スティーブ・ジョブズとは? わかりやすく解説

スティーブ・ジョブズ

【英】Steve Jobs, Steve Paul Jobs, Steven Paul Jobs

スティーブ・ジョブズとは、Apple Computer社の共同創設者である。1955年2月24日米国カルフォルニア州ロス・アルトス生まれ米国代表する企業家一人に数え上げられる。2011年10月5日死去

地元ホームステッド高校卒業して1972年オレゴン州ポートランドのリード・カレッジに入学するも1学期だけで退学。しかしそのままキャンバスに住み続けコンピュータゲームアタリ社入社その間インド旅行をするなどした。

ホームブルー・コンピュータ・クラブで、スティーブ・ウォズニアック作り上げコンピュータに夢を見いだした彼は、彼を誘ってAPPLE-I名付け彼のコンピュータをホビイストに売った。ウォズニアック改良版のAPPLE-IIを製作し、ジョブズ今度一般市場に出すために奔走した。1977年会社法人化し、ベンチャーキャピタリスト通じてフェアチャイルド・ セミコンダクター社からマイク・スコット社長に引き抜いた。こうしてApple Computer社は軌道乗り始めた

スティーブ・ジョブズ
※画像提供 / Apple Computer, Inc.

1979年Xerox社のパロアルト研究所PARC)を見学た際に試験的ハードウェアALTO」のグラフィカルユーザインターフェース(GUI)やマウスなどに出会った彼はこのとき、「これは最高だ、革命だ」と叫んだと伝えられている。 そして、それから5年後1984年すべてをGUIで行えるコンピュータMacintosh」がアップルコンピュータから発売された。

スティーブ・ジョブズはその後自分が引き抜いて社長にしたジョン・スカリーアップルを追われ、1985年ロス・ペローと組んでNeXT社を立ち上げた。この事業結局失敗し、1996年アップルコンピュータにより同社買収されることになったが、同社によって培われた技術Mac OS XなどといったApple社製品に引き継がれている。

また、近年では業績不振に陥っていたApple社暫定CEOとして返り咲きM&AiMac発売Microsoftとの資本連携などによりApple社業績回復させた。暫定CEOに就任して以来CEOそれ自体への給与毎年1ドルしか受け取ていないことでも有名となり、「世界で最も給与の安いCEO」とも呼ばれた。

2000年代に入ると、Appleは「iPod」「iTunes」「iPhone」「iPad」といった製品や「ポッドキャスティング」「マルチタッチ」などをITの世界もたらし人々ライフスタイル変えるほどの影響もたらした。

2011年8月にスティーブ・ジョブズはAppleCEO退任2011年10月56歳でこの世を去った。


参照リンク
Apple

スティーブ・ジョブズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/25 01:42 UTC 版)

スティーブン・ポール・ジョブズ英語: Steven Paul Jobs1955年2月24日 - 2011年10月5日)は、アメリカ合衆国起業家実業家工業デザイナーアメリカ国家技術賞を受賞している。


注釈

  1. ^ 2013年の伝記映画『スティーブ・ジョブズ』にも、LSDを服用し麦畑で指揮者になるという描写が含まれている2013年の伝記映画『スティーブ・ジョブズ』6分40秒-9分30秒。
  2. ^ アタリの製図工であったウェインは、ジョブズに誘われて創業に参加したが、ジョブズの冒険的な経営に不安を抱き、創業後2週間も経たない1976年4月12日に会社を去った[57]
  3. ^ 銀行のソフトウェアが0番に対応していなかったため実務上は2番と扱われた[79]
  4. ^ ウォズニアックはApple Iの発売以前から新型コンピュータの開発作業を始めており、1976年8月にはすでにApple IIの実動するプロトタイプを完成させていた[74][83]

出典

  1. ^ 水谷 哲也 (2015年1月21日). “ジョブズの愛車にはナンバープレートがない [企業のIT活用]”. 株式会社オールアバウト (All About,Inc.). 2017年12月29日閲覧。
  2. ^ Larry Kim (2015年3月25日). “43 Surprising Facts About Steve Jobs”. Inc.com. 2017年12月29日閲覧。
  3. ^ Mac Fan編集部 『Mac Fan 2013年 11月号』 マイナビ出版、89頁。 
  4. ^ アイザックソン 2011, p. 430.
  5. ^ a b Steve Jobs, Apple 'visionary', dies aged 56”. BBC News (2011年10月6日). 2022年1月17日閲覧。
  6. ^ a b c “Steve Jobs: adopted child who never met his biological father” (英語). Daily Telegraph. (2011年10月6日). ISSN 0307-1235. https://www.telegraph.co.uk/technology/steve-jobs/8811345/Steve-Jobs-adopted-child-who-never-met-his-biological-father.html 2018年9月18日閲覧。 
  7. ^ CEO退任のいま、Steve Jobs氏の功績をたどる”. 2022年1月17日閲覧。
  8. ^ a b c d e f シュレンダー 2016, pp. 50–52.
  9. ^ Linzmayer 2004, pp. 2–6.
  10. ^ a b Isaacson 2015, pp. 60–62.
  11. ^ Linzmayer 2004, pp. 13–15.
  12. ^ Isaacson 2015, pp. 92–93.
  13. ^ a b シュレンダー 2016, p. 79.
  14. ^ シュレンダー 2016, pp. 104–105.
  15. ^ アイザックソン 2011, pp. 176–180.
  16. ^ シュレンダー 2016, pp. 122–126.
  17. ^ Isaacson 2015, pp. 109–112.
  18. ^ シュレンダー 2016, pp. 130–140.
  19. ^ a b c d e f Linzmayer 2004, pp. 154–158.
  20. ^ a b c d シュレンダー 2016, pp. 140–152.
  21. ^ ASCII. “業界に痕跡を残して消えたメーカー Appleに不満を抱くメンバーが立ち上げたNeXT Computer (1/3)” (日本語). ASCII.jp. 2021年5月4日閲覧。
  22. ^ アップル、「Mac OS X」を発表” (日本語). Apple Newsroom (日本). 2021年5月4日閲覧。
  23. ^ アップルの根底に流れるNeXTという“筋”--ジョブズの先見性とビジョン” (日本語). ZDNet Japan (2011年10月6日). 2021年5月4日閲覧。
  24. ^ シュレンダー 2016, p. 25.
  25. ^ ITmedia News (2008年1月24日). “AppleのジョブズCEO、2007年度も給与は1ドル”. ロイター. オリジナルの2008年1月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080127083742/http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0801/24/news046.html 2011年10月6日閲覧。 
  26. ^ アップル取締役会、CEOへの報酬を発表
  27. ^ Apple - 追悼 Steve Jobs apple日本サイト 2011年10月5日 同日参照
  28. ^ アーカイブされたコピー”. 2011年10月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年10月21日閲覧。
  29. ^ “Apple Co-Founder Steve Jobs Dies at 56”. Chicago Tribune. (2011年10月5日). オリジナルの2011年10月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111007155643/http://www.chicagotribune.com/news/nationworld/ktla-apple-steve-jobs-dies,0,7477308.story 2011年10月6日閲覧。 
  30. ^ 故S・ジョブズ氏にグラミー賞を授与--iTunes責任者が代理で受け取り - CNET Japan
  31. ^ a b ジョブズ氏追悼の輪、実父の祖国シリアでも広がる - 2011年10月7日 ロイター
  32. ^ a b c “The 'father of invention'”. Saudi Gazette. (2011年1月18日). オリジナルの2015年7月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150701085311/http://www.saudigazette.com.sa/index.cfm?method=home.regcon&contentID=2011011891545 2015年6月27日閲覧。 
  33. ^ a b Graff, Amy (2015年11月18日). “Social media reminds us Steve Jobs was the son of a Syrian migrant”. SFGate. Hearst Communications. 2016年5月19日閲覧。
  34. ^ a b Meer, Ameena (Summer 1987). “Artists in Conversation: Mona Simpson”. Bomb (20). http://bombmagazine.org/article/947/mona-simpson 2015年7月7日閲覧。. 
  35. ^ Staff (2011年8月27日). “Dad waits for Jobs to iPhone”. New York Post. 2015年6月27日閲覧。
  36. ^ 'You've got to find what you love,' Jobs says
  37. ^ ジョブズ氏の実父、再会果たせず - ウェイバックマシン(2016年4月9日アーカイブ分)
  38. ^ a b アイザックソン 2011, pp. 44–46.
  39. ^ シュレンダー 2016, p. 46.
  40. ^ ジェフリー・S・ヤング著 日暮 雅通 訳『スティーブ・ジョブズ パーソナル・コンピュータを創った男(上)』JICC出版局、1989年9月25日、53頁。ISBN 4-88063-600-2
  41. ^ Steve Jobs Presents to Cupertino City Council”. CUPERTINO (2011年6月7日). 2011年10月6日閲覧。
  42. ^ Blumenthal 2012, p. 22.
  43. ^ a b c Linzmayer 2004, pp. 1–3.
  44. ^ a b c d Isaacson 2015, pp. 27–32.
  45. ^ アイザックソン 2011, pp. 51–52.
  46. ^ アイザックソン 2011, pp. 68–72.
  47. ^ アイザックソン 2011, pp. 82–84.
  48. ^ a b Isaacson 2011, pp. 69–71.
  49. ^ Blumenthal 2012, pp. 271–272.
  50. ^ 【インド社会】スティーブ・ジョブズとインド
  51. ^ スティーブ・ジョブズ氏:伝記翻訳者が明かす日本とのエピソード 「アップル製品に禅の影響」 毎日新聞 2011年10月24日 Wayback machine
  52. ^ Linzmayer 2004, pp. 4–5.
  53. ^ a b c Linzmayer 2004, pp. 5–6.
  54. ^ Isaacson 2015, p. 64.
  55. ^ Linzmayer 2004, p. 5.
  56. ^ a b Isaacson 2015, pp. 62–63.
  57. ^ Linzmayer 2004, pp. 7–8.
  58. ^ シュレンダー 2016, p. 65.
  59. ^ Williams, Rhiannon (2015年4月1日). “Apple celebrates 39th year on April 1”. Telegraph Media Group. https://www.telegraph.co.uk/technology/apple/11507451/Apple-celebrates-39th-year-on-April-1.html 2019年6月30日閲覧。 
  60. ^ a b Isaacson 2015, p. 63.
  61. ^ “Steve Jobs bio says Apple CEO abhorred 'corrupt' execs”. CBC News. (2011年10月20日). http://www.cbc.ca/news/world/story/2011/10/20/steve-jobs-bio.html 2019年7月22日閲覧。 
  62. ^ Swaine 2014, p. 337.
  63. ^ a b Isaacson 2015, p. 66.
  64. ^ Linzmayer 2004, p. 7.
  65. ^ a b Isaacson 2015, pp. 67–68.
  66. ^ Isaacson 2015, pp. 67–69.
  67. ^ Linzmayer 2004, pp. 8–10.
  68. ^ a b Swaine 2014, pp. 337–338.
  69. ^ a b Linzmayer 2004, p. 8.
  70. ^ “Building the digital age”. BBC News. (2007年11月15日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/technology/7091190.stm 2019年7月1日閲覧。 
  71. ^ “スティーブ・ジョブズ氏の伝記映画、創業のガレージで6月にクランクイン”. ITMedia. (2012年5月21日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1205/21/news022.html 2015年1月28日閲覧。 
  72. ^ a b 三柳 英樹 (2011年10月6日). “ジョブズ氏死去に、ビル・ゲイツ氏やオバマ大統領が追悼の声明を発表” (日本語). INTERNET Watch. 2011年10月7日閲覧。
  73. ^ “ガレージで創業というのは誇張--アップル共同創設者のウォズニアック氏、真相を語る”. CNET Japan. (2014年12月5日). http://japan.cnet.com/news/business/35057463/ 2015年1月20日閲覧。 
  74. ^ a b Linzmayer 2004, p. 9.
  75. ^ a b c Linzmayer 2004, p. 10.
  76. ^ シュレンダー 2016, pp. 75–77.
  77. ^ アイザックソン 2011, p. 136.
  78. ^ EXCLUSIVE: Interview With Apple's First CEO Michael Scott Jay Yarow, May 24, 2011, 12:57 PM - BUSINESS INSIDER
  79. ^ a b c d e Linzmayer 2004, p. 11.
  80. ^ スティーブ・ジョブズに初めて出会った日本人 -- サンフランシスコ1977年4月
  81. ^ O'Grady 2009, p. 3.
  82. ^ a b Linzmayer 2004, p. 12.
  83. ^ Swaine 2014, pp. 345.
  84. ^ O'Grady 2009, p. 5.
  85. ^ O'Grady 2009, p. 6.
  86. ^ Dormehl 2012, p. 137.
  87. ^ Dormehl 2012, pp. 137–138.
  88. ^ シュレンダー 2016, p. 104.
  89. ^ THE ENGINEER OF THE ORIGINAL APPLE MOUSE TALKS ABOUT HIS REMARKABLE CAREER - WIRED (2014年8月18日)
  90. ^ IDEO on 60 Minutes and CBS This Morning”. www.ideo.com. 2021年2月14日閲覧。
  91. ^ シュレンダー 2016, pp. 122–123.
  92. ^ O'Grady 2009, pp. 10–11.
  93. ^ 【話の肖像画】ジョブズ氏や孫氏との出会い 元シャープ副社長・佐々木正(98)(2)+(1/2ページ) - MSN産経ニュース シャープの東京支社長時代、受付から「アメリカの若者から面会の希望です」と連絡がありました。昭和60年ごろです。ジーンズにTシャツ姿、風貌は髪の毛やひげが伸び放題のヒッピーそのもの。スティーブ・ジョブズさんでした。彼の関心は「その後の電卓はどうなっているの?」にあり、私は「これからはネットワークの時代になるからポータブル性のあるIT機器が求められるようになる」と話しました。
  94. ^ a b NeXT: Steve Jobs’ dot com IPO that Never Happened” (英語). CHM (2017年2月7日). 2021年2月28日閲覧。
  95. ^ Microsoft、Appleに1億5千万ドルを投資、共同開発も”. PC Watch (1997年8月7日). 2012年8月30日閲覧。
  96. ^ “アップル取締役会、CEOへの報酬を発表” (日本語). Apple Newsroom. https://www.apple.com/jp/newsroom/2000/01/19Apple-Board-of-Directors-Announces-CEO-Compensation/ 2018年6月4日閲覧。 
  97. ^ 2002年のWWDC基調講演参照 - Apple Computer「WWDC 2002」基調講演レポート(前編) ~講演の大半を次の一手“Jaguar”に費やす
  98. ^ Macworld Conference&Expo San Francisco”. pc.watch.impress.co.jp. 2022年3月16日閲覧。
  99. ^ “Appleの全売上に占めるiPhoneの比率がついに50%を突破”. TechCrunch Japan. (2011年4月21日). http://jp.techcrunch.com/archives/2011042050-of-apples-revenue-now-comes-from-the-iphone/ 2011年10月6日閲覧。 
  100. ^ 日本に未来を見ていたジョブズ〜iPhone誕生物語(4)”. 2022年1月17日閲覧。
  101. ^ a b スティーブ・ジョブズ氏の闘病は「見事」--癌専門家、CNET.com
  102. ^ ジョブズの卒業式スピーチを、字幕で”. トブiPhone (2008年1月12日). 2011年10月6日閲覧。
  103. ^ アイザックソン 2011, p. 107.
  104. ^ “S・ジョブズ氏の健康問題--アップルは詳細を公表すべきか:スペシャルレポート”. CNET Japan. (2008年7月25日). http://japan.cnet.com/apple/20377741/ 2011年10月6日閲覧。 
  105. ^ “「「私は健康」と強調 アップルのジョブズCEO」”. IT‐インターネットニュース:イザ!. (2008年9月11日). オリジナルの2008年9月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080921100906/http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/it/internet/177455/ 2011年10月6日閲覧。 
  106. ^ Methodist Le Bonheur Healthcare (2009年6月23日). “Steve Jobs Receives Liver Transplant”. 2010年2月9日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年10月6日閲覧。
  107. ^ The Original iPad Was Gigantic”. web.archive.org (2012年7月18日). 2022年3月16日閲覧。
  108. ^ 2011年8月24日 スティーブ・ジョブズからの手紙
  109. ^ a b c ジョブズ氏の死因は膵臓腫瘍による呼吸停止、妻が看取る|テクノロジーニュース|Reuters
  110. ^ Apple Press Info - Apple取締役会による声明
  111. ^ Apple Press Info - 報道発表
  112. ^ オバマ大統領、ゲイツ氏、ペイジ氏、スパイク・リー監督──ジョブズ氏追悼コメント (1/2) - ITmedia ニュース Archived 2011年10月7日, at the Wayback Machine.
  113. ^ a b “スティーブ・ジョブズ氏の銅像がブダペストで発表” (日本語) (プレスリリース), グラフィソフトジャパン, (2011年12月21日), オリジナルの2012年2月8日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20120208161906/http://www.graphisoft.co.jp/community/update/20111222.html 2012年3月22日閲覧。 
  114. ^ “スティーブ・ジョブズの銅像はなぜアメリカではなくブダペストにあるのか?” (日本語). GIGAZINE (大阪: OSA). (2011年12月22日). http://gigazine.net/news/20111222-steve-jobs-statue/ 2012年3月22日閲覧。 
  115. ^ ウォズが語るジョブズの思い出――iPad3発表の日に” (日本語). itmedia (2012年3月9日). 2017年11月6日閲覧。
  116. ^ Steve Jobs” (英語). The Gates Notes (2011年10月5日). 2011年10月7日閲覧。
  117. ^ ビル・ゲイツ氏、“盟友”ジョブズ氏に哀悼メッセージ” (日本語). オリコンライフ (2011年10月6日). 2011年10月7日閲覧。
  118. ^ President Obama on the Passing of Steve Jobs:"He changed the way each of us sees the world."” (英語). The White House Blog (2011年10月5日). 2011年10月7日閲覧。
  119. ^ Steve Jobs” (英語). Google+ (2011年10月6日). 2017年9月18日閲覧。
  120. ^ Robert A. Iger, President And Ceo, The Walt Disney Company On Steve Jobs’ Passing” (英語). TheWaltDisneyCompany PressReleases (2011年10月5日). 2017年10月3日閲覧。
  121. ^ ジョージ・ルーカス、スティーブ・ジョブズ氏を追悼「功績は、人々によって語り継がれて行くだろう」と声明” (日本語). シネマトゥデイ (2011年10月7日). 2017年10月6日閲覧。
  122. ^ スピルバーグ「スティーブ・ジョブズはエジソン以来の発明家」 ツイッターでセレブたちが追悼” (日本語). クランクイン (2011年10月7日). 2017年10月6日閲覧。
  123. ^ 著名人、IT企業トップがジョブズ氏逝去に哀悼の意” (日本語). 日本経済新聞 (2011年10月7日). 2017年11月6日閲覧。
  124. ^ ソニーのストリンガーCEO、ソフトバンク孫社長らがジョブズ氏死去に弔意” (日本語). 日本経済新聞 (2011年10月6日). 2017年10月3日閲覧。
  125. ^ 韓国・サムスン電子「ジョブズ氏は天才的企業家」 Jobs”. 日本経済新聞. 2009 17-11-06閲覧。
  126. ^ Former Apple CEO John Sculley Praises Jobs”. The Wall Street Journal. 2009年11月7日閲覧。
  127. ^ 著書『あなたの職場のイヤな奴』原題The No Asshole Ruleのこと。
  128. ^ メモリアル” (日本語). SoftBank (2011年10月5日). 2017年11月3日閲覧。
  129. ^ Billionaires React To Steve Jobs' Death” (英語). フォーブス (2011年10月6日). 2017年11月3日閲覧。
  130. ^ アップルのジョブズ氏選出 米誌選出の最優秀CEO”. 共同通信 (2009年11月6日). 2009年11月9日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年11月7日閲覧。
  131. ^ a b c d “The Trouble with Steve”. フォーチュン. (2008年3月16日) 
  132. ^ ジョブズ氏の革新に影響を与えた思想とは―― 日本の禅僧と長年の交流
  133. ^ スティーブ・ジョブズ氏:伝記翻訳者が明かす日本とのエピソード 「アップル製品に禅の影響」
  134. ^ 高木凛 『最後の版元 浮世絵再興を夢みた男・渡邊庄三郎』 講談社、2013年、pp.16-17,241-243。
  135. ^ http://applembp.blogspot.jp/2014/06/Akasaka-AONO-Jobs-loved-Japanese-style-confectionery.html?m=1
  136. ^ プレイボーイ1985年2月号
  137. ^ タイムカプセル vol.4 衣紋掛けのつぶやき”. Sony Japan (2008年1月7日). 2014年12月7日閲覧。
  138. ^ ジョブズが黒タートルを着た理由が今明らかに。きっかけは日本
  139. ^ ジョブズがタートルネックを着た理由は? 「日本ソニーで…」
  140. ^ ジョブズは服、タモリは食事…成功者に学ぶ「ルールと習慣」
  141. ^ a b Weinberger, Matt (2017年3月20日). “ビル・ゲイツとスティーブ・ジョブズの奇妙な愛憎関係を追う” (日本語). www.businessinsider.jp. 2020年8月27日閲覧。
  142. ^ 日本放送協会. “スティーブ・ジョブズ vs. ビル・ゲイツ|BS世界のドキュメンタリー|NHK BS1” (日本語). BS世界のドキュメンタリー|NHK BS1. 2020年8月27日閲覧。
  143. ^ 瀕死のアップルを救ったジョブズ氏は唯一無二の存在-ビル・ゲイツ氏” (日本語). Bloomberg.com. 2020年8月27日閲覧。
  144. ^ スティーブ・ジョブズも使った「実現できると思わせる」現実歪曲フィールド” (日本語). PRESIDENT Online(プレジデントオンライン) (2016年3月10日). 2020年8月27日閲覧。
  145. ^ Jobs's Wife Backs Education Causes


「スティーブ・ジョブズ」の続きの解説一覧

「スティーブ・ジョブズ」の例文・使い方・用例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「スティーブ・ジョブズ」の関連用語

スティーブ・ジョブズのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



スティーブ・ジョブズのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
コンピュータ偉人伝コンピュータ偉人伝
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリスティーブ・ジョブズの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスティーブ・ジョブズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS