CEOとは? わかりやすく解説

シー‐イー‐オー【CEO】


最高経営責任者

読み方さいこうけいえいせきにんしゃ
【英】Chief Executive Officer, CEO

最高経営責任者とは、企業経営上の判断において、最高の決定権を持つ者のことである。CEO(Chief Executive Officer)とも呼ばれる

米国では、業務執行経営担当分離されており、業務執行執行役員が、経営戦略決定執行役監視監督取締役員が責任を担う。最高経営責任者は、業務執行役員トップとして取締役会から任命される取締役には、会長社長社外取締役などの役職がある。

最高経営責任者の下には、最高執行責任者COO)、最高財務責任者CFO)、最高技術責任者CTO)、最高戦略企画責任者CSO)など、それぞれの職務における責任明確化した役職もある。

ちなみに会長が最高経営責任者を、社長最高執行責任者兼任する場合が多い。

企業活動のほかの用語一覧
海外企業・団体:  ZiLOG  ZTE
組織:  CISO  最高経営責任者  最高執行責任者  職能別組織  事業部制組織

セリウム(II)オキシド

分子式CeO
その他の名称Cerium monoxide
体系名:セリウム(II)オキシド


最高経営責任者

(CEO から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/14 00:50 UTC 版)

最高経営責任者さいこうけいえいせきにんしゃ英語: chief executive officer、略語: CEO)とは、アメリカ合衆国内の法人において理事会(法人が会社の場合は取締役会[注釈 1] の指揮の下で法人のすべての業務執行を統括する役員執行役員または執行役(officer、または executive officer)の名称、もしくは最高経営責任者として選任された人物のことである。


注釈

  1. ^ : board of directors
  2. ^ : chief executive
  3. ^ : CEO
  4. ^ : officer
  5. ^ : corporation
  6. ^ : American Law Institute, ALI
  7. ^ Principles of Corporate Governance: Analysis and Recommendations
  8. ^ : chief executive officer
  9. ^ : principal senior executive
  10. ^ : director
  11. ^ : chairman of the board
  12. ^ : president
  13. ^ : officer
  14. ^ : president
  15. ^ : chairman of the board
  16. ^ : general manager
  17. ^ : chief executive officer
  18. ^ : corporations code会社法も包含する。
  19. ^ : officer
  20. ^ : executive
  21. ^ : chief
  22. ^ : officer
  23. ^ : chief executive
  24. ^ : CEO
  25. ^ : COO
  26. ^ : CFO

出典

  1. ^ Professional English in Use – Finance, Ian MacKenzie, Cambridge University Press, 2006, p.16
  2. ^ 藤澤志穂子 2017, p. 208.


「最高経営責任者」の続きの解説一覧

CEO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/28 12:46 UTC 版)

R・C・ビュフォード」の記事における「CEO」の解説

2019年7月23日、CEO就任発表された

※この「CEO」の解説は、「R・C・ビュフォード」の解説の一部です。
「CEO」を含む「R・C・ビュフォード」の記事については、「R・C・ビュフォード」の概要を参照ください。


CEO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/11 08:11 UTC 版)

ブリンクス・ザ・タイムスイーパー」の記事における「CEO」の解説

タイムファクトリーの最高責任者プレイヤーらタイムスイーパー達に今回任務下す

※この「CEO」の解説は、「ブリンクス・ザ・タイムスイーパー」の解説の一部です。
「CEO」を含む「ブリンクス・ザ・タイムスイーパー」の記事については、「ブリンクス・ザ・タイムスイーパー」の概要を参照ください。


CEO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/03 03:44 UTC 版)

新・旭日の艦隊 須佐之男死闘篇」の記事における「CEO」の解説

「海の目」首領紺碧艦隊対抗するため、ザンベンドルフ開発命じる。

※この「CEO」の解説は、「新・旭日の艦隊 須佐之男死闘篇」の解説の一部です。
「CEO」を含む「新・旭日の艦隊 須佐之男死闘篇」の記事については、「新・旭日の艦隊 須佐之男死闘篇」の概要を参照ください。


CEO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/26 15:40 UTC 版)

AT&Tコーポレーション」の記事における「CEO」の解説

1885年AT&T Corporation設立されてから、2005年SBCコミュニケーションズ買収されるまでの1615人のCEOの一覧を以下に示す。 #CEO就任肩書1 セオドア・ニュートン・ヴェイルTheodore Newton Vail 1885–1887 President 2 ジョン・エルドリッジ・ハドソン(英語版John Elbridge Hudson 1887–1900 President 3 フレデリック・ペリー・フィッシュ(英語版Frederick Perry Fish 1901–1907 President 4 セオドア・ニュートン・ヴェイルTheodore Newton Vail 1907–1919 President 5 ハリー・ベイツ・セイヤー(英語版Harry Bates Thayer 19191925 President 6 ウォルター・シャーマン・ギフォード(英語版Walter Sherman Gifford 19251948 President 7 リロイ・A・ウィルソンLeroy A. Wilson 19481951 President 8 クレオ・F・クレイグCleo F. Craig 19511956 President 9 フレデリック・カペルFrederick Kappel 1956–19611961–1967 PresidentChairman 10 H・I・ロムネスH.I. Romnes 19671972 Chairman 11 ジョン・D・デバッツ(英語版John D. deButts 19721979 Chairman 12 チャールズ・L・ブラウンCharles L. Brown 19791986 Chairman 13 ジェームズ・E・オルソンJames E. Olson 19861988 Chairman 14 ロバート・Eアレン英語版Robert Eugene Allen 19881997 Chairman 15 C・マイケル・アームストロング英語版)C. Michael Armstrong 19972002 Chairman 16 デビッド・ドーマン(英語版David Dorman 20022005 Chairman

※この「CEO」の解説は、「AT&Tコーポレーション」の解説の一部です。
「CEO」を含む「AT&Tコーポレーション」の記事については、「AT&Tコーポレーション」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「CEO」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「CEO」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

CEOのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



CEOのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー
Copyright© 2022 Active and Company Ltd. All rights reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ最高経営責任者の記事を利用しております。
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの最高経営責任者 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのR・C・ビュフォード (改訂履歴)、ブリンクス・ザ・タイムスイーパー (改訂履歴)、新・旭日の艦隊 須佐之男死闘篇 (改訂履歴)、AT&Tコーポレーション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS