iPodとは? わかりやすく解説

iPod

読み方アイポッド

iPodiPodとは、Apple販売している携帯オーディオプレーヤーシリーズの名称である。

iPodシリーズは、AppleCEOスティーブ・ジョブズによれば自分の音楽コレクション全部ポケット入れて持ち運び、どこででも聞くことができる」というコンセプトのもとに登場したハードディスクドライブHDD)あるいはフラッシュメモリ用いた大容量記憶装置内蔵し、マルチメディアプレイヤー「iTunes」との密接な連携によって簡単にデータ転送管理することができる。

iPodのシリーズ第1弾2001年11月発売された。ハードディスク内蔵したタイプで、名称は単に「iPod」だった。その後記憶容量本体サイズ異ないくつかのバリエーションが登場し、「iPod」は「iPod classic」に改称された。

2008年2月現在ではスタンダードモデルの「iPod classic」の他、小型モデルの「iPod nano」、機能最小限抑えて本体サイズ最小化図ったiPod shuffle」、マルチメディア再生強化図ったiPod touch」がある。

iPod
(左から)iPod touchiPod classiciPod nanoiPod shuffle

iPodは発表後またたく間に人気商品となり、携帯オーディオプレーヤー代表的な製品一つとして普及していった。iTunes StoreiTunes、iPodの連携が、オンライン音楽購入する行動形態一般的なものにし、またWeb上で提供されているデータをiPodにダウンロードして視聴するポッドキャスティング」を生み出すなど、新し生活スタイル立役者にもなっている。



※画像提供 / アップルジャパン株式会社
参照リンク
iPod + iTunes - (アップル
モバイル端末のほかの用語一覧
iOSデバイス:  Apple Pencil  アクティベーションロック  CarPlay  iPod  iPod shuffle  iPod nano  iPhone

iPod

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/01 13:47 UTC 版)

iPod(アイポッド)は、かつてAppleが開発・販売していた携帯型デジタル音楽プレイヤー。本体に搭載されている記憶装置に数百から数万曲の音楽を保存することができた。


  1. ^ A Visual History of the Apple iPod”. PC Magazine (2022年5月10日). 2022年9月4日閲覧。
  2. ^ “アイポッドの歴史に幕 「iPodタッチ」販売終了”. サンケイスポーツ. 産経デジタル. (2022年5月11日). https://www.sanspo.com/article/20220511-OMDT2ZEYHNL5PPUTZOY5KAED4A/ 2022年5月11日閲覧。 
  3. ^ : generation
  4. ^ 米国特許庁 特許番号6,928,433
  5. ^ [1][リンク切れ]
  6. ^ iPodを起動ディスクとして使用しないでください - アップル サポート情報記事(Knowledge Base)
  7. ^ predictor function
  8. ^ xoplay.com
  9. ^ pipod.sliceny.com[リンク切れ]
  10. ^ [2]
  11. ^ iPod利用者へ:強盗に注意!(iPod強奪事件の報告) - 在ニューヨーク日本国総領事館
  12. ^ [3][リンク切れ]
  13. ^ [4][リンク切れ]
  14. ^ [5]
  15. ^ [6]
  16. ^ yuo.be/ipod.php
  17. ^ gtkpod.sourceforge.net
  18. ^ mlipod.sourceforge.net
  19. ^ [7]
  20. ^ griffintechnology.com
  21. ^ [8]
  22. ^ アップル - iPod - 仕様”. web.archive.org (2001年11月9日). 2020年3月14日閲覧。
  23. ^ Web Browser[リンク切れ] iTunes[リンク切れ]
  24. ^ Apple、ユーザーの「不適切使用」を検出する特許を出願
  25. ^ 「iPod課金すべきではない」が80件〜文化審議会が意見募集の中間集計 インプレス インターネットWatch
  26. ^ 知的財産推進計画2007の策定
  27. ^ 「知的財産推進計画2006」の見直しに関する意見募集 団体からの意見(PDF)
  28. ^ 知的財産推進計画へのアップルジャパンの意見を削除[リンク切れ]
  29. ^ ロック難聴、音響外傷・笠井耳鼻咽喉科クリニック自由が丘診療室



IPOD

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2009/10/15 04:02 UTC 版)

IPOD

関連項目



iPod

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/05 07:47 UTC 版)

Doomのソース移植一覧」の記事における「iPod」の解説

ハックにより、第5世代のiPodでDoom移植版実行できた。RockboxのRockdoomプラグインPrBoomベース)を実行しているiPodでDoom実行するともできる。これには、対応デバイスRockboxインストールしてからRockdoomをインストールし、最後にゲームのWADファイルコピーして実行する必要があるこれによりRockboxサポートするほぼすべてのデバイスDoom利用できるうになるが、実際の実装制限され操作デバイスのパワーおよび画面によってはDoomプレイできなくなる可能性がある

※この「iPod」の解説は、「Doomのソース移植一覧」の解説の一部です。
「iPod」を含む「Doomのソース移植一覧」の記事については、「Doomのソース移植一覧」の概要を参照ください。


iPod(MGS4)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 14:59 UTC 版)

メタルギアシリーズの装備一覧」の記事における「iPod(MGS4)」の解説

Apple携帯音楽プレーヤー装備品ウィンドウでiPodを選択状態にするとiPod本体表示表示している状態で聴きたい音楽選択してから装備すると、音楽流れる。ただし装備した態でないと聴けないうえに装備ウィンドウでの操作をしないと音楽聴けない。

※この「iPod(MGS4)」の解説は、「メタルギアシリーズの装備一覧」の解説の一部です。
「iPod(MGS4)」を含む「メタルギアシリーズの装備一覧」の記事については、「メタルギアシリーズの装備一覧」の概要を参照ください。


iPod(オリジナルからの流れをくむiPod)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 22:24 UTC 版)

「iPod」の記事における「iPod(オリジナルからの流れをくむiPod)」の解説

詳細は「iPod classicを参照 ハードディスク内蔵タイプ2019年発売iPod touch (第7世代)256GBモデル登場まで、iPodファミリー最大の保存容量有していた。2014年9月販売終了

※この「iPod(オリジナルからの流れをくむiPod)」の解説は、「iPod」の解説の一部です。
「iPod(オリジナルからの流れをくむiPod)」を含む「iPod」の記事については、「iPod」の概要を参照ください。


iPod

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/14 14:09 UTC 版)

Apple Mouse」の記事における「iPod」の解説

iPod 2G以降機械式スクロールホイールホイール型のトラックパッド置き換えられた。 iPod 3Gから始まり、これはすべてのボタン置き換えた

※この「iPod」の解説は、「Apple Mouse」の解説の一部です。
「iPod」を含む「Apple Mouse」の記事については、「Apple Mouse」の概要を参照ください。


iPod

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ()

Apple」の記事における「iPod」の解説

詳細は「iPod」を参照 2001年それまで主流だったフラッシュメモリ型とは一線を画す大容量ハードディスクドライブ携帯音楽プレイヤー『iPod』を発売当初は価格の高さにより売れ行き疑問視する声が少なくなかったが、直感的な高い操作性と、管理ソフトiTunesとの抜群の連携機能もあり、徐々に売上伸ばす当初はMac版しかなかったiPodであるが、のちにWindows版のiPodも発売されるその後Windows用/Mac用といった区分けはされなくなりWindows向けiTunes提供されたころからヒット商品となる。そして廉価版ともいえるiPod mini登場させたことで、爆発的にヒットする。 さらに2003年には、音楽配信サイトiTunes Music Store現在のiTunes Store)を開始2004年には、iPodをヒューレット・パッカードライセンスするなど、携帯音楽市場で、米国中心に独占的な地位確保する至り既存音楽産業構造根本から変えタワーレコードHMVといった音楽CDショップ破産米国街中から姿を消した日本でもソニーウォークマン圧倒し2003年以降一貫してデジタル携帯音楽プレーヤーシェア1位となる。iPod mini後継モデルとしてiPod nano、また「シャッフル再生」というコンセプトメイン据えることにより、低価格化より一層の小型化実現したフラッシュメモリ型のiPod shuffle発売され人気を博したiTunes Music Store日本においては2005年8月4日より開始された。登録楽曲数100曲、1曲150円か200円という低価格始まり開始よりわずか4日100万ダウンロード達成するポッドキャスト呼ばれる新しデジタル配信媒体構想しテレビよりも技術革新進まないラジオデジタル化革新もたらすことが期待されている。 iPodが登場した当初は現状のような大成功を収める思っている関係者多かったわけではない初期には価格の高さ、利用にはパソコン必須となるコンセプト理解されなかったことにより、懐疑的な意見多くあった。しかし2001年前後Apple提唱していたコンセプト「デジタルハブ」(多くのデジタル機器中心にパソコン据えるというコンセプト構想時宜得て、iPodは携帯型音楽プレイヤー代名詞となった

※この「iPod」の解説は、「Apple」の解説の一部です。
「iPod」を含む「Apple」の記事については、「Apple」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「iPod」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「iPod」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「iPod」の関連用語

iPodのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



iPodのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2022 時事用語のABC All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリiPodの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのiPod (改訂履歴)、IPOD (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのDoomのソース移植一覧 (改訂履歴)、メタルギアシリーズの装備一覧 (改訂履歴)、iPod (改訂履歴)、Apple Mouse (改訂履歴)、Apple (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS