ミクストメディアとは?

Weblio 辞書 > 文化 > 美術用語 > ミクストメディアの意味・解説 

ミクスト・メディア

作品素材として、様々な媒材手段を使っているという意味。1970年代から美術の世界多用されるようになった。元々は、シュールレアリズムダダイズムが、反芸術行為として意図的作品持ち込んだ異素材を意味するのだが、今では単に、様々な材料併用して作っているという意味で使われることも多い。

ミクスト・メディア

読み】:ミクスト メディア
【英】:MIXED MEDIA

メディア混用すること。つまり、現代美術において、性質種類異な複数素材組み合わせ作品をつくる技法をいう。素材異なるため、その素材用いて表現の手段も異なる。素材作品結びつける手段混用されるため、作品中には各々素材質感がもりこまれて、表現の幅が広がるアッサンブラージュなども含まれており、現代美術においてはすっかり定着している。また、広義には、複数表現形式ジャンル組み合わせ表現をさすこともある。例えば、絵画音楽彫刻音楽あるいは舞踊などを一つにした表現などで、この意味では、マルチ・メディアmultimedia)ともよばれ、総合的芸術表現としてよく知られる。

ミクストメディア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/20 05:17 UTC 版)

ミクストメディア (英語: mixed media) とは、現代美術において、性質や種類の異なる複数の媒体または素材を用いる技法[1]、またそれによりつくられた美術工芸品のことである。


  1. ^ 「ミクスト・メディア」の詳細情報”. art.tokushima-ec.ed.jp/. 徳島県立近代美術館. 2019年12月20日閲覧。
  2. ^ 「絵画技術体系」マックス・デルナー著ハンス・ゲルト・ミュラー改訂 佐藤一郎訳 美術出版社1980


「ミクストメディア」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ミクストメディア」の関連用語

ミクストメディアのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ミクストメディアのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
横浜美術学院横浜美術学院
Copyright © 2020 横浜美術学院 AllRights Reserved.
徳島県立近代美術館徳島県立近代美術館
Copyright:徳島県立近代美術館.2020
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのミクストメディア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS