うけど、皆知ってる通りニックミッキーにとって信じられないくらい支えとなったミッキーとは旧友で、この機会を使って本当に彼を助けたかった。だから彼は自分からレース降りたんだ」。撮影2008年1月から約40日間かけて行われた。 『レスラー』は第65回ヴェネツィア国際映画祭初演した。はじめは注目もされていなかったが、世界最古映画祭の最も高い賞である金獅子賞受賞した。『レスラー』は高い評価を受け、ローク助演マリサ・トメイは共にゴールデングローブ賞全米映画俳優組合賞受賞英国アカデミー賞ノミネートした。ローク映画ブルース・スプリングスティーンオリジナルソング書いたように、ゴールデングローブ賞受賞した。『レスラー』は6百万ドル予算4千以上の利益上げアロノフスキーにとって最も利益挙げた映画となった2001年から製作していた、次回作ブラック・スワン』は、ニューヨーク・シティ・バレエ団バレリーナ題材した心理スリラーホラー映画アロノフスキー2000年から知っていたナタリー・ポートマン主演した彼女はアロノフスキーミラ・クニス紹介し2009年参加した2010年10月、『ブラック・スワン』は第67回ヴェネツィア国際映画祭オープニングとして初演した。長時間スタンディングオベーションをうけ、バラエティ誌は「最近の記憶ではベネチア最も強いオープニング映画だ」とした 。 『ブラック・スワン』は映画評論家から高い評価を受け、第16回放送映画批評家協会賞12のノミネート第26回インディペンデント・スピリット賞4つノミネート第68回ゴールデングローブ賞4つノミネート第17回全米映画俳優組合賞3つノミネートするなど、他にも多数称賛を受けた映画限定公開興行収入記録塗り替え、3億ドル以上の利益挙げた2011年1月25日映画5つアカデミー賞作品賞監督賞主演女優賞撮影賞、編集賞)にノミネートした。3月にはポートマンアカデミー主演女優賞受賞したアロノフスキーオスカー作品賞ノミネートされていた『ザ・ファイター』のエグゼクティブプロデューサーとして仕事をした。

※この「ブレークスルー」の解説は、「ダーレン・アロノフスキー」の解説の一部です。
「ブレークスルー」を含む「ダーレン・アロノフスキー」の記事については、「ダーレン・アロノフスキー」の概要を参照ください。


ブレークスルー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/23 09:28 UTC 版)

日産バリューアップ」の記事における「ブレークスルー」の解説

インフィニティグローバルに展開して一流のラグジュアリーブランドにすること。 小型商用車販売台数2004年度から40%増大し2007年度末に434,000台以上を達成し2007年度末までに小型商用車連結営業利益率を8%以上に引き上げること。 LCCリーディング・コンペティティブ・カントリー)からの部品サービス調達大幅な地理的拡大中国タイ湾岸諸国エジプトロシア東ヨーロッパにおけるプレゼンス強化と、新たな市場であるインドパキスタン等における拡大)。

※この「ブレークスルー」の解説は、「日産バリューアップ」の解説の一部です。
「ブレークスルー」を含む「日産バリューアップ」の記事については、「日産バリューアップ」の概要を参照ください。


ブレークスルー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/12 04:28 UTC 版)

日産GT 2012」の記事における「ブレークスルー」の解説

品質領域リーダーになること ゼロエミッション車リーダーになること上記の二つコミットメント連動事業拡大INFINITIブランド拡大小型商用車エントリーカーラインアップによる拡大市場の拡大 コスト領域リーダーになること

※この「ブレークスルー」の解説は、「日産GT 2012」の解説の一部です。
「ブレークスルー」を含む「日産GT 2012」の記事については、「日産GT 2012」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ブレークスルー」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ブレークスルー」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ブレークスルー」の関連用語

ブレークスルーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ブレークスルーのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JMACJMAC
Copyright (C) JMA Consultants Inc. All Rights Reserved.
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2023 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
独立行政法人国立国語研究所独立行政法人国立国語研究所
(c)2023 The National Institute for Japanese Language
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのブレイクスルー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのダーレン・アロノフスキー (改訂履歴)、日産バリューアップ (改訂履歴)、日産GT 2012 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS