ノミネートとは? わかりやすく解説

ノミネート【nominate】

読み方:のみねーと

[名](スル)候補指名すること。推薦すること。「アカデミー賞に―される」

「ノミネート」に似た言葉

ノミネート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/04 23:48 UTC 版)

ノミネート英語: nominate)とは、候補に推薦、登録、指名するということ。主に表彰ないしそれに類するものの候補に選ばれたときに用いられる。




「ノミネート」の続きの解説一覧

ノミネート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/28 15:37 UTC 版)

田崎恵美」の記事における「ノミネート」の解説

2011年 第64回カンヌ国際映画祭 短編コンペティション部門(『ふたつのウーテル』) この項目は、映画監督に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(P:映画/PJ映画)。

※この「ノミネート」の解説は、「田崎恵美」の解説の一部です。
「ノミネート」を含む「田崎恵美」の記事については、「田崎恵美」の概要を参照ください。


ノミネート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/18 07:09 UTC 版)

第17回サテライト賞」の記事における「ノミネート」の解説

太字受賞

※この「ノミネート」の解説は、「第17回サテライト賞」の解説の一部です。
「ノミネート」を含む「第17回サテライト賞」の記事については、「第17回サテライト賞」の概要を参照ください。


ノミネート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/07 14:07 UTC 版)

ジョーイ (テレビ映画)」の記事における「ノミネート」の解説

本作1978年度のエミー賞最優秀特別番組監督賞ドラマ・コメディ部門)、最優秀特別番組脚本賞ドラマ・コメディ部門)、およびゴールデングローブ賞最優秀テレビ映画の候となった

※この「ノミネート」の解説は、「ジョーイ (テレビ映画)」の解説の一部です。
「ノミネート」を含む「ジョーイ (テレビ映画)」の記事については、「ジョーイ (テレビ映画)」の概要を参照ください。


ノミネート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/01 09:52 UTC 版)

キミに逢えたら!」の記事における「ノミネート」の解説

第13回サテライト賞ミュージカル・コメディ映画賞主演男優賞 (ミュージカル・コメディ映画)、主演女優賞 (ミュージカル・コメディ映画) にノミネートされた。

※この「ノミネート」の解説は、「キミに逢えたら!」の解説の一部です。
「ノミネート」を含む「キミに逢えたら!」の記事については、「キミに逢えたら!」の概要を参照ください。


ノミネート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/04 21:21 UTC 版)

ホンドー」の記事における「ノミネート」の解説

第26回アカデミー賞アカデミー助演女優賞ジェラルディン・ペイジ) 尚、原作者ルイス・ラムーアが同じ第26回アカデミー原案賞ノミネートされていたが、1954年2月17日、これはラムーア1952年7月5日にコリアーズ・マガジンに寄せた短編原作であり、本部門の規定違反でないかと指摘された同小説は権利放棄していたために、映画ではクレジットされていなかった。最終的に候補取り消された。

※この「ノミネート」の解説は、「ホンドー」の解説の一部です。
「ノミネート」を含む「ホンドー」の記事については、「ホンドー」の概要を参照ください。


ノミネート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/02 13:40 UTC 版)

GONZO〜ならず者ジャーナリスト、ハンター・S・トンプソンのすべて〜」の記事における「ノミネート」の解説

第24回サンダンス映画祭ドキュメンタリー部門グランプリおよび第61回全米脚本家組合賞ドキュメンタリー脚本賞ノミネートされた。また、ダグラス・ブリンクリーとジョニー・デップは、本作サウンドトラック・アルバムライナーノーツにより第52回グラミー賞のアルバム・ノート部門ノミネートされた。

※この「ノミネート」の解説は、「GONZO〜ならず者ジャーナリスト、ハンター・S・トンプソンのすべて〜」の解説の一部です。
「ノミネート」を含む「GONZO〜ならず者ジャーナリスト、ハンター・S・トンプソンのすべて〜」の記事については、「GONZO〜ならず者ジャーナリスト、ハンター・S・トンプソンのすべて〜」の概要を参照ください。


ノミネート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 14:34 UTC 版)

第93回アカデミー賞」の記事における「ノミネート」の解説

第93回アカデミー賞のノミネートは2021年3月15日4時19PST(12時19UTC)にプリヤンカー・チョープラーニック・ジョナスにより発表されストリーミング配信された。 受賞者各項最上段太字ダブルダガー () 付きものである作品賞ノマドランド』 - フランシス・マクドーマンドピーター・スピアーズ、モリー・アッシャー、ダン・ジャンヴィー、クロエ・ジャオファーザー』 - デヴィッド・パーフィット(英語版)、ジャン=ルイ・リヴィフィリップ・カルカソンヌユダ&ブラック・メシア』 - シャカ・キング(英語版)、チャールズ・D・キングライアン・クーグラーMank/マンク』 - セアン・チャフィンエリック・ロス、ダグラス・アーバンスキー(英語版) 『ミナリ』 - クリスティーナ・オー 『プロミシング・ヤング・ウーマン』 - ベン・ブラウニング、アシュリー・フォックス、エメラルド・フェネル、ジョシー・マクナマラ 『サウンド・オブ・メタル -聞こえるということ-』 - ベルト・ハーメリンク、サチャ・ベン・ハローチェ 『シカゴ7裁判』 - マーク・E・プラットスチュアート・M・ベッサー英語版監督賞 クロエ・ジャオ - 『ノマドランドトマス・ヴィンターベア - 『アナザーラウンドデヴィッド・フィンチャー - 『Mank/マンクリー・アイザック・チョン - 『ミナリエメラルド・フェネル - 『プロミシング・ヤング・ウーマン主演男優賞 アンソニー・ホプキンス - 『ファーザー』 : アンソニーリズ・アーメッド - 『サウンド・オブ・メタル -聞こえるということ-』 : ルーべン・ストーン役 チャドウィック・ボーズマン - 『マ・レイニーのブラックボトム』 : レヴィー・グリーン役 ※没後ノミネート ゲイリー・オールドマン - 『Mank/マンク』 : ハーマン・J・マンキーウィッツスティーヴン・ユァン - 『ミナリ』 : ジェイコブ・イー役 主演女優賞 フランシス・マクドーマンド - 『ノマドランド』 : ファーンヴィオラ・デイヴィス - 『マ・レイニーのブラックボトム』 : マ・レイニー(英語版)役 アンドラ・デイ(英語版) - 『ザ・ユナイテッド・ステイツ vs. ビリー・ホリデイ』 : ビリー・ホリデイヴァネッサ・カービー - 『私というパズル』 マーサ・ワイス役 キャリー・マリガン - 『プロミシング・ヤング・ウーマン』 : カサンドラ・"キャシー"・トーマス助演男優賞 ダニエル・カルーヤ - 『ユダ&ブラック・メシア』 : フレッド・ハンプトンサシャ・バロン・コーエン - 『シカゴ7裁判』 : アビー・ホフマン役 レスリー・オドム・Jr.英語版) - 『あの夜、マイアミで』 : サム・クック役 ポール・レイシー(英語版) - 『サウンド・オブ・メタル -聞こえるということ-』 : ジョーラキース・スタンフィールド - 『ユダ&ブラック・メシア』 : ウィリアム・オニール英語版)役 助演女優賞 ユン・ヨジョン - 『ミナリ』 : スンジャ 役 マリア・バカローヴァ - 『続・ボラット 栄光ナル国家だったカザフスタンのためのアメリカ貢ぎ物計画』 : トゥーター・サグディエフ役 グレン・クローズ - 『ヒルビリー・エレジー 郷愁の哀歌』 : ボニー・"マモーウ"・ヴァンスオリヴィア・コールマン - 『ファーザー』 : アンアマンダ・サイフリッド - 『Mank/マンク』 : マリオン・デイヴィス脚本賞プロミシング・ヤング・ウーマン』 - エメラルド・フェネルユダ&ブラック・メシア』 - 脚本 : ウィル・バーソン、シャカ・キング(英語版)、原案 : ウィル・バーソン、シャカ・キング、ルーカス兄弟英語版) 『ミナリ』 - リー・アイザック・チョンサウンド・オブ・メタル -聞こえるということ-』 - 脚本 : ダリウス・マーダー、アブラハム・マーダー、原案 : ダリウス・マーダー、デレク・シアンフランスシカゴ7裁判』 - アーロン・ソーキン 脚色賞ファーザー』 - クリストファー・ハンプトンフローリアン・ゼレール : フローリアン・ゼレール戯曲Le Père 父』より 『続・ボラット 栄光ナル国家だったカザフスタンのためのアメリカ貢ぎ物計画』 - 脚本 : サシャ・バロン・コーエンアンソニー・ハインズ、ダン・スイマー(英語版)、ピーター・ベイナム(英語版)、エリカ・リビノヤ、ダン・メイザー英語版)、ジェナ・フリードマン(英語版)、リー・カーン、原案 : サシャ・バロン・コーエンアンソニー・ハインズ、ダン・スイマー、ニーナ・ペドラッド : サシャ・バロン・コーエン創作のキャラクターボラット・サグディエフ(英語版)より 『ノマドランド』 - クロエ・ジャオ : ジェシカ・ブルーダー(英語版)の小説ノマド: 漂流する高齢労働者たち』より 『あの夜、マイアミで』 - ケンプ・パワーズ : ケンプ・パワーズ戯曲One Night in Miami』より 『ザ・ホワイトタイガー(英語版)』 - ラミン・バーラニ(英語版) : アラヴィンド・アディガ小説『The White Tiger』より 長編アニメ映画賞ソウルフル・ワールド』 - ピート・ドクター、ダナ・マーレイ(英語版) 『2分の1の魔法』 - ダン・スキャンロン(英語版)、コリ・レイ英語版) 『フェイフェイと月の冒険』 - グレン・キーン、ジェニー・リム、ペイリン・チョウ 『映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!』 - リチャード・フェラン、ウィル・ベッカー、ポール・キューリー 『ウルフウォーカー』 - トム・ムーア、ロス・スチュアート、ポール・ヤング、ステファン・ローランツ 国際長編映画賞 『アナザーラウンド』 ( デンマーク)、デンマーク語 - トマス・ヴィンターベア監督少年の君』 ( 香港)、官話 - デレク・ツァン監督コレクティブ 国家の嘘』 ( ルーマニア)、ルーマニア語 - アレクサンダー・ナナウ監督皮膚を売った男』 ( チュニジア)、アラビア語 - カウテール・ベン・ハニア(英語版監督アイダよ、何処へ?』 ( ボスニア・ヘルツェゴビナ)、ボスニア語 - ヤスミラ・ジュバニッチ監督 長編ドキュメンタリー映画賞 『オクトパスの神秘: 海の賢者は語る』 - ピッパ・エアリック、ジェームズ・リード、クレイグ・フォスター 『コレクティブ 国家の嘘』 - アレクサンダー・ナナウ、ビアンカ・オアナ 『ハンディキャップ・キャンプ: 障がい者運動の夜明け』 - ニコール・ニューナム(英語版)、ジム・レブレヒト、サラ・ボルダー 『83歳のやさしいスパイ』 - マイテ・アルベルディ(英語版)、マルセラ・サンティバニェズ 『タイム』 - ギャレット・ブラッドリー(英語版)、ローレン・ドミノ、ケレン・クイン 短編ドキュメンタリー映画賞Colette』 - アンソニー・ジャッキーノ(英語版)、アリス・ドヤード 『A Concerto Is a Conversation』 - ベン・プラウドフット(英語版)、クリス・バワーズDo Not Split』 - アンダース・ハマー、シャーロット・クック 『Hunger Ward』 - スカイ・フィッツジェラルド、マイケル・シューマン 『ラターシャに捧ぐ 〜記憶で綴る15年の生涯〜』 - ソフィア・ナーリ・アリソン、ジャニス・ダンカン 短編映画賞 『隔たる世界の2人』 - トラヴォン・フリー(英語版)、マーティン・デズモンド・ロー(英語版) 『Feeling Through』 - ダグ・ローランド、スーザン・ルゼンスキー 『The Letter Room』 - エルヴィラ・リンド、ソフィア・ソンダーヴァン(英語版) 『The Present』 - ファラ・ナブシ(英語版) 『White Eye』 - トメル・シュシャン、シラ・ホッチマン 短編アニメ映画賞愛してるって言っておくね』 - ウィル・マコーミック(英語版)、マイケル・ゴビエ 『夢追いウサギ』 - マデリーン・シャラフィアン、マイケル・キャプバラ 『Genius Loci』 - アドリアン・メリゴー、アマウリ・オヴィーズ 『Opera』 - エリック・オー 『Yes-People』 – ギスリ・ダリ・ハルドルソン、アルナル・グンナルソン 美術賞Mank/マンク』 - プロダクション・デザイン: ドナルド・グラハム・バート、セット・デコレーション: ジャン・パスカル英語版) 『ファーザー』 - プロダクション・デザイン: ピーター・フランシス、セット・デコレーション: キャシー・フェザーストーン 『マ・レイニーのブラックボトム』 - プロダクション・デザイン: マーク・リッカー、セット・デコレーション: カレン・オハラ、ダイアナ・スロートン 『この茫漠たる荒野で』 - プロダクション・デザイン: デヴィッド・クランク(英語版)、セット・デコレーション: エリザベス・キーナン 『TENET テネット』 - プロダクション・デザイン: ネイサン・クロウリー、セット・デコレーション: キャシー・ルーカス 撮影賞 『Mank/マンク』 - エリック・メッサーシュミット(英語版) 『ユダ&ブラック・メシア』 - ショーン・ボビットこの茫漠たる荒野で』 - ダリウス・ウォルスキーノマドランド』 - ジョシュア・ジェームズ・リチャーズ 『シカゴ7裁判』 - フェドン・パパマイケル 衣装デザイン賞 『マ・レイニーのブラックボトム』 - アン・ロスEMMA エマ』 - アレクサンドラ・バーンMank/マンク』 - トリッシュ・サマービル 『ムーラン』 - ビナ・ダイヘレル 『ほんとうのピノッキオ』 - マッシモ・カンティーニ・パリーニ メイクアップ&ヘアスタイリング賞 『マ・レイニーのブラックボトム』 - セルジオ・ロペス=リベラ、ミア・ニール、ジャミカ・ウィルソン 『EMMA エマ』 - マリース・ランガン、ローラ・アレン、クラウディア・ストルツ 『ヒルビリー・エレジー 郷愁の哀歌』 - エリン・クルーガー・メカシュ、パトリシア・ディーハニー、マシュー・W・マングル(英語版) 『Mank/マンク』 - ジジ・ウィリアムズ、キンバリー・スピテリ、コリーン・ラバフ 『ほんとうのピノッキオ』 - ダリア・コッリ、マーク・クーリエ、フランチェスコ・ペゴレッティ 作曲賞ソウルフル・ワールド』 - トレント・レズナーアッティカス・ロスジョン・バティステザ・ファイブ・ブラッズ』 - テレンス・ブランチャードMank/マンク』 - トレント・レズナーアッティカス・ロスミナリ』 - エミール・モッセリ(英語版) 『この茫漠たる荒野で』 - ジェームズ・ニュートン・ハワード 歌曲賞 「Fight for You」 - 『ユダ&ブラック・メシア』 - 作曲: H.E.R.、D・エミール英語版)、作詞: H.E.R.、ティアラ・トーマス(英語版) 「Hear My Voice」 - 『シカゴ7裁判』 - 作曲: ダニエル・ペンバートン作詞: ダニエル・ペンバートンセレステ英語版) 「Husavik」 - 『ユーロビジョン歌合戦 〜ファイア・サーガ物語〜』 - 作詞・作曲: サヴァン・コテチャ(英語版)、Fat Max Gsus、リカード・ゴランソン(英語版) 「Io sì (Seen)」 - 『これからの人生英語版)』 - 作曲: ダイアン・ウォーレン作詞: ダイアン・ウォーレンラウラ・パウジーニSpeak Now」 - 『あの夜、マイアミで』 - 作詞・作曲: レスリー・オドム・Jr.英語版)、サム・アシュワース(英語版音響賞 『サウンド・オブ・メタル -聞こえるということ-』 - ニコラス・ベッカー、ジェイミー・バクシュト(英語版)、ミシェル・クートレンク、カルロス・コルテス、フィリップ・ブラド 『グレイハウンド』 - ウォーレン・ショー、マイケル・ミンクラー、ボー・ボーダーズ(英語版)、デヴィッド・ワイマン 『Mank/マンク』 - レン・クライス、ジェレミー・モロド、デヴィッド・パーカー、ネイサン・ナンス、ドリュー・クニン(英語版) 『この茫漠たる荒野で』 - オリバー・ターニー(英語版)、マイク・プレストウッド・スミス、ウィリアム・ミラー、ジョン・プリチェット(英語版) 『ソウルフル・ワールド』 - レン・クライス、コヤ・エリオット、デヴィッド・パーカー 編集賞 『サウンド・オブ・メタル -聞こえるということ-』 - ミッケルE・Gニルソンファーザー』 - ヨルゴス・ランプリノス 『ノマドランド』 - クロエ・ジャオプロミシング・ヤング・ウーマン』 - フレデリック・トラバル 『シカゴ7裁判』 - アラン・ボームガーテン英語版視覚効果賞 『TENET テネット』 - アンドリュー・ジャクソンデヴィッド・リーアンドリュー・ロックリースコット・R・フィッシャーラブ&モンスターズ』 - マット・スローン(英語版)、ジュヌビエーブ・カマイユリ、マット・エブリット、ブライアン・コックスミッドナイト・スカイ』 - マシュー・キャスミール、クリストファー・ローレン、マックス・ソロモン、デビッド・ワトキンス 『ムーラン』 - ショーン・アンドリュー・ファーデン(英語版)、アンダース・ラングランズ、セス・モーリー、スティーブン・イングラム 『ゴリラのアイヴァン』 - ニック・デイヴィス、グレッグ・フィッシャー、ベン・ジョーンズ、サンティアゴ・コロモ・マルティネス

※この「ノミネート」の解説は、「第93回アカデミー賞」の解説の一部です。
「ノミネート」を含む「第93回アカデミー賞」の記事については、「第93回アカデミー賞」の概要を参照ください。


ノミネート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/24 07:53 UTC 版)

未来を写した子どもたち」の記事における「ノミネート」の解説

アメリカのディレクターズギルド 賞2005ドキュメンタリー部門優れた監督賞 - ブリスキー、カウフマン 2005 ドキュメンタリー最優秀映画賞ゴールデンサテライト賞 2004 ロサンゼルス映画批評家協会賞ドキュメンタリー/ノンフィクション映画賞 - カウフマン、ブリスキー 2004 サンダンス映画祭 大賞ドキュメンタリー - カウフマン、ブリスキー 2013 カルカッタ映画祭ウォルトディズニーピクチャーズ資金提供ドキュメンタリー - スティーブンスピルバーグルーカスジョージエイブラムスJJ

※この「ノミネート」の解説は、「未来を写した子どもたち」の解説の一部です。
「ノミネート」を含む「未来を写した子どもたち」の記事については、「未来を写した子どもたち」の概要を参照ください。


ノミネート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/04 07:43 UTC 版)

ロレンツォのオイル/命の詩」の記事における「ノミネート」の解説

スーザン・サランドンはこの映画アカデミー主演女優賞ゴールデングローブ賞主演女優賞ノミネートされジョージ・ミラーアカデミー脚本賞ノミネートされた。

※この「ノミネート」の解説は、「ロレンツォのオイル/命の詩」の解説の一部です。
「ノミネート」を含む「ロレンツォのオイル/命の詩」の記事については、「ロレンツォのオイル/命の詩」の概要を参照ください。


ノミネート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/09 08:04 UTC 版)

超能力学園Z」の記事における「ノミネート」の解説

ウィリー・エイムス第3回ゴールデンラズベリー賞最低男優賞ノミネートされたが、受賞したのはローレンス・オリヴィエだった。

※この「ノミネート」の解説は、「超能力学園Z」の解説の一部です。
「ノミネート」を含む「超能力学園Z」の記事については、「超能力学園Z」の概要を参照ください。


ノミネート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/13 21:31 UTC 版)

GLAADメディア賞」の記事における「ノミネート」の解説

ノミネートは、該当分野関係の深い人々専門家からなる90名のノミネート審査員により最大5件が選出される。ノミネート対象がなしとされるカテゴリもある。年末審査員のノミネート表が集計される審査対象への推薦募る場合もある。審査への推薦がないものでも、主流メディアプロジェクトをノミネートとして発表する場合もある。 推薦され題材は、以下の4要素を基準審査される。 「公正であり、正確かつ包括的な表現」 - LGBTコミュニティ多様性反映しているか。 「大胆さ独創性」 - これまでの常識にとらわれない手法によってLGBT関連事象新分野開拓しているか。 「文化的な影響」 - LGBT以外の人々にも影響与えているか。 「全般的な品質」 - LGBTイメージ関連事象イメージ及び事象に対してインパクト有意義な影響与えたか。

※この「ノミネート」の解説は、「GLAADメディア賞」の解説の一部です。
「ノミネート」を含む「GLAADメディア賞」の記事については、「GLAADメディア賞」の概要を参照ください。


ノミネート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/09 06:20 UTC 版)

影に捕らわれて」の記事における「ノミネート」の解説

2016年に「影に捕らわれて」はヒューゴー賞映像部門短編部門ノミネートされたが、受賞は『ジェシカ・ジョーンズ』の「AKA 笑顔で」に譲った。またBBCアメリカシリーズ共同制作加わっていたことから、「影に捕らわれて」は『ドクター・フー』エピソードでは初めプライムタイム・エミー賞ノミネートされた。カパルディ主演男優賞ドラマ・シリーズ部門に、モファット脚本賞ドラマ・シリーズ部門に、タラレイは監督賞ドラマ・シリーズ部門ノミネートされた。さらに「影に捕らわれて」はその他にもクリエイティブ・アート・エミー賞にノミネートされた。ただし、どの部門でも受賞には至らなかった

※この「ノミネート」の解説は、「影に捕らわれて」の解説の一部です。
「ノミネート」を含む「影に捕らわれて」の記事については、「影に捕らわれて」の概要を参照ください。


ノミネート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/22 14:13 UTC 版)

王になろうとした男 (映画)」の記事における「ノミネート」の解説

第48回アカデミー賞では四つの賞にノミネートされた。 アカデミー美術賞アレクサンドル・トローネルトニー・イングリス英語版)、ピーター・ジェームズ英語版アカデミー脚色賞ジョン・ヒューストングラディス・ヒル英語版アカデミー衣裳デザイン賞イーディス・ヘッド アカデミー編集賞ラッセル・ロイド英語版この他モーリス・ジャールゴールデングローブ賞 作曲賞に、イーディス・ヘッドBAFTA衣裳デザイン賞(英語版)に、オズワルド・モリス英国アカデミー賞 撮影賞それぞれノミネートされた。

※この「ノミネート」の解説は、「王になろうとした男 (映画)」の解説の一部です。
「ノミネート」を含む「王になろうとした男 (映画)」の記事については、「王になろうとした男 (映画)」の概要を参照ください。


ノミネート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 20:08 UTC 版)

第94回アカデミー賞」の記事における「ノミネート」の解説

第94回アカデミー賞のノミネートは2022年2月8日5時18PST(13時18UTC)にトレイシー・エリス・ロス(英語版)とレスリー・ジョーダンにより発表されストリーミング配信された。 受賞者各項最上段太字ダブルダガー () 付きものである作品賞コーダ あいのうた』 - フィリップ・ルスレ(フランス語版)、ファブリス・ジャンフェルミ、パトリック・ヴァックスベルガー 『ベルファスト』 - ローラ・バーウィック、ケネス・ブラナー、ベッカ・コヴァチク、テイマー・トーマス 『ドント・ルック・アップ』 - アダム・マッケイケヴィン・J・メシックドライブ・マイ・カー』 - 山本晃久DUNE/デューン 砂の惑星』 - メアリー・ペアレントドゥニ・ヴィルヌーヴ、ケイル・ボイター 『ドリームプラン』 - ティム・ホワイト、トレヴァー・ホワイトウィル・スミスリコリス・ピザ』 - サラ・マーフィー、アダム・ソムナー、ポール・トーマス・アンダーソンナイトメア・アリー』 - ギレルモ・デル・トロJ・マイルズ・デイルブラッドリー・クーパーパワー・オブ・ザ・ドッグ』 - ジェーン・カンピオン、タニヤ・セガッチアン(英語版)、エミール・シャーマン英語版)、イアン・カニングロジェ・フラピエ英語版) 『ウエスト・サイド・ストーリー』 - スティーブン・スピルバーグクリスティ・マコスコ・クリーガー 監督賞 ジェーン・カンピオン - 『パワー・オブ・ザ・ドッグケネス・ブラナー - 『ベルファスト濱口竜介 - 『ドライブ・マイ・カーポール・トーマス・アンダーソン - 『リコリス・ピザスティーブン・スピルバーグ - 『ウエスト・サイド・ストーリー主演男優賞 ウィル・スミス - 『ドリームプラン』 : リチャード・ウィリアムズ(英語版)役 ハビエル・バルデム - 『愛すべき夫妻の秘密』 : デジ・アーナズベネディクト・カンバーバッチ - 『パワー・オブ・ザ・ドッグ』 : フィル・バーバンク役 アンドリュー・ガーフィールド - 『Tick, tick... BOOM! : チックチックブーン!』 : ジョナサン・ラーソンデンゼル・ワシントン - 『マクベス』 : マクベス英語版)役 主演女優賞 ジェシカ・チャステイン - 『タミー・フェイの瞳』 : タミー・フェイ・メスナー(英語版)役 オリヴィア・コールマン - 『ロスト・ドーター』 : レダ・カルーソ役 ペネロペ・クルス - 『Parallel Mothers』 : ジャニス・マルティネス・モレノ役 ニコール・キッドマン - 『愛すべき夫妻の秘密』 : ルシル・ボールクリステン・スチュワート - 『スペンサー ダイアナの決意』 : ダイアナ皇太子妃助演男優賞 トロイ・コッツァー - 『コーダ あいのうた』 : フランク・ロッシキアラン・ハインズ - 『ベルファスト』 : ポップジェシー・プレモンス - 『パワー・オブ・ザ・ドッグ』 : ジョージ・バーバンク役 J・K・シモンズ - 『愛すべき夫妻の秘密』 : ウィリアム・フローリー英語版)役 コディ・スミット=マクフィー - 『パワー・オブ・ザ・ドッグ』 : ピーター・ゴードン役 助演女優賞 アリアナ・デボーズ - 『ウエスト・サイド・ストーリー』 : アニータジェシー・バックリー - 『ロスト・ドーター』 : 若い頃のレダ・カルーソ役 ジュディ・デンチ - 『ベルファスト』 : グラニーキルスティン・ダンスト - 『パワー・オブ・ザ・ドッグ』 : ローズ・ゴードンアーンジャニュー・エリス - 『ドリームプラン』 : オーラセン・プライス(英語版)役 脚本賞ベルファスト』 - ケネス・ブラナードント・ルック・アップ』 - 脚本 : アダム・マッケイ原案 : アダム・マッケイ、デヴィッド・シロタ(英語版) 『ドリームプラン』 - ザック・ベイリン 『リコリス・ピザ』 - ポール・トーマス・アンダーソン 『The Worst Person in the World』 - エスキル・フォクトヨアキム・トリアー 脚色賞コーダ あいのうた』 - シアン・ヘダー : ヴィクトリア・べドスフランス語版)、トーマス・ビデガン(英語版)、スタニスラス・キャレ・ドゥ・マルベリ(フランス語版)、エリック・ラルティゴ(英語版)の映画エール!(英語版)』の脚本より 『ドライブ・マイ・カー』 - 濱口竜介大江崇允 : 村上春樹短編小説ドライブ・マイ・カー』より 『DUNE/デューン 砂の惑星』 - ジョン・スペイツドゥニ・ヴィルヌーヴエリック・ロス : フランク・ハーバート小説『デューン砂の惑星』より 『ロスト・ドーター』 - マギー・ジレンホール : エレナ・フェッランテ小説La figlia oscura』より 『パワー・オブ・ザ・ドッグ』 - ジェーン・カンピオン : トーマス・サヴェージ(英語版)の小説パワー・オブ・ザ・ドッグ英語版)』より 長編アニメ映画賞ミラベルと魔法だらけの家』 - ジャレド・ブッシュ(英語版)、バイロン・ハワード、イヴェット・メリノ、クラーク・スペンサーFLEE フリー』 - ヨナス・ポエール・ラスムセン(英語版)、モニカ・ヘルストレーム、シーネ・ビュレ・ソーレンセン(英語版)、シャルロット・デ・ラ・グルネリ 『あの夏のルカ』 - エンリコ・カサローサ(英語版)、アンドレア・ワーレン 『ミッチェル家とマシンの反乱』 - マイケル・リアンダ(英語版)、フィル・ロード、クリフトファー・ミラー、カート・アルブレヒト 『ラーヤと龍の王国』 - ドン・ホール、カルロス・ロペス・エストラーダ (英語版)、オスナット・シューラーピーター・デル・ヴェッチョ 国際長編映画賞 『ドライブ・マイ・カー』 ( 日本)、日本語 - 濱口竜介監督FLEE フリー』 ( デンマーク)、デンマーク語 - ヨナス・ポエール・ラスムセン(英語版監督The Hand of God』 ( イタリア)、イタリア語 - パオロ・ソレンティーノ監督ブータン 山の教室』 ( ブータン)、ゾンカ語 - パオ・チョニン・ドルジ監督わたしは最悪。』 ( ノルウェー)、ノルウェー語 - ヨアキム・トリアー監督 長編ドキュメンタリー映画賞 『サマー・オブ・ソウル (あるいは、革命がテレビ放映されなかった時)』 - クエストラヴ英語版)、ジョゼフ・パテル、ロバート・フィヴォレント、デイビット・ディナースタイン 『Ascension』 - ジェシカ・キングドン、キラ・サイモン・ケネディ、ネイサン・トゥルーズデル(英語版) 『Attica』 - スタンリー・ネルソン、トレイシー・A・カレーFLEE フリー』 - ヨナス・ポエール・ラスムセン(英語版)、モニカ・ヘルストレーム、シーネ・ビュレ・ソーレンセン(英語版)、シャルロット・デ・ラ・グルネリ 『Writing with Fire』 - リントゥ・トーマス、サスミット・ゴーシュ 短編ドキュメンタリー映画賞The Queen of Basketball』 - ベン・プラウドフット(英語版) 『オーディブル: 鼓動響かせて』 - マット・オガンズ(英語版)、ジェフ・マクリーン 『私の帰る場所』 - ペドロ・コス、ジョン・シェンク(英語版) 『ベナジル捧げる3つの歌』 - エリザベス・ミルザエイ、グリスタン・ミルザイ 『When We Were Bullies』 - ジェイ・ローゼンブラット 短編映画賞 『The Long Goodbye』 - アニール・カリア、リズ・アーメッドAla Kachuu - Take and Run』 - マリア・ブレンドル(英語版)、ナディーン・リュチンガー 『The Dress』 - タデウシュ・ウイッチャク、マチェイ・シレシツキOn My Mind』 - マルティン・ストレンジ・ハンセン、キム・マグナソンPlease Hold』 - K・Dダビラ、レヴィン・メネクセ 短編アニメ映画賞 『The Windshield Wiper』 – アルベルト・ミエルゴ、レオ・サンチェス 『Affairs of the Art』 - ジョアンナ・クイン(英語版)、レズ・ミルズBestia』 - ヒューゴ・コヴァルビアス、テボ・ディアス 『BoxBallet』 - アントン・ディアコフ 『ことりのロビン』 - ダン・オジャリ、マイキー・プリーズ 作曲賞DUNE/デューン 砂の惑星』 - ハンス・ジマードント・ルック・アップ』 - ニコラス・ブリテルミラベルと魔法だらけの家』 - ジャーメイン・フランコ(英語版) 『Parallel Mothers』 - アルベルト・イグレシアスパワー・オブ・ザ・ドッグ』 - ジョニー・グリーンウッド 歌曲賞 「No Time to Die」 - 『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』 - 作詞・作曲: ビリー・アイリッシュフィニアス・オコネルBe Alive」 - 『ドリームプラン』 - 作詞・作曲: ビヨンセDIXSONDos Oruguitas」 - 『ミラベルと魔法だらけの家』 - 作詞・作曲: リン=マニュエル・ミランダDown to Joy」 - 『ベルファスト』 - 作詞・作曲: ヴァン・モリソン 「Somehow You Do」 - 『Four Good Days』 - 作詞・作曲: ダイアン・ウォーレン 音響賞 『DUNE/デューン 砂の惑星』 - マック・ルースマーク・マンジーニ、テオ・グリーン(英語版)、ダグ・ヘムフィル、ロン・バートレット(英語版) 『ベルファスト』 - デニス・ヤード、サイモン・チェイス、ジェームズ・マザー、ニヴ・アディリ(英語版『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』 - サイモン・ヘイズ(英語版)、オリヴァー・ターニー(英語版)、ジェームズ・ハリソン、ポール・マッセイ、マーク・テイラー 『パワー・オブ・ザ・ドッグ』 - リチャード・フリンロバート・マッケンジー、タラ・ウェッブ 『ウエスト・サイド・ストーリー』 - トッド・A・メイトランド英語版)、ゲイリー・ライドストロム、ブライアン・チャムニー、アンディ・ネルソンショーン・マーフィ英語版美術賞DUNE/デューン 砂の惑星』 - プロダクション・デザイン: パトリス・ヴァーメット、セット・デコレーション: シポシュ・ジュジャンナ 『ナイトメア・アリー』 - プロダクション・デザイン: タマラ・デヴェレル、セット・デコレーション: シェーン・ヴィア(英語版) 『パワー・オブ・ザ・ドッグ』 - プロダクション・デザイン: グラント・メイジャー、セット・デコレーション: アンバー・リチャーズ 『マクベス』 - プロダクション・デザイン: ステファン・デシャント、セット・デコレーション: ナンシー・ハイ(英語版) 『ウエスト・サイド・ストーリー』 - プロダクション・デザイン: アダム・ストックハウゼン英語版)、セット・デコレーション: レナ・ディアンジェロ(英語版撮影賞 『DUNE/デューン 砂の惑星』 - グリーグ・フレイザーナイトメア・アリー』 - ダン・ローストセンパワー・オブ・ザ・ドッグ』 - アリ・ウェグナー(英語版『マクベス』 - ブリュノ・デルボネルウエスト・サイド・ストーリー』 - ヤヌス・カミンスキー メイクアップ&ヘアスタイリング賞 『タミー・フェイの瞳』 - リンダ・ダウズ、ステファニー・イングラム、ジャスティン・ラリー 『星の王子 ニューヨークへ行く2』 - マイク・マリーノ、ステーシー・モリス、カルラ・ファーマー 『クルエラ』 - ナディア・ステーシー、ナオミ・ドネ、ジュリア・ヴァーノン 『DUNE/デューン 砂の惑星』 - ドナルド・モワット(英語版)、ラヴ・ラーソン(英語版)、エヴァ・フォン・バール(英語版) 『ハウス・オブ・グッチ』 - ヨーラン・ルンドストレーム、アンナ・カーリン・ロック、フレデリック・アスピラス 衣装デザイン賞 『クルエラ』 - ジェニー・ビーヴァンシラノ』 - マッシモ・カンティーニ・パリーニ 『DUNE/デューン 砂の惑星』 - ジャクリーン・ウェスト英語版)、ボブ・モーガンナイトメア・アリー』 - ルイス・セケイラウエスト・サイド・ストーリー』 - ポール・テイズウェル(英語版編集賞 『DUNE/デューン 砂の惑星』 - ジョー・ウォーカードント・ルック・アップ』 - ハンク・コーウィンドリームプラン』 - パメラ・マーティンパワー・オブ・ザ・ドッグ』 - ピーター・シベラス 『Tick, tick... BOOM! : チックチックブーン!』 - ミーロン・ケルシュタイン、アンドリュー・ワイスブラム 視覚効果賞DUNE/デューン 砂の惑星』 - ポール・ランバートトリスタン・マイルズ、ブライアン・コナー、ゲルト・ネフツァーフリー・ガイ』 - スウェン・ギルバーグ(英語版)、ブライアン・グリル(英語版)、ニコス・カライツディス、ダン・サディック 『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』 - チャーリー・ノーブル、ジョエル・グリーン、ジョナサン・フォークナー(英語版)、クリス・コーボールド 『シャン・チー/テン・リングスの伝説』 - クリストファー・タウンゼントジョー・ファレル、ショーン・ノエル・ウォーカー、ダン・オリヴァー(英語版『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』 - ケリー・ポート、クリス・ウェグナー、スコット・エーデルシュタイン、ダン・サディック

※この「ノミネート」の解説は、「第94回アカデミー賞」の解説の一部です。
「ノミネート」を含む「第94回アカデミー賞」の記事については、「第94回アカデミー賞」の概要を参照ください。


ノミネート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 04:15 UTC 版)

テラビシアにかける橋 (2007年の映画)」の記事における「ノミネート」の解説

放送映画批評家協会賞若手女優賞にアナソフィア・ロブノミネートされたが、『ヘアスプレー』のニッキー・ブロンスキー受賞している。 サターン賞若手俳優賞ジョシュ・ハッチャーソンノミネートされたが、『奇跡のシンフォニー』のフレディ・ハイモア受賞している。

※この「ノミネート」の解説は、「テラビシアにかける橋 (2007年の映画)」の解説の一部です。
「ノミネート」を含む「テラビシアにかける橋 (2007年の映画)」の記事については、「テラビシアにかける橋 (2007年の映画)」の概要を参照ください。


ノミネート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/18 01:55 UTC 版)

フリーマ・アジェマン」の記事における「ノミネート」の解説

2003年、アジェマンは the British Soap Awards の2部門で、『Crossroads』のローラ・ワイズ役が "Best Newcomer" と "Sexiest Female" としてノミネートされた。 2009年には、バーミンガムのブラック・インターナショナル・フィルム・フェスティバルの音楽映像スクリーン賞で最優秀女優賞ノミネートされた。 2016年には、『North v South』の演技がスクリーンナショナル映画テレビ賞の「映画における女性演技賞」にノミネートされ、『センス8』でのパフォーマンスでの演技が「テレビにおける女性演技賞」にノミネートされた。

※この「ノミネート」の解説は、「フリーマ・アジェマン」の解説の一部です。
「ノミネート」を含む「フリーマ・アジェマン」の記事については、「フリーマ・アジェマン」の概要を参照ください。


ノミネート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/29 00:10 UTC 版)

ラスト・オブ・タイムロード」の記事における「ノミネート」の解説

ラスト・オブ・タイムロード」は2008年視覚効果協会賞2部門にノミネートされた。同じくノミネートされ作品には『プライミーバル第1シリーズ未知なる獣」や『GALACTICA/ギャラクティカ』、『HEROES』などがあった。

※この「ノミネート」の解説は、「ラスト・オブ・タイムロード」の解説の一部です。
「ノミネート」を含む「ラスト・オブ・タイムロード」の記事については、「ラスト・オブ・タイムロード」の概要を参照ください。


ノミネート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 16:26 UTC 版)

風立ちぬ (2013年の映画)」の記事における「ノミネート」の解説

第70回ヴェネツィア国際映画祭金獅子賞コンペティション正式出品 第86回アカデミー賞長編アニメーション映画賞 ゴールデングローブ賞外国語映画賞ゴールデングローブ賞にはアニメ映画賞存在するが、アニメ映画賞ノミネートの条件となる英語音声が応募当時は制作されていなかったため、外国語映画賞へのノミネートとなった

※この「ノミネート」の解説は、「風立ちぬ (2013年の映画)」の解説の一部です。
「ノミネート」を含む「風立ちぬ (2013年の映画)」の記事については、「風立ちぬ (2013年の映画)」の概要を参照ください。


ノミネート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 19:10 UTC 版)

平成アニソン大賞」の記事における「ノミネート」の解説

作品賞曲名歌手名作品うまぴょい伝説(TV Size) [Season 2 Ver.] Various Artists ウマ娘 プリティーダービー Season 2 怪物 YOASOBI BEASTARS 第2期OP One Last Kiss 宇多田ヒカル シン・エヴァンゲリオン劇場版 主題歌 作詞賞曲名歌手名作家作インパーフェクト オーイシマサヨシ 大石昌良 SSSS.DYNAZENON OP ABC体操 いけてるお兄さん(宮野真守)うたのお姉さん(水樹奈々) 久世岳 うらみちお兄さん OP おもいでしりとり DIALOGUE+ 田淵智也UNISON SQUARE GARDENひげを剃る。そして女子高生を拾う。 OP 人生イージー 弱キャラ友崎くん OP 私たちはもう舞台の上 スタァライト九九組 中村彼方 劇場版少女☆歌劇 レヴュースタァライト 主題歌 作曲賞曲名歌手名作曲家作品愛のシュプリーム! fhána 佐藤純一 小林さんちのメイドラゴンS OPテーマ Sing My Pleasure ヴィヴィ(Vo.八木海莉神前暁MONACAVivy -Fluorite Eye’s Song- OP 未来予報ハレルヤ! Liella! EFFY ラブライブ!スーパースター!! 第1話挿入歌 編曲曲名歌手編曲家作品人生イージー DIALOGUE+ 田中秀和 弱キャラ友崎くん OP 大河よ共に泣いてくれ フランシュシュ 加藤裕介 ゾンビランドサガ リベンジ OP 時の迷宮 ランカ・リー=中島 愛シェリル・ノーム starring May’n 菅野よう子 劇場短編マクロスF〜時の迷宮〜主題歌 BANG!!! EGOIST Giga ビルディバイド-#000000- OP BOY King Gnu King Gnu 王様ランキング OP 声優ソング賞曲名歌手名作品SHINOBI-NAI 花澤香菜 - 虹が架かるまでの話 堀江由衣 先輩がうざい後輩の話 ED Poésie en prose 上田麗奈 - キャラクターソング賞曲名歌手名作品アノカナタリウム Mashumairesh!! SHOW BY ROCK!!STARS!! 挿入歌 Sing Alive Roselia 劇場版 BanG Dream!Episode of Roselia II:Song I am.OP 薔薇と私 星野薫(大地葉)沢田千夏(松田利冴)沢田千秋(松田颯水) かげきしょうじょ!! ED ユメヲカケル! スピカ ウマ娘 プリティーダービー Season 2 OP アーティストソング賞曲名歌手名作品明け星 LiSA 鬼滅の刃 無限列車編 TV版OP Cry Baby Official髭男dism 東京リベンジャーズ OP 僕の戦争 神聖かまってちゃん 進撃の巨人 The Final Season OP 企画曲名歌手名作品がんばれ蜘蛛子さんのテーマ 「私」(悠木碧蜘蛛ですが、なにか? 前期ED Diva in Abyss Yami_Q_ray 劇場版マクロスΔ絶対LIVE!!!!!! 挿入歌 ユメヲカケル! スピカ ウマ娘 プリティーダービー Season 2 OP 新人賞曲・アルバム名歌手名作品11次元Lena 近藤玲奈 - STONE OCEAN ichigo from 岸田教団&THE 明星ロケッツ ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン OP Dreaming Sound 鈴木杏奈 ワッチャプリマジ! 主題歌 星のオーケストラ saji かげきしょうじょ!! OP 麻痺 yama 2.43 清陰高校男子バレー部 OP

※この「ノミネート」の解説は、「平成アニソン大賞」の解説の一部です。
「ノミネート」を含む「平成アニソン大賞」の記事については、「平成アニソン大賞」の概要を参照ください。


ノミネート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/16 08:43 UTC 版)

ティーン・チョイス・アワード」の記事における「ノミネート」の解説

通算最多ノミネート数 - テイラー・スウィフトセレーナ・ゴメス同数) - 61回 (ゴメス個人54回、Selena Gomez & the Sceneで7回) 個人として最多ノミネート数 - テイラー・スウィフト - 61テレビシリーズでの最多ノミネート数 - 『ヴァンパイア・ダイアリーズ』 - 67回 映シリーズでの最多ノミネート数 - 『トワイライト・サーガ』 - 59回(『トワイライト〜初恋〜』、『ニュームーン/トワイライト・サーガ』、『エクリプス/トワイライト・サーガ』、『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part1』、『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part2』)。 映画部門での最多ノミネート数 - 『エクリプス/トワイライト・サーガ』 - 16回。 同一カテゴリーでの最多連続ノミネート数 - テイラー・スウィフト - 8回(Choice Female Artist) 個人での最多ノミネート数(受賞なし) - ミラ・クニス - 17テレビシリーズでの最多ノミネート数(受賞なし) - 『LOST』 - 32

※この「ノミネート」の解説は、「ティーン・チョイス・アワード」の解説の一部です。
「ノミネート」を含む「ティーン・チョイス・アワード」の記事については、「ティーン・チョイス・アワード」の概要を参照ください。


ノミネート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/02 08:49 UTC 版)

フィル・コリンズ 2:心の扉」の記事における「ノミネート」の解説

グラミー賞 最優秀男性ロック歌手ノミネート (「I Don't Care Anymore」) 1984年 この項目は、アルバム関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(P:音楽/PJアルバム)。

※この「ノミネート」の解説は、「フィル・コリンズ 2:心の扉」の解説の一部です。
「ノミネート」を含む「フィル・コリンズ 2:心の扉」の記事については、「フィル・コリンズ 2:心の扉」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ノミネート」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ノミネート

出典:『Wiktionary』 (2021/09/08 14:01 UTC 版)

語源

英語 nominate

名詞

ノミネート

  1. 適任として推薦すること。
  2. 登録指名すること。

動詞


「ノミネート」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ノミネート」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ノミネートのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのノミネート (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの田崎恵美 (改訂履歴)、第17回サテライト賞 (改訂履歴)、ジョーイ (テレビ映画) (改訂履歴)、キミに逢えたら! (改訂履歴)、ホンドー (改訂履歴)、GONZO〜ならず者ジャーナリスト、ハンター・S・トンプソンのすべて〜 (改訂履歴)、第93回アカデミー賞 (改訂履歴)、未来を写した子どもたち (改訂履歴)、ロレンツォのオイル/命の詩 (改訂履歴)、超能力学園Z (改訂履歴)、GLAADメディア賞 (改訂履歴)、影に捕らわれて (改訂履歴)、王になろうとした男 (映画) (改訂履歴)、第94回アカデミー賞 (改訂履歴)、テラビシアにかける橋 (2007年の映画) (改訂履歴)、フリーマ・アジェマン (改訂履歴)、ラスト・オブ・タイムロード (改訂履歴)、風立ちぬ (2013年の映画) (改訂履歴)、平成アニソン大賞 (改訂履歴)、ティーン・チョイス・アワード (改訂履歴)、フィル・コリンズ 2:心の扉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのノミネート (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS