マルチメディアとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > マルチメディアの意味・解説 

マルチメディア【multimedia】

読み方:まるちめでぃあ

文字動画静止画音声グラフィックスなど、多様な表現統合的用い情報媒体情報デジタル化によって可能となったインターネット分野では、同様の意味でリッチメディアという語も用いられる複合媒体

パソコン携帯電話電話・ファクシミリ・コピーなど、通信・情報機器連係をいった語。


マルチメディア 【multi media】


マルチメディア

「IT用語辞典バイナリ」の他の用語
マルチメディア:  フェードアウト  フェードイン  Mediascape  マルチメディア  マルチメディアパソコン  nasne  ネットワーク家電

マルチメディア multimedia


マルチメディア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/28 17:34 UTC 版)

マルチメディア英語:multimedia)とは、複数の種類の情報をひとまとめにして扱うメディアのことである。一般的には映像音楽など動的コンテンツを含むイメージで捉えられることが多い。複合媒体と訳す。主に1990年代から盛んに商業化され、21世紀に入ってからは様々な機器やサービスで欠かせない機能となっている。


  1. ^ 2 発展する画像通信 : 昭和60年版 通信白書”. www.soumu.go.jp. 2021年1月7日閲覧。
  2. ^ Oh!FM TOWNS』(ソフトバンク)1994年8月号、160-161頁。


「マルチメディア」の続きの解説一覧

マルチメディア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/07 08:25 UTC 版)

スカイラブ2号」の記事における「マルチメディア」の解説

ウィキメディア・コモンズには、スカイラブ2号に関するカテゴリありますOnboard flight film from the Skylab 2 mission[リンク切れ] 表 話 編 歴 アポロ計画ロケット発射試験 アポロSA-1 アポロSA-2 アポロSA-3 アポロSA-4 アポロSA-5 アポロAS-203 緊急脱出ロケット試験 アポロQTV アポロPAT-1 アポロA-001 アポロA-002 アポロA-003 アポロA-004 アポロPAT-2 アポロA-004 模擬宇宙船試験 アポロA-101 アポロA-102 アポロA-103 アポロA-104 アポロA-105 無人試験 アポロAS-201 アポロAS-202 アポロ4号 アポロ5号 アポロ6号 スカイラブ1号 低軌道地球周回飛行 アポロ7号 アポロ9号 スカイラブ2号 スカイラブ3号 スカイラブ4号 アポロ・ソユーズテスト計画周回飛行/月面着陸(*) アポロ8号 アポロ10号 アポロ11号* アポロ12号* アポロ13号 アポロ14号* アポロ15号* アポロ16号* アポロ17号* アポロ1号アポロAS-204List of missions キャンセルされアポロ計画 表 話 編 歴 アメリカ合衆国政府有人宇宙飛行計画在 国宇宙ステーション国際共同過去 X-15弾道飛行マーキュリー ジェミニ アポロ アポロ・ソユーズテスト計画ソビエト連邦共同スカイラブ シャトル-ミールロシア共同スペースシャトル キャンセル MISS オリオン核パルス推進ダイナソア 有人軌道実験室 国家航空宇宙フリーダム宇宙ステーション(現在ISSオービタル・スペース・プレーン コンステレーション計画 Portal:宇宙開発

※この「マルチメディア」の解説は、「スカイラブ2号」の解説の一部です。
「マルチメディア」を含む「スカイラブ2号」の記事については、「スカイラブ2号」の概要を参照ください。


マルチメディア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/06 16:16 UTC 版)

ビットレート」の記事における「マルチメディア」の解説

デジタル・マルチメディアにおいて、ビットレート単位時間当たり記録される情報の量を表す。ビットレートはいくつかの要因によって決まる。 元の素材は、異な周波数サンプリングすることができる。 サンプル異なビット数を使用することがあるデータは、異なスキームによって符号化されてもよい。 情報は、異なアルゴリズムまたは異な程度デジタル圧縮することができる。 一般にビットレート最小限抑えることと、再生時の素材品質最大限にすることとの間の所望トレードオフ達成するために、上記の要因についての選択が行われる。 音声データ映像データ非可逆圧縮使用すると、元の信号との差異生まれる。圧縮率が高い場合、または損失のあるデータ解凍し再圧縮した場合圧縮アーティファクト形で顕著になることがある。これが知覚される品質影響を及ぼすかどうかは、圧縮方式、エンコーダパワー、入力データ特性聴取者知覚聴取者アーティファクトに対する熟知度、聴取視聴環境依存するこの節におけるビットレートは、利用可能最高の圧縮使用する場合に、一般的な聴取視聴環境において「平均的な聴取者が、参照基準よりも著しく悪くない感じ最小限である。

※この「マルチメディア」の解説は、「ビットレート」の解説の一部です。
「マルチメディア」を含む「ビットレート」の記事については、「ビットレート」の概要を参照ください。


マルチメディア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/14 14:00 UTC 版)

フランクリン・ルーズベルト」の記事における「マルチメディア」の解説

ルーズベルト対日宣戦布告演説 連邦議会1941年12月8日。(3.1 MBogg/Vorbis 形式) "A date which will live in infamy" 同演説の "A date which will live in infamy"「屈辱のもとに生きる日」という有名な箇所。(168 KBogg/Vorbis 形式) 「4つの自由演説1941年1月6日) (32:02より) うまく聞けない場合は、サウンド再生ヒントをご覧ください

※この「マルチメディア」の解説は、「フランクリン・ルーズベルト」の解説の一部です。
「マルチメディア」を含む「フランクリン・ルーズベルト」の記事については、「フランクリン・ルーズベルト」の概要を参照ください。


マルチメディア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/21 03:47 UTC 版)

ジェイ・レオンハート」の記事における「マルチメディア」の解説

WYNC-FM "No Show" 2005年10月1日ジェイ・レオンハートインタビューと9曲の歌の番組 ジェイは現在、トロンボーン奏者のウィクリフ・ゴードンと共に「This Rhythm on My Mind」のレコーディング行った結果始めたデュオ定期的に演奏している。

※この「マルチメディア」の解説は、「ジェイ・レオンハート」の解説の一部です。
「マルチメディア」を含む「ジェイ・レオンハート」の記事については、「ジェイ・レオンハート」の概要を参照ください。


マルチメディア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/19 14:03 UTC 版)

クロスメディア」の記事における「マルチメディア」の解説

詳細は「マルチメディア」を参照 新聞・出版などの活字メディア(紙メディア)、ラジオなどの音声メディアテレビなど映像メディア、これら代表されるデータ構成要素を複合的に組み込んだ出力メディア利用者受け取メディアとして、含まれるデータ要素からみた用語。 近年ではインターネット用いたPC移動端末向けに作成されるものが一般的で、文字写真に、さらに、音声もしくは動画追加したものをいうことが多い。

※この「マルチメディア」の解説は、「クロスメディア」の解説の一部です。
「マルチメディア」を含む「クロスメディア」の記事については、「クロスメディア」の概要を参照ください。


マルチメディア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/12/25 07:55 UTC 版)

PS VITA」の記事における「マルチメディア」の解説

前世代機であるPSPと同様画像、映像音声ファイル再生可能になっている前述の通り専用メモリーカードが必要となる。 音声 MP3 MPEG-1/2 Audio Layer 3MP4MPEG-4 AAC)、WAVELinear PCM映像 MPEG-4 Simple ProfileAAC)、H.264/MPEG-4 AVC High/Main/Baseline ProfileAAC画像 JPEGExif 2.2.1)、TIFFPNGGIFBMP PSP対応したATRACWMAMotion JPEGには現時点では対応しないとみられる

※この「マルチメディア」の解説は、「PS VITA」の解説の一部です。
「マルチメディア」を含む「PS VITA」の記事については、「PS VITA」の概要を参照ください。


マルチメディア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 08:28 UTC 版)

メディア (媒体)」の記事における「マルチメディア」の解説

メディアによって、伝達可能な情報の種類制限されることがある例えラジオ電話では通常文字や映像送れない。書籍では動画や音は送れない。文字音声映像動画などを送るのに用いることができるメディア指して、「マルチメディア」と言うことがある。

※この「マルチメディア」の解説は、「メディア (媒体)」の解説の一部です。
「マルチメディア」を含む「メディア (媒体)」の記事については、「メディア (媒体)」の概要を参照ください。


マルチメディア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/11 12:06 UTC 版)

バンクーバー国際交通博覧会」の記事における「マルチメディア」の解説

ウィキメディア・コモンズには、バンクーバー国際交通博覧会関連するカテゴリありますCBC Archives - The food of Expo 86. CBC Archives Jim Pattison - a key person behind Expo 67 (from 1985) - and concerns about hosting Expo. .mw-parser-output .asbox{position:relative;overflow:hidden}.mw-parser-output .asbox table{background:transparent}.mw-parser-output .asbox p{margin:0}.mw-parser-output .asbox p+p{margin-top:0.25em}.mw-parser-output .asbox{font-size:90%}.mw-parser-output .asbox-note{font-size:90%}.mw-parser-output .asbox .navbar{position:absolute;top:-0.75em;right:1em;display:none} この項目は、イベント行事)、祭礼関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めてます。 典拠管理 LCCN: n86053101 NKC: ko2015854134 VIAF: 125411941 WorldCat IdentitiesVIAF経由): 125411941

※この「マルチメディア」の解説は、「バンクーバー国際交通博覧会」の解説の一部です。
「マルチメディア」を含む「バンクーバー国際交通博覧会」の記事については、「バンクーバー国際交通博覧会」の概要を参照ください。


マルチメディア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/03 19:13 UTC 版)

Windows Presentation Foundation」の記事における「マルチメディア」の解説

WPFはブラシペン幾何図形変形などの基本的な2Dグラフィックス機能提供するWPF提供される3D機能Direct3Dサブセットである。しかし、WPFではよりユーザインタフェースなどの要素密接に利用することができる。これによって3DUI文書メディアなど可能になる一般的なラスター画像フォーマットサポートするWMVMPEGAVIフォーマット動画サポートする時間ベースアニメーションサポートする。これはシステムパフォーマンス依存せずアニメーションスピード一定に保つ。 ClearType利用したテキストレンダリングをサポートするまた、OpenTypeフォント機能サポートするWPF 4以降はDirectWriteコンポーネントとの統合図られており、縦方向ClearTypeアンチエイリアス有効となる

※この「マルチメディア」の解説は、「Windows Presentation Foundation」の解説の一部です。
「マルチメディア」を含む「Windows Presentation Foundation」の記事については、「Windows Presentation Foundation」の概要を参照ください。


マルチメディア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 04:22 UTC 版)

PlayStation Vita」の記事における「マルチメディア」の解説

前世代機であるPSPと同様画像、映像音声ファイル再生可能になっている前述の通り専用メモリーカードが必要となる。 音声MP3 MPEG-1/2 Audio Layer 3MP4 (MPEG-4 AAC)、WAVE (Linear PCM) 映像MPEG-4 Simple Profile (AAC)、H.264/MPEG-4 AVC High/Main/Baseline Profile (AAC) 画像JPEG (Exif 2.2.1)、TIFFPNGGIFBMP PSP対応したATRACWMAMotion JPEGには対応していない。 FacebookfoursquareSkypeTwitterニコニコ動画FlickrYouTubeなどのPS Vita専用アプリケーションPlayStation Store配信されている(詳細は「PlayStation Vitaのゲームタイトル一覧#Vita配信アプリを参照)。 なお、YouTubeについては、PlayStation Vita向けアプリケーションのサポート2015年4月20日終了した。それに先立ちPlayStation Storeでの配信2015年1月28日終了しており、サポート終了以降はブラウザー引き続き利用できるソフトによってはカスタムサウンドトラック対応している注意点としては、メモリーカード内蔵メモリー(PCH-2000)でPC等からメディア転送管理する際はSENアカウントが必要となる。

※この「マルチメディア」の解説は、「PlayStation Vita」の解説の一部です。
「マルチメディア」を含む「PlayStation Vita」の記事については、「PlayStation Vita」の概要を参照ください。


マルチメディア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/16 17:45 UTC 版)

Microsoft Windows 3.x」の記事における「マルチメディア」の解説

アップル1991年6月QuickTime発表12月には出荷しており、パソコン市場拡大のかげりから新し分野としてマルチメディアが担がれていた時期であったWindows 3.0当初動画音声を扱うことができなかった。それらのマルチメディア機能1991年10月に「Windows 3.0 with Multimedia Extensions」というWindows 3.0拡張版およびアップグレードキットとしてリリースされた。その後Windows 3.1では標準マルチメディア機能搭載された。 同時にマイクロソフト複数のパソコンメーカーによりマルチメディア対応パソコン認定するため Multimedia PC英語版) (MPC) 規格策定されたが、最初のバージョンにおける最小構成パソコンでは多くのアプリケーション力不足であった。日本でも当時標準マルチメディア機能使えるWindows存在したPCFM TOWNS程度だった。 それでもWindows 3.1マルチメディア機能標準搭載され利点はあり、FM音源程度しか持たないMPC以前機種であっても簡単なMIDIファイル程度のマルチメディアであればOS標準利用できるようになった[要検証ノート]。 1992年11月には動画再生サポートするVideo for Windows発表された当初サポートしていた解像度フレームレートは320x240ピクセル/30fpsと低くかったものの、AVI再生できるようになり、マルチメディアCD-ROMソフトがWindows 3.1向けに発売されるようになったマイクロソフトからはVideo for Windows発表と同時にエンカルタとCinemania(英語版)の2本CD-ROMソフトが発表された1995年に入るとGPU性能競争一時的に停滞し代わりに動画拡大表示綺麗に行う補間機能といった動画再生支援機能が注目されるようになったMPC規格バージョンアップPC/AT互換機ではWindows環境改善よりもDOS環境改善としての効果大きく結果としてゲームプレイには最低の環境だったPC/AT互換機一気PCゲーム標準機まで押し上げることになった。ただしこのことがゲーム環境Windowsへの移行遅らせる原因になり、マイクロソフトWinGDirectX開発するい動となった。[要出典]

※この「マルチメディア」の解説は、「Microsoft Windows 3.x」の解説の一部です。
「マルチメディア」を含む「Microsoft Windows 3.x」の記事については、「Microsoft Windows 3.x」の概要を参照ください。


マルチメディア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 07:43 UTC 版)

Microsoft Windows 7」の記事における「マルチメディア」の解説

Media Foundation Media Foundation標準対応するフォーマットとして新たにH.264AVIAACなどが追加された。 ハードウェア デバイスUSB Video Class 1.1 ビデオ キャプチャ デバイスオーディオ キャプチャ デバイスハードウェア エンコーダーデコーダーハードウェア ビデオ プロセッササポートする

※この「マルチメディア」の解説は、「Microsoft Windows 7」の解説の一部です。
「マルチメディア」を含む「Microsoft Windows 7」の記事については、「Microsoft Windows 7」の概要を参照ください。


マルチメディア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/07 15:08 UTC 版)

ミランダ・ジュライ」の記事における「マルチメディア」の解説

1998年ジュライ作曲家ザック・ラブと共にアーティストJamie Isensteinの協力で、初めての長編マルチメディア・パフォーマンス・アート「Love Diamond」を制作したJamie Isensteinからは”ライブ・ムービー”と評された。ニューヨーク・ビデオ・フェスティバル、The Kitchenオリンピア開催されYo-yo a Go-goなど国中劇場でパフォーマンスを行った2000年に再びラブ、そしてMitsu Hadeishiのデジタル・プロダクション・ワークを用いた2作目長編パフォーマンスThe Swan Tool」を制作。ポートランドコンテンポラリーアート研究所ロッテルダム国際映画祭、ロンドンポートランドコンテンポラリーアート研究所ミネアポリスウォーカー・アートセンターなど世界中でパフォーマンスを行った2002年にハレル・フレッチャー、Yuri Onoと共にオンライン・アート・コミュニティ「Learning to Love You More」を創立。アマチュア・アーティストに課題与え完成した作品から共同のアート作品創作するプロジェクトである。このプロジェクト2007年に本としてプレステル社から出版された作品は現在、サンフランシスコ現代美術館所蔵されている。 2006年最初の長編映画完成させた後、新たなマルチメディア・アート「Things We Don’t Understand and Definitely are Not Going To Talk About」の制作しロサンゼルスサンフランシスコニューヨークで披露された。 2008年横浜トリエンナーレに『廊下』を出品2009年ヴェネツィア・ビエンナーレのためにインタラクティブ・スカルプチャー・ガーデン『Eleven Heavy Things制作。のちに、ニューヨークユニオンスクエアでも発表され、現在はロサンゼルス現代美術館展示されている。

※この「マルチメディア」の解説は、「ミランダ・ジュライ」の解説の一部です。
「マルチメディア」を含む「ミランダ・ジュライ」の記事については、「ミランダ・ジュライ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「マルチメディア」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「マルチメディア」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



マルチメディアのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2022by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
社団法人日本映像ソフト協会社団法人日本映像ソフト協会
Copyright © 2000-2022 Japan Video Software Association
日本画像学会日本画像学会
Copyright (C) 2022 The Imaging Society of Japan All rights reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリマルチメディアの記事を利用しております。
国土交通省 道路局 ITS推進室国土交通省 道路局 ITS推進室
All Rights Reserved, Copyright © 2022 Ministry of Land, Infrastructure and Transport
独立行政法人国立国語研究所独立行政法人国立国語研究所
(c)2022 The National Institute for Japanese Language
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマルチメディア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのスカイラブ2号 (改訂履歴)、ビットレート (改訂履歴)、フランクリン・ルーズベルト (改訂履歴)、ジェイ・レオンハート (改訂履歴)、クロスメディア (改訂履歴)、PS VITA (改訂履歴)、メディア (媒体) (改訂履歴)、バンクーバー国際交通博覧会 (改訂履歴)、Windows Presentation Foundation (改訂履歴)、PlayStation Vita (改訂履歴)、Microsoft Windows 3.x (改訂履歴)、Microsoft Windows 7 (改訂履歴)、ミランダ・ジュライ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS