プランニングとは?

プランニング【planning】

《「プラニング」とも》計画企画立案すること。企画立案


プランニング

施設住宅における照明企画計画をたてる事。

計画

(プランニング から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/11 02:05 UTC 版)

計画(けいかく、英語: plan)とは、何らかのものごとを行うために、方法や手順を考え、企てること。また、そうして考え企てた内容のこと[1]


  1. ^ 広辞苑第六版「計画」
  2. ^ ブリタニカ国際百科事典「計画」
  3. ^ Oxford Dictionaries 「planning」
  4. ^ デジタル大辞泉「プラン・ビー」
  5. ^ NHK『英雄たちの選択』「水害と闘った男たち~治水三傑・現代に生かす叡智」での経済学者飯田泰之の指摘。現実の世の中ではゼロリスクは不可能だし、この世では「絶対」(=確実)ということはどんな分野であれ、あり得ないのに、日本人には悪しき「ゼロリスク信仰」(何が何でもゼロリスクでなければ、という強迫的な思い込み)があり、「完璧なプランA」ばかりを目指しがちで、そういうメンタリティだから、日本では誰かがあらかじめプランBも検討するだけで、周囲の日本人が「(プランBを練るということは)その計画(A)は完璧じゃないのか!」とすぐにヒステリックにつっこみがちで、それが、安全のためにプランBも当然練っておく、という合理的な行為を妨害する風土となり、(現実世界では最初の計画どおりに行かないことは多いので)結果として日本では「いざ」という時に無策な状態となり、悲惨な事態を生みがち、という飯田泰之による指摘。
  6. ^ 英語圏では、あらかじめ、「プランB」も破綻した場合のための「プランC」といったように多数の代替策を用意しておいて、次から次へと次善の策を出せる人もいる。なお日本人でも、世界的に活躍している商社員(商社マン)などは、そうした考え方に慣れていて、実行している人、あるいはそれを実行すべし、としている会社は世界的な商社では多い。あらかじめさまざまな事態が発生した場合の策を練るように、上長が部下の指導・トレーニングをする。さまざまな成功パターンや頓挫パターンも考慮しておいて、どのパターンになった場合でも、あらかじめ考えておいた策どおりに即座に対応策を打つ。彼らはしばしば「それは織り込み済みの状況だ」と(落ち着いた顔で)言う。つまり、起きていることは、事前にさまざまに予想していたパターン群のいずれかに入っていて、一応予想の範囲内のことであり、策も一応立ててあり、対応できるとあらかじめ知っているから、あとはものごとを実行してゆけばよいから大丈夫、という意味の発言である。
  7. ^ Stephen R Martin (2009年6月9日). “What Should Be Included in a Project Plan”. The Project Management Hut. www.pmhut.com. 2011年6月16日閲覧。
  8. ^ J. Scott Armstrong (1986). “The Value of Formal Planning for Strategic Decisions: A Reply”. Strategic Management Journal 7: 183–185. http://www.forecastingprinciples.com/paperpdf/Value%20of%20Formal%20Planning.pdf. 


「計画」の続きの解説一覧



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「プランニング」の関連用語

プランニングのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



プランニングのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
大光電機大光電機
Copylight 2020.DAIKO ELECTRIC CO.,LTD.All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの計画 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS