スティーブ・ジョブズとは?

スティーブ・ジョブズ

【英】Steve Jobs, Steve Paul Jobs, Steven Paul Jobs

スティーブ・ジョブズとは、Apple Computer社の共同創設者である。1955年2月24日米国カルフォルニア州ロス・アルトス生まれ米国を代表する企業家一人数え上げられる。2011年10月5日死去

地元ホームステッド高校卒業して1972年オレゴン州ポートランドのリード・カレッジに入学するも1学期だけで退学。しかしそのままキャンバスに住み続けコンピュータゲームアタリ社入社、その間にインド旅行をするなどした。

ホームブルー・コンピュータ・クラブで、スティーブ・ウォズニアック作り上げコンピュータに夢を見いだした彼は、彼を誘ってAPPLE-I名付け彼のコンピュータをホビイストに売った。ウォズニアック改良版のAPPLE-IIを製作し、ジョブズ今度一般市場に出すために奔走した。1977年会社法人化し、ベンチャーキャピタリスト通じてフェアチャイルド・ セミコンダクター社からマイク・スコット社長に引き抜いた。こうしてApple Computer社は軌道乗り始めた。

スティーブ・ジョブズ
※画像提供 / Apple Computer, Inc.

1979年Xerox社のパロアルト研究所PARC)を見学した際に、試験的ハードウェアALTO」のグラフィカルユーザインターフェース(GUI)やマウスなどに出会った。彼はこのとき、「これは最高だ、革命だ」と叫んだと伝えられている。 そして、それから5年後1984年すべてをGUIで行えるコンピュータMacintosh」がアップルコンピュータから発売された。

スティーブ・ジョブズはその後自分が引き抜いて社長にしたジョン・スカリーアップルを追われ、1985年ロス・ペローと組んでNeXT社を立ち上げた。この事業結局失敗し、1996年アップルコンピュータにより同社買収されることになったが、同社によって培われた技術Mac OS XなどといったApple社製品に引き継がれている。

また、近年では業績不振に陥っていたApple社暫定CEOとして返り咲きM&AiMac発売Microsoftとの資本連携などによりApple社業績回復させた。暫定CEO就任して以来CEOそれ自体への給与毎年1ドルしか受け取っていないことでも有名となり、「世界で最も給与の安いCEO」とも呼ばれた。

2000年代に入ると、Appleは「iPod」「iTunes」「iPhone」「iPad」といった製品や「ポッドキャスティング」「マルチタッチ」などをITの世界にもたらし、人々ライフスタイル変えるほどの影響をもたらした。

2011年8月にスティーブ・ジョブズはAppleCEO退任2011年10月56歳でこの世を去った。


参照リンク
Apple

スティーブ・ジョブズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/02 06:27 UTC 版)

スティーブン・ポール・“スティーブ”・ジョブズ(Steven Paul "Steve" Jobs、1955年2月24日 - 2011年10月5日)は、アメリカ合衆国実業家作家教育者アップル社共同設立者の一人。アメリカ国家技術賞を受賞している。




注釈

  1. ^ 2013年の伝記映画『スティーブ・ジョブズ』にも、LSDを服用し麦畑で指揮者になるという描写が含まれている2013年の伝記映画『スティーブ・ジョブズ』6分40秒-9分30秒。
  2. ^ アタリの製図工であったウェインは、ジョブズに誘われて創業に参加したが、ジョブズの冒険的な経営に不安を抱き、創業後2週間も経たない1976年4月12日に会社を去った[52]
  3. ^ 銀行のソフトウェアが0番に対応していなかったため実務上は2番と扱われた[74]
  4. ^ ウォズニアックはApple Iの発売以前から新型コンピュータの開発作業を始めており、1976年8月にはすでにApple IIの実動するプロトタイプを完成させていた[69][78]

出典

  1. ^ 水谷 哲也 (2015年1月21日). “ジョブズの愛車にはナンバープレートがない [企業のIT活用]”. 株式会社オールアバウト (All About,Inc.). 2017年12月29日閲覧。
  2. ^ Larry Kim (2015年3月25日). “43 Surprising Facts About Steve Jobs”. Inc.com. 2017年12月29日閲覧。
  3. ^ Mac Fan編集部 『Mac Fan 2013年 11月号』 マイナビ出版、89頁。 
  4. ^ アイザックソン 2011, p. 430.
  5. ^ a b c d e f シュレンダー 2016, pp. 50–52.
  6. ^ Linzmayer 2004, pp. 2–6.
  7. ^ Isaacson 2015, pp. 60-62.
  8. ^ Linzmayer 2004, pp. 13–15.
  9. ^ Isaacson 2015, pp. 92–93.
  10. ^ a b シュレンダー 2016, p. 79.
  11. ^ シュレンダー 2016, pp. 104-105.
  12. ^ アイザックソン 2011, pp. 176–180.
  13. ^ シュレンダー 2016, pp. 122–126.
  14. ^ Isaacson 2015, pp. 109–112.
  15. ^ シュレンダー 2016, pp. 130–140.
  16. ^ a b c d e f Linzmayer 2004, pp. 154–158.
  17. ^ a b c d シュレンダー 2016, pp. 140–152.
  18. ^ シュレンダー 2016, p. 25.
  19. ^ ITmedia News (2008年1月24日). “AppleのジョブズCEO、2007年度も給与は1ドル”. ロイター. オリジナルの2008年1月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080127083742/http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0801/24/news046.html 2011年10月6日閲覧。 
  20. ^ アップル取締役会、CEOへの報酬を発表
  21. ^ Apple - 追悼 Steve Jobs apple日本サイト 2011年10月5日 同日参照
  22. ^ アーカイブされたコピー”. 2011年10月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年10月21日閲覧。
  23. ^ “Apple Co-Founder Steve Jobs Dies at 56”. Chicago Tribune. (2011年10月5日). オリジナルの2011年10月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111007155643/http://www.chicagotribune.com/news/nationworld/ktla-apple-steve-jobs-dies,0,7477308.story 2011年10月6日閲覧。 
  24. ^ 故S・ジョブズ氏にグラミー賞を授与--iTunes責任者が代理で受け取り - CNET Japan
  25. ^ a b “Steve Jobs: adopted child who never met his biological father” (英語). Daily Telegraph. (2011年10月6日). ISSN 0307-1235. https://www.telegraph.co.uk/technology/steve-jobs/8811345/Steve-Jobs-adopted-child-who-never-met-his-biological-father.html 2018年9月18日閲覧。 
  26. ^ a b ジョブズ氏追悼の輪、実父の祖国シリアでも広がる - 2011年10月7日 ロイター
  27. ^ a b c “The 'father of invention'”. Saudi Gazette. (2011年1月18日). http://www.saudigazette.com.sa/index.cfm?method=home.regcon&contentID=2011011891545 2015年6月27日閲覧。 
  28. ^ a b Graff, Amy (2015年11月18日). “Social media reminds us Steve Jobs was the son of a Syrian migrant”. SFGate. Hearst Communications. 2016年5月19日閲覧。
  29. ^ a b Meer, Ameena (Summer 1987). “Artists in Conversation: Mona Simpson”. Bomb (20). http://bombmagazine.org/article/947/mona-simpson 2015年7月7日閲覧。. 
  30. ^ Staff (2011年8月27日). “Dad waits for Jobs to iPhone”. New York Post. 2015年6月27日閲覧。
  31. ^ 'You've got to find what you love,' Jobs says
  32. ^ “ジョブズ氏の実父、再会果たせず”. ウォール・ストリート・ジャーナル. (2011年10月11日). http://jp.wsj.com/public/page/0_0_WJPP_7000-322218.html 2013年10月5日閲覧。 
  33. ^ a b アイザックソン 2011, pp. 44–46.
  34. ^ シュレンダー 2016, p. 46.
  35. ^ Steve Jobs Presents to Cupertino City Council”. CUPERTINO (2011年6月7日). 2011年10月6日閲覧。
  36. ^ Blumenthal 2012, p. 22.
  37. ^ a b c Linzmayer 2004, pp. 1–3.
  38. ^ a b c d Isaacson 2015, pp. 27–32.
  39. ^ アイザックソン 2011, pp. 51–52.
  40. ^ アイザックソン 2011, pp. 68–72.
  41. ^ アイザックソン 2011, pp. 82–84.
  42. ^ a b Isaacson 2011, pp. 69–71.
  43. ^ Blumenthal 2012, pp. 271–272.
  44. ^ 【インド社会】スティーブ・ジョブズとインド
  45. ^ スティーブ・ジョブズ氏:伝記翻訳者が明かす日本とのエピソード 「アップル製品に禅の影響」 毎日新聞 2011年10月24日 Wayback machine
  46. ^ Linzmayer 2004, pp. 4-5.
  47. ^ Isaacson 2015, pp. 60–62.
  48. ^ a b c Linzmayer 2004, pp. 5–6.
  49. ^ Isaacson 2015, p. 64.
  50. ^ Linzmayer 2004, p. 5.
  51. ^ a b Isaacson 2015, pp. 62–63.
  52. ^ Linzmayer 2004, pp. 7-8.
  53. ^ シュレンダー 2016, p. 65.
  54. ^ Williams, Rhiannon (2015年4月1日). “Apple celebrates 39th year on April 1”. Telegraph Media Group. https://www.telegraph.co.uk/technology/apple/11507451/Apple-celebrates-39th-year-on-April-1.html 2019年6月30日閲覧。 
  55. ^ a b Isaacson 2015, p. 63.
  56. ^ “Steve Jobs bio says Apple CEO abhorred 'corrupt' execs”. CBC News. (2011年10月20日). http://www.cbc.ca/news/world/story/2011/10/20/steve-jobs-bio.html 2019年7月22日閲覧。 
  57. ^ Swaine 2014, p. 337.
  58. ^ a b Isaacson 2015, p. 66.
  59. ^ Linzmayer 2004, p. 7.
  60. ^ a b Isaacson 2015, pp. 67–68.
  61. ^ Isaacson 2015, pp. 67–69.
  62. ^ Linzmayer 2004, pp. 8–10.
  63. ^ a b Swaine 2014, pp. 337–338.
  64. ^ a b Linzmayer 2004, p. 8.
  65. ^ “Building the digital age”. BBC News. (2007年11月15日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/technology/7091190.stm 2019年7月1日閲覧。 
  66. ^ “スティーブ・ジョブズ氏の伝記映画、創業のガレージで6月にクランクイン”. ITMedia. (2012年5月21日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1205/21/news022.html 2015年1月28日閲覧。 
  67. ^ a b 三柳 英樹 (2011年10月6日). “ジョブズ氏死去に、ビル・ゲイツ氏やオバマ大統領が追悼の声明を発表” (日本語). INTERNET Watch. 2011年10月7日閲覧。
  68. ^ “ガレージで創業というのは誇張--アップル共同創設者のウォズニアック氏、真相を語る”. CNET Japan. (2014年12月5日). http://japan.cnet.com/news/business/35057463/ 2015年1月20日閲覧。 
  69. ^ a b Linzmayer 2004, p. 9.
  70. ^ a b c Linzmayer 2004, p. 10.
  71. ^ シュレンダー 2016, pp. 75–77.
  72. ^ アイザックソン 2011, p. 136.
  73. ^ EXCLUSIVE: Interview With Apple's First CEO Michael Scott Jay Yarow, May 24, 2011, 12:57 PM - BUSINESS INSIDER
  74. ^ a b c d e Linzmayer 2004, p. 11.
  75. ^ スティーブ・ジョブズに初めて出会った日本人 -- サンフランシスコ1977年4月
  76. ^ O'Grady 2009, p. 3.
  77. ^ a b Linzmayer 2004, p. 12.
  78. ^ Swaine 2014, pp. 345.
  79. ^ O'Grady 2009, p. 5.
  80. ^ O'Grady 2009, p. 6.
  81. ^ Dormehl 2012, p. 137.
  82. ^ Dormehl 2012, pp. 137–138.
  83. ^ シュレンダー 2016, p. 104.
  84. ^ THE ENGINEER OF THE ORIGINAL APPLE MOUSE TALKS ABOUT HIS REMARKABLE CAREER - WIRED (2014年8月18日)
  85. ^ シュレンダー 2016, pp. 122–123.
  86. ^ O'Grady 2009, pp. 10-11.
  87. ^ 【話の肖像画】ジョブズ氏や孫氏との出会い 元シャープ副社長・佐々木正(98)(2)+(1/2ページ) - MSN産経ニュース シャープの東京支社長時代、受付から「アメリカの若者から面会の希望です」と連絡がありました。昭和60年ごろです。ジーンズにTシャツ姿、風貌は髪の毛やひげが伸び放題のヒッピーそのもの。スティーブ・ジョブズさんでした。彼の関心は「その後の電卓はどうなっているの?」にあり、私は「これからはネットワークの時代になるからポータブル性のあるIT機器が求められるようになる」と話しました。
  88. ^ Microsoft、Appleに1億5千万ドルを投資、共同開発も”. PC Watch (1997年8月7日). 2012年8月30日閲覧。
  89. ^ “アップル取締役会、CEOへの報酬を発表” (日本語). Apple Newsroom. https://www.apple.com/jp/newsroom/2000/01/19Apple-Board-of-Directors-Announces-CEO-Compensation/ 2018年6月4日閲覧。 
  90. ^ “Appleの全売上に占めるiPhoneの比率がついに50%を突破”. TechCrunch Japan. (2011年4月21日). http://jp.techcrunch.com/archives/2011042050-of-apples-revenue-now-comes-from-the-iphone/ 2011年10月6日閲覧。 
  91. ^ a b スティーブ・ジョブズ氏の闘病は「見事」--癌専門家、CNET.com
  92. ^ ジョブズの卒業式スピーチを、字幕で”. トブiPhone (2008年1月12日). 2011年10月6日閲覧。
  93. ^ アイザックソン 2011, p. 107.
  94. ^ “S・ジョブズ氏の健康問題--アップルは詳細を公表すべきか:スペシャルレポート”. CNET Japan. (2008年7月25日). http://japan.cnet.com/apple/20377741/ 2011年10月6日閲覧。 
  95. ^ “「「私は健康」と強調 アップルのジョブズCEO」”. IT‐インターネットニュース:イザ!. (2008年9月11日). オリジナルの2008年9月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080921100906/http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/it/internet/177455/ 2011年10月6日閲覧。 
  96. ^ Methodist Le Bonheur Healthcare (2009年6月23日). “Steve Jobs Receives Liver Transplant”. 2010年2月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年10月6日閲覧。
  97. ^ 2011年8月24日 スティーブ・ジョブズからの手紙
  98. ^ a b c ジョブズ氏の死因は膵臓腫瘍による呼吸停止、妻が看取る|テクノロジーニュース|Reuters
  99. ^ Apple Press Info - Apple取締役会による声明
  100. ^ Apple Press Info - 報道発表
  101. ^ オバマ大統領、ゲイツ氏、ペイジ氏、スパイク・リー監督──ジョブズ氏追悼コメント (1/2) - ITmedia ニュース Archived 2011年10月7日, at the Wayback Machine.
  102. ^ a b “スティーブ・ジョブズ氏の銅像がブダペストで発表” (日本語) (プレスリリース), グラフィソフトジャパン, (2011年12月21日), オリジナルの2012年2月8日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20120208161906/http://www.graphisoft.co.jp/community/update/20111222.html 2012年3月22日閲覧。 
  103. ^ “スティーブ・ジョブズの銅像はなぜアメリカではなくブダペストにあるのか?” (日本語). GIGAZINE (大阪: OSA). (2011年12月22日). http://gigazine.net/news/20111222-steve-jobs-statue/ 2012年3月22日閲覧。 
  104. ^ ウォズが語るジョブズの思い出――iPad3発表の日に” (日本語). itmedia (2012年3月9日). 2017年11月6日閲覧。
  105. ^ Steve Jobs” (英語). The Gates Notes (2011年10月5日). 2011年10月7日閲覧。
  106. ^ ビル・ゲイツ氏、“盟友”ジョブズ氏に哀悼メッセージ” (日本語). オリコンライフ (2011年10月6日). 2011年10月7日閲覧。
  107. ^ President Obama on the Passing of Steve Jobs:"He changed the way each of us sees the world."” (英語). The White House Blog (2011年10月5日). 2011年10月7日閲覧。
  108. ^ Steve Jobs” (英語). Google+ (2011年10月6日). 2017年9月18日閲覧。
  109. ^ Robert A. Iger, President And Ceo, The Walt Disney Company On Steve Jobs’ Passing” (英語). TheWaltDisneyCompany PressReleases (2011年10月5日). 2017年10月3日閲覧。
  110. ^ ジョージ・ルーカス、スティーブ・ジョブズ氏を追悼「功績は、人々によって語り継がれて行くだろう」と声明” (日本語). シネマトゥデイ (2011年10月7日). 2017年10月6日閲覧。
  111. ^ スピルバーグ「スティーブ・ジョブズはエジソン以来の発明家」 ツイッターでセレブたちが追悼” (日本語). クランクイン (2011年10月7日). 2017年10月6日閲覧。
  112. ^ 著名人、IT企業トップがジョブズ氏逝去に哀悼の意” (日本語). 日本経済新聞 (2011年10月7日). 2017年11月6日閲覧。
  113. ^ ソニーのストリンガーCEO、ソフトバンク孫社長らがジョブズ氏死去に弔意” (日本語). 日本経済新聞 (2011年10月6日). 2017年10月3日閲覧。
  114. ^ 韓国・サムスン電子「ジョブズ氏は天才的企業家」 Jobs”. 日本経済新聞. 2009 17-11-06閲覧。
  115. ^ Former Apple CEO John Sculley Praises Jobs”. The Wall Street Journal. 2009年11月7日閲覧。
  116. ^ 著書『あなたの職場のイヤな奴』原題The No Asshole Ruleのこと。
  117. ^ メモリアル” (日本語). SoftBank (2011年10月5日). 2017年11月3日閲覧。
  118. ^ Billionaires React To Steve Jobs' Death” (英語). フォーブス (2011年10月6日). 2017年11月3日閲覧。
  119. ^ アップルのジョブズ氏選出 米誌選出の最優秀CEO”. 共同通信 (2009年11月6日). 2009年11月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年11月7日閲覧。
  120. ^ a b c d “The Trouble with Steve”. フォーチュン. (2008年3月16日) 
  121. ^ ジョブズ氏の革新に影響を与えた思想とは―― 日本の禅僧と長年の交流
  122. ^ スティーブ・ジョブズ氏:伝記翻訳者が明かす日本とのエピソード 「アップル製品に禅の影響」
  123. ^ 高木凛 『最後の版元 浮世絵再興を夢みた男・渡邊庄三郎』 講談社、2013年、pp.16-17,241-243。
  124. ^ http://applembp.blogspot.jp/2014/06/Akasaka-AONO-Jobs-loved-Japanese-style-confectionery.html?m=1
  125. ^ プレイボーイ1985年2月号
  126. ^ タイムカプセル vol.4 衣紋掛けのつぶやき”. Sony Japan (2008年1月7日). 2014年12月7日閲覧。
  127. ^ ジョブズが黒タートルを着た理由が今明らかに。きっかけは日本
  128. ^ ジョブズがタートルネックを着た理由は? 「日本ソニーで…」
  129. ^ ジョブズは服、タモリは食事…成功者に学ぶ「ルールと習慣」
  130. ^ Jobs's Wife Backs Education Causes
  131. ^ a b c d e f g h i j k l m n o Steve Jobs would have turned 60 today. Here are 15 of his most inspiring quotes”. Yahoo.com (2015年2月24日). 2015年2月26日閲覧。


「スティーブ・ジョブズ」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「スティーブ・ジョブズ」の関連用語

スティーブ・ジョブズのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



スティーブ・ジョブズのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
コンピュータ偉人伝コンピュータ偉人伝
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリスティーブ・ジョブズの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスティーブ・ジョブズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS